接客,ありがとうございます,言えない,言いやすい方法,コツ

 

「ああああありがとうございます」、「・・・・・っりがとうございます」、「ありがとうございます」と言うときにこのように発してしまう、「出そうとしているけど、どうしても最初の「あ」が言えない・・・」

このように、滑舌が悪いとはちょっと違った、最初の言葉がなかなかスムーズに出てこないのが吃音症の特徴。

 

また、接客業となると緊張がゆえに、さらに吃音の症状に負荷がかかってしまうと言う人も多いのではないでしょうか?

そのため、今回は接客業で「ありがとうございます」を言いやすくする方法、コツをあなたにお伝えしていきます。

 

吃音は明日すぐに改善できるといった簡単な症状ではないので、つい弱気になってしまったり、不安になりがちですが、不安や弱気になっていても仕事はしっかりと接客と業務をしないといけないわけですので、「接客かかってこい!」と強気に構えると言うことが何よりも大切。

 

今回の記事でお伝えする、方法やコツをあなたが意識してやっていただければ、仕事場の接客で困ることの回数が減ってきますので、じっくり読んで見てください。

 

接客でありがとうございますが言えない吃音。言いやすい方法やコツは?

 

接客,ありがとうございます,言えない,言いやすい方法,コツ

 

接客で「ありがとうございます」としっかりと言いたいのであれば、必ず押さえておくべきことがあります。

 

それは、「不安になりすぎない」ということ

というのも「上手く話せないのはストレスが原因?」でもお話ししているように、吃音の症状を悪化させる要因のひとつに「予期不安」があるから。

 

そのため、「ありがとうございます」を言う対象がお客様ならなおさら、お客様に不安な表情を見せないこと、しっかりと感謝を伝える、そして冒頭でも言った「接客かかってこい!」と言う強気な気持ちが吃音改善に必要があるということですね。

 

「ありがとうございます」の前に「どうも」を付けてみる

 

「ありがとうございます」が言いずらい吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合がとても多いです。

そのため、いきなり「ありがとうございました」と言おうとしても、「ああああありがとうございました」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

そう言った場合は、「ありがとうございます」の前に「どうも」を付け加えることで「あ」の声を出やすくする状態を作ってしまうということ。

前の言葉を繋げることで「あ」が自然な流れで出せるようになり、とても楽に発音することができます。

 

さらに、「どうも」を付け加えることで、お客様にもさらに好感をもっていただけるので、吃音をもっている人からすると、この方法は「一石二鳥」になりますよね!

 

「ありがとうございます」の「あ」をとってみる!

 

先ほどもお話しした通り、吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合がとても多いです。

 

そんな吃音を持っている人は、接客業のお決まりフレーズである「ありがとうございました」の他に言い換えができないため、「ありいがとうございました」を言わないといったことも・・・

これは、言い換えが出来ないからといって、発語しないというのは、接客業をしていて良い傾向ではありません。

 

もう1つの方法として、母音である「あ」をとってしまうという方法。

 

「ありがとうございます」でしたら、最初の母音である「あ」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

自身が発音している感覚としては「りがとうございます」ですが、実際には発音しなくても「あ」が入る間をいれておくと、それを聞いている相手からしたら「ありがとうございます」として聞こえてしまうもの。

 

これはあなたも経験があるかと思いますが、バリバリ体育会系のラーメン屋さんの店員さんが「っシャセーい!」や「ありーしたー!」といっても、あなた自身は「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」と捉えますよね?

ラーメン屋さんの例えは、大げさかもしれませんが、母音の「あ」を取ったくらいでは、相手は全く気づかないということ。

 

そのため、相手が気ににすらしないと分かったのならば、この方法を試してみるのもそう難しくはありません。

他にも接客業のお決まりフレーズである「いらっしゃいませ」、「おはようございます」も同様ですので試しにやってみると良いでしょう。

 

まとめ

 

接客,ありがとうございます,言えない,言いやすい方法,コツ

 

いかがでしたでしょうか?今回は「ありがとうございます」の言いやすい方法とコツをお伝えしました。

最後にまとめますと

 

接客業で「ありがとうございます」を言いやすくする方法、コツは具体的に以下の2パターンあるということ。

  • 「ありがとうございます」の前に「どうも」を付ける方法
  • 「ありがとうございます」の「あ」をとってみる方法

 

さらに、接客業をやる上でもっとも大切なのは、お客様に不安な表情を見せないこと、しっかりと感謝を伝える、そして「接客かかってこい!」と言う強気な気持ち

この記事を見て、「やる気になった」「明日から実践してみよう」と思っていただけたらとても嬉しく思います。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング