吃音,有名人,芸能人,日本,海外

 

「吃音症に悩まされている人はたくさんいるけど、芸能人や有名人で吃音がある人っているのかな?」

吃音を抱えている人はどうしても「僕だけこんな目に・・・、私だけ・・・」とつい1人殻にこもりがちになってしまう人は少なくありません。

 

あなたが思う以上に吃音を抱えながらも芸能、政治、文学など様々な分野で活躍した人は国内外にたくさんいます。

 

想像して欲しいのですが、あの歴史上の偉人であるアインシュタインや、プロゴルファーのタイガーウッズが実際に吃音症で悩まされていたとしたら、逆にかなり嬉しいくないですか?

 

この記事を読むことであなたは、「この人も吃音を抱えているんだ!」と驚くと同時に凄く勇気が出てくることでしょう。

そして、これから様々なことに挑戦する気力が湧いてくるはず。

 

 

ということで今回は「吃音の有名人、芸能人!日本・海外でどもりがある人、克服した人」についてお話ししていきます。

 

また、それだけではなく、吃音症の種類や吃音症の人の割合についてもお話ししていますので、じっくり読んでみてください。

吃音とは?吃音の人の割合は?本当に有名人、芸能人でもどもる人っているの?

 

吃音,有名人,芸能人,日本,海外

 

吃音の有名人、芸能人を紹介する前に、吃音の種類や症状は一体どういったものなのかについてお話ししていきます。

吃音症ではない多くの人にとって、言葉は「思ったらすぐに出る」もの。

 

しかし、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

 

例えば「おはよう」と言いたいのに、「お・お・お・お・おはよう」と、言葉が詰まる感じ、連打する感じで出てきてしまう。

あるいは、そもそもタイミングよく最初の「お」が出なくて、そこで話すこと自体諦めてしまう・・・。

 

これを見ているあなたもどれか一つ、もしくは全て当てはまっているのではないのでしょうか?

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくることを「吃音症」と言い「どもり」と言われることもあります。

吃音の症状の種類

 

さてこの項目では、この吃音の詳しい症状についてお話ししていきます。

ここではわかりやすく、「ありがとう」という言葉の発声を例に説明していきます。

 

あなたに思い当たる節がないかじっくり読んでチェックしてみてくださいね。

連発

 

「あああああありがとう」

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」状態のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

 

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

パソコンで例えるならば、キーボードを叩くと叩いた以上に多くの文字を打ってしまっている「バグ」のような状態。

 

結果、上記のように最初の言葉を連打した言い方になってしまうのです。

 

連発は、幼い子供が多く経験されるという意味で、吃音の最も原初的な症状と考えられています。

もちろん大人の方にも連発が中心の方も多くいらっしゃいますが、次にお話しする「難発」に移行し、そちらが中心になる人も多くいます。

難発

 

「っっっっっっ、・・・・・・あ(無音)」

 

「連発」と並ぶもう一つの吃音の主な症状がこの「難発」になります。

「難発」は一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまう状態のこと。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

 

これもパソコンで例えるなら、キーボードを一度叩いただけで文字が勝手に沢山打ち出される「連発」に対し、「難発」はキーボードをいくら打っても画面に反映されない状態。

 

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の具体的な特徴。

伸発

 

「あーーーーーーりがとう」

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

 

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう状態。

 

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

以上、これら3つの型は、大抵の場合併発して起こります。

吃音が起きる原因と割合

 

100人の子供が生まれたら、そのうちの5人は吃音になり、5人のうち4人は自然回復し、1人は持続するという結果が出ていて成人の吃音者は100人に1人の症状と言われています。

 

いずれも2歳から5歳位の幼児期に始まる子がほとんどで、子供が言葉や文字を積極的に覚え始めたり、話し始める、急激な言語発達の時期にあたり、言葉の急激な発達を促す環境が影響している可能性がありますが、具体的なことは未だ不明。

 

また、現在吃音は、環境などの影響によって発症されるものではなく、下記の通りに結論づけされている。

 

  • 吃音の原因は親ではなく、親は悪くない
  • 吃音は体質が原因
  • 吃音に対して否定的な反応をとると、吃音が悪化するので、幼少期のからかいやいじめの予防が大切。

 

結局のところ、吃音の原因は完全には解明されていないため、昨今、脳科学や遺伝子研究がされている。

 

さて、吃音者の割合を見てあなたは「意外と吃音者っているんだな」と思ったのではないでしょうか?

そうです、あなただけではありませんし、あなたと私を含め、吃音に悩んでいる人は沢山いるということ。

 

少しづつで良いので、吃音の症状について理解していくことが何よりも大切。

 

 

参考:どもる吃音とは。発達障害?原因と大人の治す克服方法を全て話そうと思う

有名人、芸能人でもどもる人っている?

 

吃音を抱えながらでも、国内外で高い評価、偉大な功績を残している人、メディアでたくさん活躍されている方は非常に多くいます。

成人の100人に1人の割合ですから、有名人・芸能人にいても全然おかしくありません。

 

吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!」でもお話ししていますが、吃音がある人は一般の人が持ってない素晴らしい気質を持ち合わせているんですよね。

 

それだけでなく。吃音というハンデを上手く利用したり、または吃音であること、過去の嫌な思いへの悔しさから、もう勉強あるいは猛練習して彼らには「今」があるんです。

 

次の項目では、実際に吃音である、吃音を克服した有名人、芸能人を国内外で一気に紹介していきますので、じっくり読んでみてくださいね!

吃音の有名人、芸能人!日本国内のどもりがある人、克服した人一覧!

 

吃音,有名人,芸能人,日本,海外

 

芸能

【小倉智昭】

 

日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ。

この方をテレビで見たことない人はいないのではないでしょうか?

 

毎日のようにテレビに出演して、人前で解説や話すことを仕事にしている彼ですが、今でもマネージャーや家族と話す時には吃音が出るそう。

幼い頃から吃音症に悩まされてきたこともあり、吃音克服のためにあえてアナウンサーという業種にチャレンジしたと言われています。

 

【秋野暢子】

 

日本の女優、タレント

普段はたくさんお話しするというイメージが先行しがちですが、小学校に頃まで吃音症に悩まされ、イジメも経験されています。

 

しかし、小学校の学芸会の演劇で、「芝居なら吃音が出ない」という自信を持つようになり、後に女優への道を進むことを決意。

ドラマやバラエティー番組などで長年活躍されているとは思えないくらいですよね。

 

【木の実ナナ】

 

日本の女優、歌手

テレビドラマやミュージカルで活躍されている木の実ナナさん。

 

芸能界に入ってからはほとんど吃音は出ていなかったようですが、ある時突然吃音が発症してしまい、映画の撮影がストップしてしまった経験があるとのこと。

 

撮影の終盤、疲れが溜まってきたある時、寅さんのことを「おにいちゃん」と呼ぶその最初のセリフで、つまずいてしまいます。

元々あ行が苦手だったそうですが、その最初の「お」が出てこなかったそうです。

結局、この「おにいちゃん」が言えず、撮影が2日間ストップしてしまったそうです。

 

【桂 文福】

 

1953331日生まれの日本の落語家。

集団就職の時に大阪に来た際に帰りに偶然落語を見ることに。見ているうちに「自分も落語がしてみたい」と感じ、すぐに桂 文枝師匠に弟子入り。

 

コンプレックスだった吃音を師匠に「個性だよ」と認められ、メキメキと頭角を表していく。

「まさか自分が落語家になるなんて思ってもいませんでした」とインタビューで語っている。

 

【小川宏】

 

1926年生まれ、東京都墨田区出身の日本の司会者。元NHKアナウンサー。

 

先ほど紹介した同じアナウンサーでもありワイドショーの司会者でもある小倉智昭さんは、「小川宏ショー」の大ファンで、小川さんが元々吃音がありながらテレビで司会者をしているという事を知ったのがこの世界を志すきっかけの1つだったと話しています。

 

【三遊亭 圓歌】

 

1929年生まれ東京都墨田区出身の落語家。

多くの弟子を育てた上、落語協会の会長も務められ、勲四等旭日小綬章も授与されている落語界の第一人者。

 

小川宏さんとは幼馴染で、小川さんに吃音があり、そのマネをしていて自らも吃音になってしまったそう。

そのため、円歌さんは吃音を克服しようと落語の世界に入ったと自らの創作落語のなかでも語っています。

政治、実業家

【田中角栄】

 

日本の政治家、建築士。衆議院議員、郵政大臣、大蔵大臣、通商産業大臣、内閣総理大臣。

昭和の大政治家、田中角栄さんは、幼少期に吃音を発症。

 

自ら吃音を克服するために浪花節をやっていたという話はとても有名。

浪花節の稽古では、とても大変な修業を積んだという苦労談が多くあります。

 

後に、こうした修業の成果が現れ、独特な話し方から、演説の名手としても知られ、数多く聴衆の心を掴んでいました。

 

【梁瀬次郎】

 

1916年生まれ東京都出身の日本の実業家。

梁瀬自動車株式会社社長、株式会社ヤナセ社長、日本経営者団体連盟常任理事などを歴任した方。

 

【坪内 寿夫】

 

191494日生まれ愛知県出身の日本の実業家。

佐世保重工業など数多くの企業を再建させ、資産額数千億円と言われていました。

 

一時は「再建の神様」と呼ばれていた人物である。

文学・学者・映像

【重松清】

 

日本の作家で、代表作は『エイジ』(1999年); 『ビタミンF』(2000年); 『十字架』(2009年)。

 

自身が吃音で悩んだ経験から、吃音に関連する多くの作品を手掛けている。

自身の幼少期の体験をベースにした自伝的作品「きよしこ」や吃音症の国語教師を描いた「青い鳥」。2008年に阿部寛主演で映画化もされた作品です。


このように、重松さんは作品を通じて吃音という問題に向かい合った小説家と言えますね。

 

江崎玲於奈

 

1925312日大阪府生まれの日本の物理学者。

1973年に日本人としては4人目となるノーベル賞を受賞した方で、彼も幼少期から重度の吃音を経験。

 

大江健三郎

 

1935131日愛媛県生まれの日本の小説家。

「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。

 

その後、1994年ノーベル文学賞受賞し、日本で二人目の受賞者となった。

 

【その他】

 

  • 羽仁進
  • 井上ひさし
  • 小島信夫

 

スポーツ

【内藤大助】

 

元ボクシング世界チャンピオン。

亀田大毅戦や亀田興毅戦などの亀田一家の因縁の対決や、いじめられっ子が世界チャンピオンなるストーリーが漫画のはじめの一歩と似ていることから「リアルはじめの一歩」として有名。。

 

内藤さんも幼少期に吃音に悩まされた経験があります。

 

吃音の有名人、芸能人!海外のどもりがある人、克服した人一覧!

 

吃音,有名人,芸能人,日本,海外

 

芸能界

【エド・シーラン】

 

世界で最も多くのセールスを記録したイギリスのシンガーソングライター。

幼少の頃より吃音があり、「言いたいことがわかっていても、正しく言えないのが問題だった。

 

数年間スピーチセラピストに通ったけれど、自分としては歌詞を諳(そら)んじて言うのが一番適していた。小さい時から音楽が好きだったけれど、特にラップミュージックにはすっかりのめり込んだね。」とインタビューで語っている。

 

彼はエミネムのアルバム『ザ・マーシャル・マザーズLP』に合わせてラップしながら、言葉の詰まりを直したと公言。

 

「どもりは全く気にする必要ない。もし、君たちにヘンなところがあったとしても、心配しないで。学校で1番クールだった子は、いま、僕のとこで配管工事やってるよ。ホントだよ」「ありのままの自分でいて欲しい。自分の変わっているとこを受け入れて。変わっているのは素晴らしいことだ」と話したそう。

 

吃音があっても自分の活動が妨げられることはないと、他の若い吃音者を励ましている。

 

【スキャットマン・ジョン】

 

日本ではプッチンプリンのCMに出演したことをきっかけにダウブレイクをしたアメリカの人気ミュージシャン。

幼少期の頃から吃音が酷く、情緒面でも傷ついていた。

 

96年の「日本ゴールドディスク大賞」を受賞し、その賞金を吃音者団体「全国言友会連絡協議会」に全額寄付している。

また、吃音者を支援するために「スキャットマン基金」も設立。世界中の吃音者のために尽力した。

 

マリリン・モンロー

 

1950年代のハリウッドを象徴する芸能界のトップ女優。

ロサンゼルスで生まれたモンローは、幼少期のほとんどを里親と孤児院で過ごし、そこでは、性的虐待や育児放棄・育児怠慢などの扱いを受け、吃音にも悩まされていました。

 

容姿をさらに引き立たせる”セクシーな話し方”は、吃音をカモフラージュするためだと言われています。モンローをトップ女優へと導いた一つの要因が吃音であるというのは、世の中の多くの人が知らない知られざる真実。

 

ブルース・ウィルス

 

1955319日ドイツ生まれのアメリカの大物アクション俳優。

全く人と会話できないほどどもりが酷かったが、高校時代に舞台を経験した時に、舞台ではどもらないことを実感。

 

その経験をきっかけに吃音を克服できるようになったという。

 

B.B.キング

 

1925916日生まれのアメリカ合衆国のブルースギタリスト、歌手、作曲家。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第3位、2011年の改訂版では第6位になっているほどの実力者。

 

1951年末にシングル「30clock Blues」がR&Bチャートの1位を記録。これを機に数多くのヒットを世に送り出す存在となる。

 

ジュリアロバーツ

 

19671028日生まれのアメリカ合衆国の女優。

兄のエリック・ロバーツさんも同じく吃音に悩まされていて、二人とも学校の音読の時間が苦痛になるほどだったという。

 

しかし、文章を丸暗記すれば吃音が出にくいと実感した兄のエリックは、妹にそのことを伝えた結果二人とも吃音を克服したという。

【その他】

 

  • エルヴィス・アーロン・プレスリー
  • ジェームズ・アール・ジョーンズ
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • カーリー・サイモン
  • ジェームズ・ステュアート
  • アン・ダスティン・ウィルソン
  • ウェイン・ブレイディ
  • ノエル・トマス・デヴィッド・ギャラガー
  • マーガレット・アン・“ペギー”・リプトン
  • メル・ティリス
  • チャーリー・シーン
  • ビル・ウィザース
  • ジョン・リー・フッカー

政治界

【ジョージ6世】

 

1895年12月14日 ― 1952年2月6日 イギリス国王。
今のイギリス女王(エリザベス2世)の父にあたる。幼少の頃から吃音であった。

 

2010年のイギリス映画「英国王のスピーチ」では、ジョージ6世が吃音を持ちながらも国王としての職責を果たしていった様子や、どのように吃音の障害を克服していったかが克明に描かれている。

 

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル

 

18741130日イギリス生まれの政治家、軍人、作家。

趣味は絵を描くことらしく、幼い頃からうつ病を患っており、元々はうつ病を治す一環として始めたものだという。

 

生まれた時からどもり気味で、政治家としても長い間苦労していたと言われている。

【その他】

 

  • ジョセフ・ロビネット “ジョー” バイデン・ジュニア
  • ロベルト・ライ
  • ジョー・バイデン
  • アモーリー

文学界

ルイス・キャロル

 

数学者や写真家など、様々な顔を持っており、様々な分野で大活躍をしており、特に「不思議の国のアリス」の著者であることは有名。

当時は人前で歌ったり詩を暗唱したりして人を楽しませることは良いことと捉えられていており、ルイスは内向的で吃音ではあったが、人を楽しませる性格の持ち主で、努めて話そうと努力していた。

 

バイロン・ピッツ

 

19601021日生まれのアメリカ合衆国のジャーナリスト。

1999年のシカゴの鉄道の難破船をカバーするエミー賞を受賞し、2002年には黒人ジャーナリスト賞の全国協会を受賞している。

その他】

 

  • デイヴィッド・ミッチェル
  • ジョン・ホイヤー・アップダイク
  • ウィリアム・サマセット・モーム
  • デモステネス

スポーツ界

タイガー・ウッズ】

 

メジャー選手権優勝14回、史上2人目のトリプルグランドスラム達成など、多くの記録を保持。ゴルフ界の『超』大物で、全盛期には、日本円にすると172億円以上の年収を稼いでいたとも伝えられている。

自身でも吃音を公言しており、吃音によって自殺を考えている少年に対して手紙を送ったことをゴルフダイジェスト誌で掲載されたことがあります。

 

「僕も子供の頃は吃音で、犬が眠りに落ちるまで話しかけたものだ」という内容で少年を元気づけたとされています。

 

【ハメス・ロドリゲス

 

1991712日、コロンビア出身のサッカー選手。

幼い頃から吃音症に悩ませられ、彼の両親は幼少期から吃音を克服するためのセラピストを雇っていたという。

その他】

 

  • ボブ・ラブ
  • ロン・ハーパー
  • ジョージ・スプリンガー

歴史上の人物

アルベルト・アインシュタイン】

 

相対性理論を始め多くの理論を提唱し、「20世紀最高の物理学者」や「現代物理の父」と評される物理界の偉人。

5歳まであまり言葉を話さず、吃音もあったと言われています。

 

吃音は天才病だと言われることがありますが、その様に言われる由縁はアインシュタインの存在が大きいことは間違いありません。

 

ナポレオン・ボナパルト】

 

フランス革命と言えばこの人、ナポレオンはフランスの軍人・政治家。

吃音の他にも「てんかん」や「ADHD」持ちであるとの説もあり「天才と狂人は紙一重」という言葉は、ナポレオンによって生まれたとされています。

 

アリスト・テレス

 

 紀元前385年にギリシャで生まれた、古代ギリシアの哲学者。プラトンの後継者、あるいは批判者としてギリシア哲学を大成した人物。

 

後世にも大きな影響を与え「諸学の父」といわれる。

 

チャールズ・ロバート・ダーウィン

 

1809212日生まれのイギリスの自然科学者。博物学者、地質学者。

 

生物は下等なものから高等なものへと進化して、弱いものは滅び、強いものが生き残るという生存競争説を説いた。この説は、それまでの考え方を全く新しくし、学界や社会に大きな影響を及ぼした。

その他】

 

  • モーセ
  • イソップ
  • デモステネス

 

まとめ

 

吃音,有名人,芸能人,日本,海外

 

今回は、「吃音の有名人、芸能人!日本・海外でどもりがある人、克服した人まとめ!」についてお話ししていきました。

実際に吃音を抱えながらも芸能、政治、文学など様々な分野で活躍した人は国内外にたくさんいます。

 

 

今回紹介した方々にほぼ共通していることってなんだと思いますか?

・・・ちゃんと自分の吃音と向き合っているんですよね。

 

吃音というものを、個性として活かしたり、コンプレックスとして、過去の悔しさをバネにして何かをやり遂げたり、はたまた、自分の経験をみんなに伝えたり、と様々な形で多大な功績を残してきています。

 

吃音というものがなかったら、このような活躍もなかったかもしれませんね。

次に偉大な功績を残すのは、もしかしたらあなたかもしれません。

 

今一度、吃音と向き合う時間を一緒に作りませんか?

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング