言葉,詰まる,改善,方法,吃音

 

「おおおおおおはようございます・・・」、「お願いだからこの話し方治ってくれ・・・」

このように、最初の言葉を詰まらせたり、言葉を流暢に話せない症状を「吃音症」と言います。

 

この記事にたどり着いたあなたも「吃音さえなければ・・・」と毎日頭を悩ませているのではないでしょうか?

私自身も吃音を克服するまで、ずっと吃音について頭を悩ませて、時には心無い言葉を周りの人から投げつけられ「死んだほうがマシなのかな・・・」と自己嫌悪に走った時期がありました。

 

はじめにお話ししておきますが、吃音克服はある一定の時間が必要ですが、吃音を改善することは間違いなく可能。

では、どのようにして改善していくのか?

 

ということで今回は、言葉が詰まることの改善方法は?吃音という症状は言葉の障害であるのか?についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる】吃音とは?言葉の障害なのでしょうか?

 

言葉,詰まる,改善,方法,吃音

 

冒頭では、最初の言葉を詰まらせたり、言葉を流暢に話せない症状を「吃音症」とお話ししました。

 

さらに、吃音のタイプには言葉を繰り返す「連発」・引き伸ばす「伸発」・出にくい「難発」の3パターンの種類が存在します。

 

吃音は言葉を覚えていく年齢で発症しやすい傾向があり、一般の人が「ありがとう」とタイミングよく話すことができるのに対し、吃音を抱えている人がタイミングがずれてしまうと以下のように吃音の症状を出してしまう。

吃音の症状のタイプ

 

連発

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」症状のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

 

結果、「ああああありがとう」のような最初の言葉を連打した言い方になってしまいます。

難発

 

次に、連発と並ぶもう1つの吃音の主要な症状、「難発」について。

吃音がある人は、幼い時、子供の時の症状は主に「連発」中心ですが、多くの場合、この「難発」を獲得し、「連発」と「難発」の両方を持ち合わすように。

 

自分の話し方を客観的に見れるようになったり、その話し方を評価したり、叱責したり、からかったりする他の人の視点が無意識に自分の中にインストールされるようになっていくと、次第に吃音の症状を「隠したい」と思うようになります。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまうこと。

 

連発が「ああああありがとう」に対し、難発は「っっっっっっありがとう」といった「っ」しかない感じ。

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の特徴です。

伸発

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」のように、言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう症状。

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

吃音を「隠すこと」が目的になると「伝えたいこと」を十分に伝えられなくなってしまいがちで悩みはもっと複雑化してくるもの。

 

下記の記事では、吃音の人が自分の吃音を隠すためにしている工夫について紹介していますので、あなたも同じことをしていないかチェックしてみてください。

 

 

参考:上手く話せないのはストレスが原因?

吃音症は言葉の障害なのか?

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

吃音を障害として捉えることに抵抗があるひとは少なくないでしょうし、私自身もそう思っているひとりです。

 

しかし、障害と捉えることで、より適切な支援を公的に進めてもらえるというメリットもあるということ。

発達障害者支援法に吃音もひとつの障害として分類されており、吃音が支援対象になること自体、まだまだ知られていないというのが実情。

 

発達障害支援法とは、脳機能の発達が関係していて幼少期から起きてくる障害を持つ人に対し、国や自治体が責任を持って適切な支援を行なっていくことを定めた法律。

 

自閉症やADHD、LDの診断には専門的な知識が必要ですが、吃音は周りの人が寛易に判断できますので、「うちの弟、もしかして吃音症かも」と思って受診やカウンセリングを受けた場合、まず間違いなく吃音症と診断されます。

 

医療機関で言語療法などを受ける前には診断書が必要で、診断書を出すことで、学校や職場などで特別な配慮を求めやすくなることもある。

 

法律で支援対象とされている以上、吃音の悩みは、個人の問題ではなく、国や自治体が積極的に対策を進めていくことが望まれる。

 

また、程度にもよりますが、吃音の人でも障害者手帳を持つことが可能で、下記の記事で障害者手帳を持つことのメリット、デメリットなど詳しくお話ししているのでじっくりと読んでみてください。

 

 

参考:吃音者は障害者手帳を持てる?メリット、デメリットを徹底解説!

【言葉が詰まる】吃音の改善方法を考察

 

言葉,詰まる,改善,方法,吃音

 

吃音の改善方法には、楽に話せることを目的とした「対処方法」があり、それを習得して発話に自信をつけることもとても大切ではありますが、やはり「対処方法」に過ぎません。

それよりもあなた自身のもっと根本にあるものや周りを変えていかなければいけません。

 

それでは、言葉が詰まる大人のどもり、吃音の改善方法についてお話ししていきますのでぜひ参考にしてみてください。

周りの環境を変える

 

職場や学校など、今自分がどういった環境に身を置いているか?あなたのコミュニケーション環境がどのようなものかを知り、よりコミュニケーションを取りやすい環境になるようにしていく方法。

 

例えば、重度の吃音に悩んでいても、職場でどもりへの理解をしていれば仕事をこなすことができます。

このように、吃音に対して否定的な反応を起こす環境に身を置かないことが大切。

 

すなわち、どもっているけれど、自分も周囲の人も気にしていない状態にすることで吃音を軽減することが出来るのです。

私自身は職場でカミングアウトして、吃音の症状を改善しました。詳しいことは下記の記事でお話ししていますのでじっくり読んでみてください。

 

参考:吃音が“つらい”と思ったら見てください。

自信をつける、意欲的に生きて行く

 

吃音というものは時折あなたを不安にさせたり、自信を無くさせてしまう厄介なものでもあります。

実際に吃音がある人は、安定した自信を持てずに、自己肯定感が低いと言われています。

 

吃音を抱えている人にとって、マイナス思考は何よりも最悪。

このマイナス思考から治していかないと、吃音改善は絶対にできません。

 

「どもっても大丈夫!」、「吃音なんか気にしていない」

という、吃音がある人にとって少し背伸びした自己洗脳を繰り返すことでだんだんと自信がついていきます。

 

 

 

参考:吃音は気にしない、これはいい!気の持ちようで言葉のどもりで泣く人、笑う人

参考:吃音はプラス思考で改善できる?吃音症の大人のポジティブ思考の育て方!

まとめ

 

言葉,詰まる,改善,方法,吃音

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることがある。

 

言葉に詰まる吃音の改善、軽減方法は主に2つ

  • 周りの環境を変える
  • 自信をつける、意欲的に生きて行く

 

吃音を改善、軽減するには自信があって意欲的であること、話したい気持ちがあること、そして社交不安がないことです。

また、自分も周囲も吃音のことを気にしていない環境を作ることであなたにとってより良い環境ができます。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング