adhd,吃音,大人,発達障害,有名人

 

「ADHD」という言葉をあなたは聞いたことはありますか?この「ADHD」が吃音と一緒に併発しやすいということが言われています。

「え?吃音だけでもうこりごりなんですけど・・・」、「吃音と併発しやすいADHDって何だよ?」と思われるでしょう。

 

ざっくり簡単に言いますと

 

「ADHD」とは、発達障害の一つで、日常生活において物忘れや、落ち着きがないことが多いこと

をさします。

 

今回は、吃音の症状と併発しやすいと言われている「ADHD」についてお話しするのと、この記事で、吃音と「ADHD」の関係性について知っていただき、あなたの生活のお役に立てたら嬉しいです。

 

【ADHDと吃音、大人の発達障害】「ADHD」とは何か?

 

adhd,吃音,大人,発達障害,有名人

 

冒頭でも軽くお話しした通り、「ADHD」とは、発達障害の一つで、日常生活において物忘れや、落ち着きがないことが多いことをさし、

英語で「Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder」といい、日本語では「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」と訳されています。

 

「ADHD」の割合

 

大人の50人に1人が「ADHD」と言われており、学齢期の子どもの3~7%が発症し、大人になっても日常生活に何らかの支障があると感じています。

子どもの頃には、本人の“努力不足”や“やる気のなさ”のせいだと周りの人に誤解されたまま過ごし、大人になって職場や家庭に入ってから困難に直面したり、何らかの支障をきたし、大人のADHDと診断されるケースも少なくありません。

 

「ADHD」の症状

 

ADHDの症状は、大きく分けて多動性と衝動性、不注意の3つに分類されます。それぞれどんな特徴があるのか?下記ではその特徴を3パターン紹介します。

 

多動性

 

子どもから大人へと成長するにつれて改善されていくケースが多くあります。ただし、じっとしているのが苦手だったり、おしゃべりという形で、大人になっても多動性が残ることも・・・。

 

例)

・仕事中または授業中、落ち着かずそわそわしてしまう。

・話始めると止まらず、自分のことばかり話してしまう。

・作業をしているのに、別のことに気を取られやすい。

 

衝動性

 

人が話をしている最中に割って、発言してしまったりとさまざまな刺激に対して考える前に反応してしまう傾向がある。

 

例)

・周囲の人に何も相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう。

・些細なことでも怒ってしまい、衝動的に他人を傷つける発言をしてしまう。

・つい衝動買いをしてしまう。

 

不注意

 

活動中に注意を継続することが難しかったり、やるべきことを頻繁に忘れたりし、また集中が必要な課題を避けたり、与えられた役割を最後までやり遂げなかったりすることも特徴です。

 

例)

・仕事に必要な物を忘れたり、ミスが多い。集中できない。

・他人の話を集中して聞いていられない。

・外出の準備が間に合わないことが多い。

 

「ADHD」の治療法について

 

大人の「ADHD」の治療法は、大きくわけて「薬物療法」と、カウンセリングなどの心理社会的な介入の2つがあり、多くの場合、一般の精神神経科などを受診して治療を受けます。

「心理社会的アプローチ」に加えて、必要に応じて「薬物治療」を組み合わせることが、ADHD治療に有効。

 

注意していただきたいのが、この記事を見たからといって、「俺はADHDなんだ・・・」と思わないことが大切。

もし、記事の内容に思い当たる節があり心配に思うのなら、一般の精神神経科などを受診して相談やカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

【ADHDと吃音、大人の発達障害】「ADHD」を抱えている有名人

 

adhd,吃音,大人,発達障害,有名人

 

発達障害の一つであるADHDを抱えている人には、特異な能力や才能をもっている人が少なくありません。ADHDを抱えながらも実社会で偉業を成し遂げ、天才と評された有名人もたくさんいます。

 

たくさんいる中で今回は5人選出して紹介!

 

【トーマス・エジソン】

 

米国の発明家、起業家。発明王の名を持ち、生涯に1,300もの発明を行った。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ」の名言はあまりにも有名。

 

【パブロ・ピカソ】

 

20世紀を代表するスペイン出身の芸術家。代表作に「ゲルニカ」などがある。

 

【レオナルド・ダ・ビンチ】

 

1400年代後半から1500年代前半に活躍したイタリアの芸術家。「モナリザ」や「最後の晩餐」など数々の名作がある。

 

【リンカーン大統領】

 

アメリカの政治家で第 16代大統領。「人民の、人民による、人民のための政治」こちらの名言も誰もが知っていますよね!

 

【トムクルーズ】

 

「トップガン」という映画で大ブレイクをした、誰もが知っているアメリカのハリウッドの第一線を走り続けているトップスター。

 

まとめ

 

adhd,吃音,大人,発達障害,有名人

 

いかがでしたでしょうか?今回は簡単に吃音の症状と併発しやすいと言われている「ADHD」についてお話ししました。

最後にまとめますと

 

「ADHD」とは、「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」と訳されている発達障害の1つ。

 

大人の50人に1人が「ADHD」であると言われており、「ADHD」の症状は、大きく分けて多動性と衝動性、不注意の3パターンに分類され、「ADHD」の最も有効的な治療法は「心理社会的アプローチ」に加えて、必要に応じて「薬物治療」を組み合わせること。

 

この記事で、吃音と「ADHD」の関係性について知っていただき、あなたの生活のお役に立てたらとても嬉しく思います。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング