吃音,重症度,チェック,自分,症状

 

今回は「吃音の重症度チェック」について解説をします。

「自分の吃音は他の吃音者と比べてどれくらいの程度なのか? 」

「何をもって軽度とか重度とかって決めるのだろう 

具体的にはこんな疑問を抱えている方の参考になればと思っております。

 

「自分の吃音の程度をまずは客観視してみたい!」この記事を見ることで、あなたは自分の吃音の程度を知ることができ、吃音克服への大切な自分のデータを取ることができます。

 

まずは、自分の吃音の症状の状態をよく知ることから。

 

ということで今回は、「吃音の重症度チェック。自分の症状は軽度〜重度?治療は必要なのか検査しよう」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【吃音の重症度チェック】吃音とは。

 

吃音,重症度,チェック,自分,症状

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「うれしい」と言おうとしているのに、「うううううれしい」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「う」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「うれしい」が「うううううれしい」になるのを避けようとして、そもそも最初の「う」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

 

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」となって出てきます。

吃音の治療法は存在するのか?

 

吃音の治療法について正直にお話ししますと、ぶっちゃけダイレクトに治せる治療法は存在しません。

 

吃音を治すために、吃音の嬌正所、または病院などで様々な治療法が存在しますし、そこに行けば必ず何かしら勧められるでしょう。

 

呼吸法?発声方法?体質改善?果たしてどれで吃音は治せるのでしょうか?

・・・それは、自分の内面から変えていくしかありません。

 

難しい言い方をしますと、自分の潜在意識から変えていくこと。

そうすることで次第に吃音の状態も変わっていくのです。

【吃音の重症度チェック】自分の吃音の症状は軽度〜重度?どれに当てはまるのか

 

吃音,重症度,チェック,自分,症状

 

まずはじめに

 

まずはじめに吃音が重いか軽いか、吃音の重症後を判断する基準はいくつかあり、以下のような角度から判断していきます。

 

・どれくらいの頻度で吃音の症状が出ているのか
・どのような場面で吃音が出ているのか
・あなた自身、吃音や話す状況についてどう感じているのか

 

症状は人それぞれであるため、まずは自己分析から始めて自分の吃音の症状の状態をよく知ること。

しかし、表面上吃音を沢山出している人でも、何も日常生活で悩みや困り感(対人関係、対人恐怖)がない人もいれば、本当に僅かな症状でも、自分の吃音を気にして話さない、恥ずかしいから・・・と日常生活で困っている人もいます。

 

そのため、症状が強いから重症です・・・とは一概にも言えなく、こればかりは本人の吃音に対する捉え方の問題になっていきますよね。

 

話す際にどれだけ表面下で不安を抱えているのか、どんな状況で吃音が出てしまうのか、これらは周囲の人にはわからないことが多く、いわば吃音の当事者が心の中で抱えている苦しみです。

 

結論変な話、本人の悩みの大きさで吃音の重症度が決まるといっても過言ではありません。

ということで、この話を念頭に置いて下記では、吃音の重症度チェックについて紹介していきますね。

吃音の重症度チェック

 

表面上の吃音の重い軽いをチェックする方法として一般的なのは100語の言葉の中でどれだけのワードが詰まったり、どもったりするかその頻度から判断するのが一般的。

 

吃音がある人のの平均的な頻度は10%前後というデータがあります。

多くの吃音者達は軽度〜中度ほどの吃音と言われております。

 

【吃音の重症度チェック】

話している中でワードに対する吃音の度合の%。

  • 軽度  5%以下
  • 軽度〜中等度 5%〜10%
  • 中度 10%〜5%
  • 中度〜重度 15〜20%
  • 重度 20%以上

 

また、「え?本当なの?」と驚くかもしれませんが、吃音でない人でも100のワードの中で2%は吃音者と同じように、言葉に詰まったり、どもったりすると言われているのです。

 

人間誰しも完璧ではありません。

吃音がない人でも、ときおり言葉に詰まったり、どもったりもしますし、それが緊張する場面ならなおさら。

 

この吃音のチェックはあくまで表面上の吃音の一つの判断基準として捉えてくれたらと思います。

吃音の頻度は状況によって変動します

 

もちろん、大勢の前で話す機会でもある「スピーチ」「会社のプレゼン」や職場の「電話応対」などという、吃音がある人にとって、苦手な場面、緊張状態が高い状況の場合は、先ほどの吃音頻度のパーセンテージは上がっていきます。

 

吃音は目に見える症状、すなわち表面上の吃音と、心の中で起きている不安や恐怖である表面下の吃音の2つの角度から見ていき、軽いか重いかを判断していく必要があります。

 

そのため、何度も言いますが、吃音頻度が多いか少ないかだけでは吃音の程度は一概にもわからないのです。

 

吃音に対するネガティブな認識や、発話前の強い不安や対人恐怖などを抱えているかも含めて判断していくことが何よりも大切。

 

ですので、この重症度チェックはあくまで一つの目安として考え、あなたの吃音は大体どの程度なのか?

それを受け止め、吃音克服に向かって前に進んで頂けれと思います。

 

 

 

参考:どもりの治し方!吃音・どもる人の性格から読み取る大人の治療方法完全版!

まとめ

 

吃音,重症度,チェック,自分,症状

 

今回は、「吃音の重症度チェック。自分の症状は軽度〜重度?治療は必要なのか検査しよう」についてお話ししていきました。

 

あなたの表面上の吃音の程度はどんな感じだったでしょうか?

また、表面下(対人関係、対人恐怖、発話意欲)の吃音はどうでしょう。

 

吃音の頻度が低くても、表面下の吃音が強ければ吃音を克服したほうがいいでしょう。

逆に、吃音の頻度が強くても、十分に今の環境で楽しく生活していて、吃音の悩みがない!という方も実際に沢山いらっしゃいます。

 

吃音頻度が多いか少ないかだけでは吃音の程度は一概にもわかりません。

 

この記事を見て「確かに、吃音の頻度は低めだけど、過剰に気にしすぎてたかなぁ・・・」などと、何か気づきを与えることができたら嬉しく思います。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング