おはようございます,言えない,吃音,病気,挨拶

 

「おおおおおはようございます・・・」、「うまく言えないと周りから変な目で見られてしまう・・・」

このように、おはようございますが言えないと、時より挨拶なんてしない方がマシなのでは?と思ってしまうのではないでしょうか?

 

私自身も実際、周りの反応が怖すぎるあまりに、挨拶を全く交わさなかった時期がありました。

その結果は当然のごとく、どっちみち変な目で見られることに・・・。

 

今、思い返してみれば至極当然のこと。

あなたの「おはようございます」が言えないからと言って、挨拶をおろそかにしてしまっては本末転倒。

 

対人関係において挨拶は極めて重要で、「コミュニケーションは人生の質」と言われるほど。

ということで今回は、おはようございますが言えないのは吃音?病気?磨き抜かれた挨拶方法を紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

 

挨拶ができない不安から解放されて、コミュニケーションの大切さを実感していきましょう!

おはようございますが言えないのは吃音?病気?

 

おはようございます,言えない,吃音,病気,挨拶

 

「おはようございますが言えない・・・そもそもなぜうまく言えないのか?」

もしあなたがこれから紹介する症状に当てはまっているのなら、「吃音症」の可能性があります。

 

吃音症とは、一言で言い表すと、「言葉を滑らかに発することができない話し方」と言ったところでしょうか。

吃音は言葉を覚えていく年齢で発症しやすい傾向があり、一般の人が「ありがとう」とタイミングよく話すことができるのに対し、吃音を抱えている人がタイミングがずれてしまうと以下のように吃音の症状を出してしまう。

吃音の症状のタイプ

 

連発

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」症状のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

 

結果、「ああああありがとう」のような最初の言葉を連打した言い方になってしまいます。

難発

 

次に、連発と並ぶもう1つの吃音の主要な症状、「難発」について。

吃音がある人は、幼い時、子供の時の症状は主に「連発」中心ですが、多くの場合、この「難発」を獲得し、「連発」と「難発」の両方を持ち合わすように。

 

自分の話し方を客観的に見れるようになったり、その話し方を評価したり、叱責したり、からかったりする他の人の視点が無意識に自分の中にインストールされるようになっていくと、次第に吃音の症状を「隠したい」と思うようになります。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまうこと。

 

連発が「ああああありがとう」に対し、難発は「っっっっっっありがとう」といった「っ」しかない感じ。

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の特徴です。

伸発

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」のように、言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう症状。

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

吃音を「隠すこと」が目的になると「伝えたいこと」を十分に伝えられなくなってしまいがちで悩みはもっと複雑化してくるもの。

 

下記の記事では、吃音の人が自分の吃音を隠すためにしている工夫について紹介していますので、あなたも同じことをしていないかチェックしてみてください。

 

 

参考:上手く話せないのはストレスが原因?

吃音症は病気なのか?

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

 

吃音を障害として捉えることに抵抗があるひとは少なくないでしょうし、私自身もそう思っているひとり。

 

しかし、障害と捉えることで、より適切な支援を公的に進めてもらえるというメリットもあるということ。

あなたの吃音の症状が悩み程度なら、話し方の個性と捉えるのも良し、生活に困難があるほどヒドイ状態であれば一度下記の記事を読んでみてください。

 

 

参考:吃音者は障害者手帳を持てる?メリット、デメリットを徹底解説!

脱!おはようございますが言えない!磨き抜かれた挨拶方法を完全紹介!

 

おはようございます,言えない,吃音,病気,挨拶

 

冒頭でもお話ししましたが、本当は挨拶したいのに、できないからと言って、挨拶をおろそかにしてしまっては本末転倒。

そもそも挨拶というのは社会の常識、我々みんなが幼少期からしっかりと教え込んでもらっているもの。

 

職場で挨拶ができないのですから、社外でのコミュニケーションも当然できないとされ、会社での評価も低くなります。

挨拶をしっかりとすることで、相手から良い印象を持たれること、会話のきっかけ作り、相手との緊張をほぐす効果が実際のところあるのです。

 

相手との円満なコミュニケーションが取れる挨拶の方法は下記の通り

 

  • ハッキリと挨拶をする
  • 笑顔で挨拶をする
  • 相手の目を見ながら挨拶をする
  • きちんと毎日すること

 

とても簡単なことですよね?

 

この4つをしっかりと理解した上で、この項目では、吃音がある人が「あはようございます」と楽に話せることが出来る、磨き抜かれた挨拶の方法を紹介していきます。

 

参考:吃音で挨拶ができない…あ行が言いにくい…あなたの毎日が変わる挨拶の仕方!

出だしの「母音」を発音しない方法

 

吃音を持っている人は、最初の母音(あ、い、う、え、お)が言いずらい人の割合がかなり高め。

 

これを簡単に解決してくれるのが、出だしの母音である「お」を発音しないといった方法!

 

「おはようございます」でしたら、最初の母音である「お」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

 

例)

  • 「○はようございます」

 

ここで重要なのが、自身が発音している感覚としては「はようございます」ですが、実際には発音しなくても「お」が入る間をいれておくこと。

 

そうすることで、相手からしたら「おはようございます」とちゃんと発音しているように聞こえます。

「おはよう」と「ございます」の間で一区切りつけて発音してみる

 

吃音を抱えている人にとって、言い換えのできない長い言葉は苦手意識が付き物。

まして、「おはようございます」は9文字と、「こんにちは」「こんばんは」に比べて長く、そのため、最後まできちんと言えるかな、と変な不安が吃音の症状を増やす要因にもなってしまうもの。

 

この場合は少しでも自身の不安を減らすために、発音する言葉を細かく刻んでおくと言う考え方をしてみること。

 

例)「おはようございます」

  • 「おはよう」/「ございます」
  • 「おは」/「よう」/「ござ」/「います」

 

例のように、あなたが発音する言葉を分けて言うことで、言葉の抑揚のつけ方が変わりますので言いやすくなったりします。

この時は、しっかりと口を大きく動かし、一語一句丁寧にゆっくり言うことを心がけることが大切。

「え」を出だしに持ってきて、力まずに出す方法

 

「おはようございます」だけのような、前に何も言葉がない場合は、「お」の前に「え」を添える方法。

しかし、これは「あいうえお」の「え」ではなく、この「え」は肺からの空気が声帯を震わすことばになる前の自然音ですので、力みがあると発音が難しい。

 

例)

「(ぇぇぇ)ぉはようございます」

 

例のように、(ぇぇぇ)で喉の声帯を少し震わせておき、力みのない状態で発音します。

言葉になる前の「え」を始めの音に添えることができれば、すでに力みがとれている状態になっているので、どのような出だしのことばでも楽に発語できると言っても良い。

 

 

 

参考:おはようございますがうまく言えない。吃音の人の非常識な挨拶の方法!

まとめ

 

おはようございます,言えない,吃音,病気,挨拶

 

吃音のタイプは、主に言葉を繰り返す「連発」・引き伸ばす「伸発」・出にくい「難発」があり、それにどれか当てはまっているのなら、吃音症の可能性有り。

 

相手との円満なコミュニケーションが取れる挨拶の方法は下記の通り

 

  • ハッキリと挨拶をする
  • 笑顔で挨拶をする
  • 相手の目を見ながら挨拶をする
  • きちんと毎日すること

 

これをまずは理解した上で、楽に挨拶できる方法を実践するとかなり効果的。

「コミュニケーションは人生の質」と言われるほど、またコミュニケーションの始まりは挨拶からです。

 

「挨拶ができるようになった!」と自信をつけていき、より良い生活にしていってください。

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング