電話,名前,噛む,吃音,克服

 

「電話で名前を噛む・・・」「自分の名前、会社名、電話の第一声など・・・この噛みまくりな吃音の克服方法を知りたい」

吃音がある人にとって電話応対で顔の知らない他人と電話越しで話すことはこの上なく緊張するもの。

 

私自身も、電話応対で自分の名前や会社名をスムーズに言えなくて落ち込んだ経験がありますし、いっそのこと電話応対のない仕事に転職でもしようかな・・・と考えるほどでした。

 

電話で毎回どもってばかりで落ち込むことがすごく多いかと思いますが、吃音がある人にとってこのような状態はもちろんよくありません。

 

電話応対で失敗したことより、成功したことをめい一杯喜ぶことの繰り返しで、吃音の症状は改善していきます。

 

ということで今回は、「電話で名前を噛む吃音の克服方法。よく噛む人の心理とその理由とは」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【電話で名前を噛む】よく噛む人(吃音者)の心理とその理由

 

電話,名前,噛む,吃音,克服

 

「電話で名前を噛む・・・」自分の名前だったり、会社名など電話応対でスムーズに言えなくて落ち込むことは私自身も身を以て体験してきました。

 

ですが、吃音がある人はこのような「落ち込む」といった心理的影響を非常に受けやすいと言われてるんですよね。

 

また、電話で名前を噛む、電話の出だしでどもってしまう・・・あなたは言葉を発する前に「もしかしたら噛んでしまうのでは」さらに、発話後に「またやっちまった・・・」と思ってしまうのでは?

 

このような発話前の思い込みを、発話の「予期不安」と呼ばれており、吃音がある人は発話前の強い思い込みと、発話後の落ち込みによって吃音が強化されると言われております。

 

吃音がある人にとって、あなたは何が一番ストレスになるのかご存知ですか?

・・・そう、周囲の反応

 

ただでさえ、周囲が自分の話し方に否定的な反応を示したら、話しにくくなっていきますし、否定的な反応が吃音の症状を増やしていきます。

 

要するに、吃音の症状の増減は周囲の反応次第とも言えるのです。

 

また、場面や状況によって吃音の症状の出やすさは異なります。

聞き手の多さや、長く話せば長くなるほど、苦手な言葉があるといったところでしょうか。

 

それをあなた自身がしっかりと理解していれば、むやみに「ひどくなっている」などと心配せずに、話す機会を減らさずにすみます。

 

吃音といっても、常に言葉に詰まったり、噛んだりしているわけではなく、スラスラ話せる時もあれば、どもりまくりの時もある。

 

それが吃音がある人にとっては当たり前の状態だということをまずは理解しましょう。

 

 

 

参考:言葉を噛む心理とは?電話や人前で緊張…場面や状況で変わる吃音の現れ方!

【電話で名前を噛む】潜在意識のお話し

 

電話,名前,噛む,吃音,克服

 

少し考えてみてください。「俺は生まれつき吃音だから一生話さない・・・」と言っている人が、吃音を改善できると思いますか?

 

「吃音だから・・・」と言えば言うほど、吃音を改善できる状態から遠ざかっているのです。

 

幸せになるのってとってもシンプルで、苦手なこと、できないと思っていることを全部逆にして、「できる!」って言ったら良い。それだけで人生は見違えるほどよくなってきちゃったりする。

 

肝心なのは口に出して「できる」と言うこと、そうすることで、脳は膨大なデータをグルグル使い出して、全力で言ったことを実現するようになる。

 

反対に、「できない」、「苦手」と言えば、脳の中の膨大なデータが「できない」とい言うことに、グルグル頭を使い出して、できないことを実現させてしまいます。

 

「できない」、「苦手だ」と言うから苦手になるのであって、「できる」、「得意だ」と言えば本当に得意になると言うこと。

 

心の中でひっそり思っていてもダメ!なりたい自分、できる自分を、バンバン口に出して言っていくことが何よりも大切。

 

吃音を抱えている人にとって、このような自己洗脳はとっても大切で、吃音改善にはなくてはならないものだと私自身感じています。

 

苦手なことでも逆さにして、「できる!」と口に出して言えば、その通りになると言うこと。

 

このことしっかりと理解した上で、次の項目に進んでいってください。

【電話で名前を噛む】電話で名前を噛む吃音の電話克服方法

 

電話,名前,噛む,吃音,克服

 

成功したことをめい一杯喜ぶ

「電話で名前を噛む・・・」吃音の人には、すでに吃音の症状が出やすい、どもりやすい言葉やパターンがあるかと思います。

 

電話で名前をどもってしまった経験から、次に電話に出る時に「さっきどもっちゃったから、また会社名どもっちゃうかも・・・」とあなた自身がその吃音が出るパターンを頭の中で作り出してしまっていることがあります。

 

それでは逆に、これと同じことを成功した時に例えたらどうでしょうか?

そうです。同じように上手く話せた状態のあなたの発話パターンが作り出せるんです。

 

1回でも上手く自分の名前や会社名を言えることが出来たら、それをめい一杯喜び何度も頭の中で良かった記憶として、繰り返して見ることが何よりも大切。

 

良くも悪くも感情は、あなたの吃音の発話回路を強化しますので、大事なことはあなたが会社名を言えた喜びの感情を絡めて思い返すということ。

 

そうすることで、今まで会社名でどもっていた吃音の発話パターンとは別に、発話のルートが出来上がるのです。

そうなってくると、10回中10回、名前が出てこなかったのが、10回中8回に減ってきたりします。

 

このように、少しの自分の変化を喜び、頭の中で上手く話せた時のことを何度も楽しみながら想像してみることで吃音で会社名が言えないといった確率を減らすことが可能。

 

何度も何度も言いますが、失敗したことよりも成功したことを想像し喜びましょう。

 

そうすることで、あなたが吃音で悩んでいた、自分の名前や会社名が言えないのを徐々に改善できるようになり、回復のスパイラルが生まれます。

姿勢を正し、ゆっくりと呼吸する

 

まず、電話応対をするために、自分の背筋をしっかりと伸ばして言葉を発しやすい状態にするということ。

また、吃音がある人は呼吸が非常に浅い人が多く、そのためにさらに吃音が強化されがち。

 

背筋を伸ばしてみると同時に、深くゆっくりとした呼吸を意識してみることで、リラックスすることができ、電話応対前にいい状態で挑むことができるわけです。

 

 

参考:吃音は腹式呼吸で改善できる?呼吸が浅いとどもりやすい?練習方法を完全伝授!

口を大きく開けて、ゆっくりと話す

 

実際に自分の声を録音して聞いてみるとわかりますが、大体の吃音の方は早口で喋ってしまっているんですよね。

 

話す前に、一度話す内容を頭の中で整理する!その後で、ワンテンポおいてから話すようにすることを意識するとだんだんと早口は解消されていきます。

 

それでも早口になってしまうという場合は、口を大きく開けて話す、ボディーランゲージなど、自身の身体とリンクして話すことで自分の話し方のスピードもコントロール出来るはず。

 

「噛みそうだな…」と不安になる時はとりあえず、最初の出だしはゆっくりと話し始めることを意識していきましょう。

 

早口を改善するためには、とにかくゆっくりと話すイメージを持つことが何より大切。

 

また、吃音の人の早口対策は下記の記事で詳しくお話ししていますので、どうしても早口が治せないという方は、クリックして読んで見てください。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

まとめ

 

電話,名前,噛む,吃音,克服

 

今回は、「電話で名前を噛む吃音の克服方法。よく噛む人の心理とその理由とは」についてお話ししていきました。

 

電話で名前を噛む吃音の人の電話克服方法は下記の通り

 

  • 成功したことをめい一杯喜ぶ
  • 姿勢を正し、ゆっくりと呼吸する
  • 口を大きく開けて、ゆっくりと話す

 

特に最初の「成功したことをめい一杯喜ぶ」はかなり重要

 

電話応対で、「出来ない」と落ち込むことの繰り返しより、「出来る」と自分で自己洗脳して、喜ぶことの繰り返しを行うことで、吃音の回復のスパイラルが生まれていきます。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング