電話,第一声,噛む,吃音,噛みまくり

 

「電話応対で仕事中思いっきり噛んでしまってすごく恥ずかしい思いをした・・・」

このように、吃音の人が電話で第一声を噛んでしまう、言えないと言った悩みを抱えている人は少なくないのではないでしょうか?

 

おまけに、上司からは「もっと明るく元気に」、「声のトーンを上げて」などと、吃音の人には少しハードルの高いことを要求され、さらに緊張してしまい、悩みが深刻になってしまうもの。

 

まずはじめに大事なことをお伝えしておきますと、、、電話で第一声を噛む、言えないと言ったくらいで死なないので安心して下さい。笑

 

それゆえ、電話応対なんか緊張なんかせずに気楽にやってしまえばいいんです。

 

ということで今回は、電話で第一声を噛む吃音の人が噛みまくりの緊張状態から克服する方法についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【電話で第一声を噛む】なぜ吃音の人が噛みまくりの緊張状態になるのか?

 

電話,第一声,噛む,吃音,噛みまくり

 

ではなぜ、吃音の人は電話応対が苦手で、さらに噛みまくりの緊張状態になってしまうのか、それは・・・どもったらどうしよう、周りに自分のどもりがバレたら恥ずかしいと言った思いが大きなプレッシャーになっているから。

 

また、一度電話応対で噛んだり、どもってしまったらなおさらで、この「電話で第一声が出ない、、、」という経験を一度でもしてしまうと「どもるのは悪いこと」という思いが本人の意思とは別に勝手に刷り込まれてしまいます。

 

結論、どもったらどうしようという自分の思い込みが自ら吃音の症状を招いているということ。

 

さらに、電話応対への高度な要求、話し方を注意する・叱責するなどのように、吃音の人にとってマイナスな反応を周囲にされた場合に、ストレスで症状の悪化や、吃音の悪循環が発生してしまいます。

 

このように、吃音の人が電話応対で緊張する原因は自分本人の思い込みや、周りのマイナスの反応など、様々な要因が混ざり合って極度な緊張状態が生まれると言える。

 

また、電話が苦手ということが電話恐怖にまで発展するケースもあります。

吃音の悪循環については下記の記事で詳しくお話ししていますのでじっくりと読んでみてください。

 

参考:上手く話せないのはストレスが原因?

【電話で第一声を噛む】吃音の人が電話応対の緊張から克服する方法!

 

電話,第一声,噛む,吃音,噛みまくり

 

さて、冒頭でもお話ししたように、電話応対の第一声を噛む、言えないと言ったくらいで、自分の身に何も起こらないので十分に安心してください。

 

吃音の人は、電話応対のように、相手のリズムに合わせる、話すタイミングを要求されると言ったことにすごく苦手意識を感じ、極度の緊張状態になるもの。

 

まずは、自分自身のリラックスした状態を作り、かつ周りのマイナスの反応をできる限り減らすという作業が必要不可欠。

 

やはり、緊張状態を克服するには、「俺は、電話応対が得意だ!」と背伸びした自己洗脳が何よりも大切。

 

どうゆうことかというと、「電話応対が得意だ!」と言い続ければ、脳が勝手にそれに向かってグルグル回転していき、それを実現させようとします。

逆に、いつも「あーもう嫌だ、怖い」と普段から言い続けていると、脳がそれに向かって必死に働きかけるわけです。

 

このように、背伸びした自己洗脳をして、普段から自信をつけておき電話応対するのも1つの手段。

 

また自身が電話応対の苦手意識を克服した経験を踏まえると・・・周囲に自分の吃音を絶対にカミングアウトするべき。

 

というのも、カミングアウトすることで、マイナスの反応が大幅になくなり、そればかりでなく自分の吃音が周囲に理解されたことで、自分が安心して電話応対に集中できるから。

 

単純に考えて、自分の理解者を周囲に増やすことで、仕事がしやすくなることは目に見えていますので、勇気が必要となりますが、カミングアウトした後の気持ちの負担が段違いに軽いので是非試してみてください。

 

以上、吃音の人が電話応対の緊張から克服する方法を2つ紹介しましたが、今回のはどちらも、あなたのメンタルに作用するもの。

 

もし、いますぐ改善したいというならば、吃音の根本克服には至りませんが、電話応対で言いやすいテクニックを下記の記事で紹介していますので、じっくり読んで実践してみてください。

 

参考1:ありがとうございますが言えないのを克服!吃音だった私の電話克服方法!

参考2:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

まとめ

 

電話,第一声,噛む,吃音,噛みまくり

 

電話で第一声を噛む…吃音の人が噛みまくりの緊張状態から克服する方法は下記の2つ

 

  • 「俺は、電話応対が得意だ!」と言う背伸びした自己洗脳
  • 周囲に自分の吃音をカミングアウトすること

 

電話応対で緊張状態を生み出す原因は、どもったらどうしようという予期不安と、周囲のマイナスの反応やプレッシャーによるもの。

 

以上、紹介したことを実践していただき、電話応対を気楽にできる環境を自分自身で作っていくことが何よりも大切。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング