接客,噛む,緊張,言葉,吃音

 

「バイトでの接客時に噛むっていうかどもってしまう・・・このような時のお客様への対応や、どもらないように自分自身気をつけたほうがいいことは無いのだろうか?」

 

接客系のアルバイトで切って切り離せないのが「お客様との一対一の対話」ですよね。

吃音症でない方でも、緊張したり想定外な出来事がおきた時などは動揺して沢山噛んでしまうものですが、事実吃音症がある方はこのような心理的影響を受けがち。

 

では、どのようにしてこのような心理的な影響を受けずにやり抜くのか?

結論からお話ししますと、「気にしないこと」これ一択。

 

「気にしないでくださいと簡単に言われても・・・」と思うかもしれませんが、吃音の方には何より大事な方法。

 

また、「なぜ気にしないことが吃音の人にとって大切なの?」という声も同時に多くいただきます。

ということで今回は、緊張して言葉を噛む吃音症向け!接客バイト克服方法を完全伝授していきますので、じっくり読んでみてください。

【接客で噛む】緊張して言葉を噛む吃音症のあなたの接客バイト克服方法

 

接客,噛む,緊張,言葉,吃音

 

吃音がある人にとって、接客業でもしっかりと自信を持ってやりきるコツは「気にしないこと」。

この考え方は、吃音者にとってとても大事なことと冒頭でもお話ししましたよね。

 

ではなぜ吃音を気にしなくていいのかわかりますか?

少し考えてみてください。

 

例えば、噛む、どもることなく話せる非吃音者が、特に何もなく接客してきたとしても、お客さまは不快に思うこともなく、何も感じることはない。

 

私自身、どこかのコンビニやスーパーで買い物した時など、よほど店員さんの接客が悪かった時などしかその接客に着目しませんし、普段は全く気にしません。

 

つまり、お客さまはその接客に興味すらしていないということですよね?

 

私はそれを逆手に取り、吃音がある自分でもしっかりと感謝を伝えることができる、お客さまに印象に残るような接客をしました。

その結果。常連のお客さまとは毎日楽しくお話ししますし、帰り際にいつもありがとうと、逆に感謝されることも。

 

では、今まで「ありがとうございました」さえ上手く言えることができなかった私がどうやって接客で感謝を伝えてきたのか?

はっきりいってしまうと、これはもう、笑顔、愛嬌。

 

たとえ言葉がどもっていたとしても、それが出来ていれば、接客以上にカバーできるのでじっくりと読んでみてください。

不自然にならないように!自然なスマイルを心がける!

 

お客さまに与える印象の中で最も大きな影響力を持つのがこの「笑顔」。

どんなに仕事がバリバリ出来て、上司から「出木杉くん」の様な扱いをされていたとしても、お客様に笑顔のない接客をしては、魅力ある接客とは言えません。

 

「いらっしゃいませ」と先ほどお伝えしたやり方で笑顔の挨拶で始まり、「ありがとうございました」と最後にお客様を見送ることができれば、「今回は買わなかったけど、また来ようかな」とお客様は思ってくれる可能性もあり。

笑顔をする上で徹底していただきたいのが、作り笑顔ではなくて、あくまで自然な笑顔を意識すること。

 

目が笑っていない作り笑いなどでは、無理して笑顔を作っている様子がお客さまにも伝わって逆効果になりかねませんので、ほんの少し口角を上げ、お客さまの目をしっかりと見て優しい表情を心がけることが何よりも大切。

 お客様を安心させるアイコンタクト!

 

「挨拶」、「笑顔」と続いて最後に切っても切り離すことが出来ないのが、この「アイコンタクト」!

言葉で伝える以上に、相手の目を見て笑顔で話しかけることで、自分の気持ちがお客様に届きやすくなるということ。

 

アイコンタクトをしっかりとやることで、お客様からは、「しっかりとお客さんのこと見てるんだ!」と思っていただけて好印象を持っていただけます。

どもってても沢山感謝の言葉を言う誠意!

 

また、単に「ありがとう」と伝えるよりも、「ありがとう、本当に助かりました。ありがとうございます!」などと例えどもっていたとしても感謝の言葉を出し惜しみをしない。

その方がどもりまくっていたとしても、より誠意が伝わります。

 

またお客さまに、何かをしていただいたらすぐに「ありがとうございます」と伝えてから、別れ際にも、そのことを話題にして「本当にありがとうございました」と伝えると、相手にもお礼を言われたという印象が残ります。

 

お客さまに「感謝の余韻」を残すことは、あなたに好印象を抱かせるポイント。

 

 

 

参考:吃音治療!大人からでも治った僕の克服方法を完全伝授したいと思う。

まとめ

 

接客,噛む,緊張,言葉,吃音

 

緊張して言葉を噛む吃音症向け!接客バイト克服方法!は下記の通り

 

  • 不自然にならないように!自然なスマイルを心がける!
  • お客様を安心させるアイコンタクト!
  • どもってても沢山感謝の言葉を言う誠意!

 

吃音がある人、接客をすることで何よりも大切なのが「気にしないこと」。

というのも、そもそもお客様はあなたの接客をそこまでまじまじと見ていないから。

 

笑顔、愛嬌を沢山振りまいて、あなたらしい接客の仕方を見つけて行ってくださいね!

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング