吃音,種類,症状,どもり,原因

 

今回は、「吃音の種類や症状、どもりの原因、発達障害との関係」について完全解説していきます。

 

「自分が抱えている吃音ってどんな症状の種類が存在する?」

「吃音の原因は一体なんなのか」

「吃音って障害に含まれてしまうの?」

 

こんな疑問を抱えている方に、ぜひ読んで欲しいですね。

 

あなたはこの記事を読むことで、吃音の症状の種類、吃音の原因、障害か否か、を知ることができ、吃音と向き合う体制を作ることができます。

 

これまで「吃音=イケテナイ」と思っていたものが、「吃音=長所」と考えがプラスに転じた時に、吃音克服のスタートラインに立てるわけです。

吃音の種類、どんな症状があるのでしょうか

 

吃音,種類,症状,どもり,原因

 

「吃音の種類や症状はどういったものなのか?」

多くの非吃音者にとって、言葉は「思ったらすぐに出る」もの。

 

ですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

 

例えば「おはよう」と言いたいのに、「お・お・お・お・おはよう」と、言葉が詰まる感じ、連打する感じで出てきてしまう。

あるいは、そもそもタイミングよく最初の「お」が出なくて、そこで話すこと自体諦めてしまう・・・。

 

これを見ているあなたもそうではないのでしょうか?

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくることを「吃音症」と言い「どもり」と言われることもあります。

吃音の症状の種類

 

さてこの項目では、この吃音の詳しい症状についてお話ししていきます。

ここではわかりやすく、「ありがとう」という言葉の発声を例に説明していきます。

 

あなたに思い当たる節がないかじっくり読んでチェックしてみてくださいね。

連発

 

「あああああありがとう」

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」状態のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

 

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

パソコンで例えるならば、キーボードを叩くと叩いた以上に多くの文字を打ってしまっている「バグ」のような状態。

 

結果、上記のように最初の言葉を連打した言い方になってしまうのです。

難発

 

「っっっっっっ、・・・・・・あ(無音)」

 

「難発」は一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまう状態のこと。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

 

これもパソコンで例えるなら、キーボードを一度叩いただけで文字が勝手に沢山打ち出される「連発」に対し、「難発」はキーボードをいくら打っても画面に反映されない状態。

 

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の具体的な特徴。

伸発

 

「あーーーーーーりがとう」

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

 

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう状態。

 

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

以上、これら3つの型は、大抵の場合併発して起こります。

吃音の原因とは

 

吃音,種類,症状,どもり,原因

 

吃音には、小児期に他の原因となる疾患がなく起きる発達性吃音と、疾患や心的ストレスなどの原因で起こる獲得性吃音があります。

 

下記ではそれぞれの特徴をまとめてみました。

 発達性吃音

 

小児期にみられる吃音のほとんど、成人でも9割以上の吃音は発達性吃音です。

過去の私もこの発達性吃音に当てはまります。

 

発達性吃音は、幼少期の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長するにつれ自然治癒する人も多いと言われています。

 

その後に渡って症状が残る場合に考慮される原因として、遺伝的要因、発達的要因、環境要因などがあり、これら様々な要因が関わっていると考えられていますが、詳しいことはいまだにわかっておりません。

 獲得性吃音

 

一方、獲得性吃音には主に2種類あります。

 

獲得性神経原性吃音】

→神経学的疾患や脳損傷などにより発症

 

獲得性心因性吃音】

→心的なストレスや外傷体験に続いて生じる

 

どちらも発症時期は主に青年以降(10代後半~)とされています。

 

 

吃音の原因として昔から様々なことが唱えられてきました。

思い浮かぶのは、「真似から始まる」、「左利きを右利きに矯正したから」、「母親のしつけの問題」などでしょうか。

 

しかし、今現在のところこういった考え方はその後の研究者の研究により否定されています。

 

今現在、吃音の原因としてもっとも有力な情報が、「言葉の学習時期に頭の中に一気に増えていく言葉に口がついてこられなくなったため」と言われております。

 

私自身も、この見解には賛成しております。

 

というのも、ぶっちゃけですよ?私自身が左利きであり、正直なところ両親も仲が悪くすごく悪い環境で育ってました。吃音の原因とささやかれている説はほぼほぼ当てはまっている状態なんです。

 

ではなんで?

それは、吃音になってしまった原因を外に求めているから。

 

もうねこれしかないんですよね。今更「なんで俺が吃音になってしまったんだ・・・」「吃音の原因は親なのか。クソ、ふざけんな」

 

・・・ぶっちゃけ原因知ったところでもうおせーから。

 

このように、吃音になってしまった原因を外に求めてしまうと、必然的にネガティブになり、吃音になってしまったことを親のせいにしたり、周りのせいにし始めたりしてしまうんですよ。

 

もうこれアウト。自分で自分の首を締めていますよ?

まずは、あなたが吃音を受け入れる、向き合っていく状態を作っていくこと。これをしてください。

 

吃音の原因は、「頭が良すぎるから」

このことをしっかりと頭の中に何度も何度も刷り込んでください。

 

 

 

参考:どもる原因大人版!吃音は発達障害?遺伝や体質が関係しているのか徹底解説!

吃音と発達障害との関係について

 

吃音,種類,症状,どもり,原因

 

よく、「吃音は障害なの?」「吃音は発達障害?病気?」と問われることがあります。

 

結論から言うと、確かに法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

 

発達障害者支援法にも、吃音はひとつの障害として分類されており、場合によっては障害者手帳を取得することもできます。

 

しかし、私自身の意見としましては、吃音は「話し方の個性」なんですよね。

 

と言うのも、吃音が酷くても日常生活に悩みや困り事がない人だって実際にいますし、いい友人や仲間に支えられたり、なんの隔てなく沢山の人とおしゃべりしている人だっているんです。

 

果たしてそんな人でも「障害」と言う二文字で片付けられるのでしょうか?

自分の欠点だと思っていることが、実はすごい長所であったりするんです。

 

あなたが今まで散々悩んでいた吃音も、本当はあなたの最大の個性で長所なのではありませんか?

障害か否かで悩むことなんか何1つありません。

 

自分の持ち味を生かしてますます魅力的になってください。

 

自分の吃音を素直に受け止めて、個性と捉えることができたら、吃音との付き合い方もきっと変わるはずですし、あなたの吃音ももっと改善の方向に進んで行くはず。

 

そのままの自分の持ち味をうんと生かして長所にすること。

そして、吃音としっかりと向き合うことができた瞬間に克服するための準備ができるのです。

 

 

 

参考:吃音と発達障害との関係性は?言葉の症状や大人の治療法もチェック!

参考:吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!

まとめ

 

吃音,種類,症状,どもり,原因

 

今回は、「吃音の種類や症状、どもりの原因、発達障害との関係」について完全解説していきました。

 

吃音の症状の種類は主に、連発・難発そして割合が低めの伸発の3種類。

 

言葉の学習時期に頭の中に一気に増えていく言葉に口がついてこられなくなったため吃音が発症するのが、吃音の原因としてもっとも有力な情報。

 

そして、吃音は障害か否かについてですが、これはもう捉え方次第。

話し方の個性として捉えることもできますし、障害としても捉えることができます。

 

マイナスなイメージとして捉えなければ、どちらにせよ個人的にはいいのかなと思っております。

 

自分の吃音と向き合い、「吃音=イケテナイ」と言うネガティヴなイメージをどんどんプラスに転換していきましょう。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング