電話,自分,名前,噛む,喋れない

 

「電話に出るときに緊張して自分の名前を噛む」、「また噛むんじゃないかと思うと、電話が鳴るのが怖い」

このように電話応対の時に社名や自分の名前を噛みまくっている人は、いつからか電話恐怖症になっているかもしれません。

 

また、昔から言葉が詰まりやすい、いつも言葉を噛んでしまうのって何か原因があるのではないかと疑問に思うのでは?

結論からお話ししておきますと、あなたは吃音症かもしれません。

 

ただ、最初にはっきりと言わせてください。

・・・大丈夫です。

 

今回お伝えする言葉を噛む原因と克服方法をしっかりと理解した上で、噛まない対策をしておけば、噛む確率は格段に減らせます。

 

あなたの中で大きな壁だと思っているかと思いますが、実は簡単に乗り越えられたりするものなので、じっくり読んで吃音改善の第一歩を踏み出しましょう。

 

 

電話,自分,名前,噛む,喋れない

 

言葉が頻繁に噛む吃音には、3種類の大きな症状があり、その1つめは、「ぼ、ぼ、ぼくが」というように、同じ言葉を繰り返すこと「連発」型で、ここからどもりが始まる人が多い。

 

2つめは、「ぼ~くは」というように、最初の音を引き伸ばして長めにいう状態「伸発」型

3つめは言葉が詰まること「難発」型で、話そうと試みているのにも関わらず声が出ず、声帯を閉鎖させて「うっ」となるような感じの言い方。

 

もし、これらの3種類の話し方に該当していたら、あなたは吃音症といっていいでしょう。

 

吃音の出る・出ないは、シチュエーションにきわめて強く影響され、必ずしも吃音者がみんな「人前で話すような緊張するシチュエーションだとどもる」というわけではありません。

 

どんなシチュエーションだとどもりが出やすいかは人によってバラバラですが、電話応対で頻繁に噛んでしまう吃音の人は、電話越しに電話する相手へ、またはその電話のやり取りを聞いている周りの目などが要因で吃音の症状が出ているのがもっとも多い。

 

管理人の私の場合、今回の電話応対の場合とは真逆で「心から信頼している、家族、友達、先輩とリラックスして会話しているとき」に、どもりがとても出やすいです。

 

私のようなシチュエーションでどもりが出やすいという人は案外多く、吃音でない人からすると、ちょっと意外かもしれません。

 

どれにしても、しっかりと吃音が出やすい場面を自分で理解し、それに順応して対処していくことが吃音克服への一歩になるということ。

 

【電話で自分の名前を噛む】吃音の克服方法はある?

 

電話,自分,名前,噛む,喋れない

 

吃音の人には、すでに吃音の症状が出やすい、どもりやすい言葉やパターンがあるかと前の項目でお話ししましたが、これを見ているあなたであれば、電話応対で自分の名前を噛むというパターンですよね。

 

電話で自分の名前を噛んでしまった経験から、次に電話に出る時に「さっきどもっちゃったから、またどもっちゃうも・・・」とあなた自身がその吃音が出るパターンを頭の中で作り出してしまっているということ。

 

それでは逆に、これと同じことを成功した時に例えたらどうでしょうか?

そうです。同じように上手く話せた状態のあなたの発話パターンが作り出せるということ。

 

1回でも上手く自分の名前を言えることが出来たら、それをめい一杯喜び何度も頭の中で良かった記憶として、繰り返して見ることが何よりも大切。

良くも悪くも感情は、あなたの吃音の発話回路を強化しますので、大事なことはあなたが名前を言えた喜びの感情を絡めて思い返すということ。

 

そうすることで、今までどもっていた吃音の発話パターンとは別に、発話のルートが出来上がるのです。

そうなってくると、10回中10回、名前が出てこなかったのが、10回中8回に減ってきたりします。

 

このように、少しの自分の変化を喜び、頭の中で上手く話せた時のことを何度も楽しみながら想像してみることで吃音で名前がが言えないといった確率を減らすことが可能。

 

何度も何度も言いますが、失敗したことよりも成功したことを想像し喜びましょう。

 

そうすることで、あなたが吃音で悩んでいた、電話で名前を噛んでしまうといったのを徐々に改善できるようになり、回復のスパイラルが生まれます。

 

電話で自分の名前を頻繁に噛んでしまう人が、成功体験を積むために身につけておきたい話し方の対処方法について下記の記事で紹介していますので、必ず見て、実践し、成功体験をいち早く体験してください。

 

参考1:「電話応対で第一声が出ない、、、」どもる原因と克服のコツは?

参考2:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

まとめ

 

電話,自分,名前,噛む,喋れない

 

電話に出るときに緊張して頻繁に自分の名前を噛む人は吃音症かもしれません。

 

吃音の症状のタイプは主に以下の3つに分類される。

 

  • 「連発」
  • 「伸発」
  • 「難発」

 

吃音の人が電話応対で噛まずに話せるようになるには、成功体験をいち早く体験することから。

 

吃音のこと、克服方法を理解した上で、毎日少しずつでいいので自分の変化に喜び、徐々に改善していきましょう。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング