接客,いらっしゃいませ,言えない,吃音,言い方

 

「いいいいいらっしゃいませ!」、「・・・・・っぃらしゃいませ・・・」

 

仕事をしていて接客をする際に、吃音の症状が出てしまうとこのような感じに言葉を発してしまう吃音の人も少なくありません。

「こんなんじゃお客様に失礼だな・・・」、「俺、この仕事向いてないかもな・・・」と自己嫌悪に陥っている人も中にはいるかもしれませんね。

 

まず、最初に結論からお話ししますと

 

「いらしゃいませ」より大切なことがあるということ

 

というのも、確かにお客様をお出迎えする「いらっしゃいませ」は接客においてとても大切。

しかし、実際のところあなたが悩んでいる「いらっしゃませ」よりも大切なことを磨けば、お客様にも、職場の人にもいい印象を持ってもらうことも可能。

 

しかも、今回お伝えする内容は、接客業においてとても大切なスキルなので、身につけたら超強力。

今回は、接客で「いらっしゃいませ」が言えない吃音の人に、言い方と接客業において大切なことをお話ししていきますのでじっくりと読んでください。

 

接客で「いらっしゃいませ」が言えない吃音の人のどもらない方法とは?

 

接客,いらっしゃいませ,言えない,吃音,言い方

 

「いらっしゃいませ」より大切なものがある!と言っても、お客様からしたら最初のファーストコンタクトとなる挨拶なので、まずはあなたのお悩みの根本から解決した方が何よりも効果的。

結局、お客様は最初のファーストコンタクトの接客で「この店がいい店か?ダメな店か?」見極めるわけですので、そこは、社員・バイト関係なく徹底することが大事。

 

「いらっしゃいませ」がどもってしまうからと言って、お客様に挨拶をしないということは、接客業として絶対にしてはいけないこと。

では、今まで「いらっしゃいませ」を上手く言えることができなかった吃音の人がどうやってスムーズに言葉を発せるようになるのか?

 

それは、「いらっしゃいませ」の最初の「い」をとってしまうやり方。

吃音を持っている人は、最初の母音(い)が言いずらい場合がとても多いと言われているので、無理に言葉を発した時に「いいいいいらっしゃいませ」になってしまうのです。

 

最初の「い」をとった状態で、話してみると「らっしゃいませ」となります。

そこで「らっしゃいませ」の前に本来あなたが発するはずの「い」の空間を開けるのも忘れずに!

 

こうして「○らっしゃいませ」と発すると、お客様からしたら違和感なくファーストコンタクトが取れるというわけです。

そもそもお客様からしたら、こちら側が「いらっしゃいませ」の「い」をとったかどうかなんて、100パーセントわかりませんから!笑

 

まず、不安にならないことを意識してこのやり方を実践してみることが何よりも大切。

また、さらに言いやすい方法やコツを求めている方は、「接客でありがとうございますが言えない吃音。言いやすい方法、コツを伝授!」で詳しくまとめていますので、そちらをじっくりと読んでみてください。

 

接客で「いらっしゃいませ」が言えない吃音の人がする最強の接客のコツを解説!

 

接客,いらっしゃいませ,言えない,吃音,言い方

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが先程までは、「いらっしゃいませ」などの「挨拶」に焦点を当てていましたが、ここからあなたに「最強の接客のコツ」を2点お話ししていきます。

まず、超大前提にお客様に感謝の気持ちを表に出すこと!それに加えこの2点ができれば、たとえ「いらっしゃいませ」がどもっていたとしても、かなりカバーできるのでじっくりと読んでみてください。

 

自然なスマイル!

 

お客さまに与える印象の中で最も大きな影響力を持つのがこの「笑顔」。

どんなに仕事がバリバリ出来て、上司から「出木杉くん」の様な扱いをされていたとしても、お客様に笑顔のない接客をしては、魅力ある接客とは言えません。

 

「いらっしゃいませ」と先ほどお伝えしたやり方で笑顔の挨拶で始まり、「ありがとうございました」と最後にお客様を見送ることができれば、「今回は買わなかったけど、また来ようかな」とお客様は思ってくれる可能性もあり。

笑顔をする上で徹底していただきたいのが、作り笑顔ではなくて、あくまで自然な笑顔を意識すること。

 

目が笑っていない作り笑いなどでは、無理して笑顔を作っている様子がお客さまにも伝わって逆効果になりかねませんので、ほんの少し口角を上げ、お客さまの目をしっかりと見て優しい表情を心がけることが何よりも大切。

 

 アイコンタクト!

 

「挨拶」、「笑顔」と続いて最後に切っても切り離すことが出来ないのが、この「アイコンタクト」!

言葉で伝える以上に、相手の目を見て笑顔で話しかけることで、自分の気持ちがお客様に届きやすくなるということ。

 

アイコンタクトをしっかりとやることで、お客様からは、「しっかりとお客さんのこと見てるんだ!」と思っていただけて好印象を持っていただけます。

 

まとめ

 

接客,いらっしゃいませ,言えない,吃音,言い方

 

接客業をするうえで「挨拶」「笑顔」「アイコンタクト」は何よりも大切。

「いらっしゃいませ」がどもってしまうからと言って、お客様に挨拶をしないということは、接客業として絶対にしてはいけない。

 

不安になりすぎず「挨拶」することを意識することが大事。

結局のところ、いらっしゃいませ」がどもっていたとしても、「笑顔」、「アイコンタクト」がしっかりと出来ていれば、かなりカバーできる。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング