言葉が詰まる,対処法,吃音症,治し方,不安

 

「吃音特有の言葉が詰まる話し方、果たして対処法はあるのか?」

吃音がある人のほとんどは、何か吃音を出さないために方法はないのか?とつい探してしまいますよね。

 

私自身も、吃音を出さないように、隠すためにはどうしたらいいのか?ずっと話し方の工夫などをして模索した時期もありました。

 

しかし結論から言っておくと、吃音を隠すための工夫はその場限りの対処法であり、さらに悩みを大きくしてしまいます。

 

隠すための工夫をしているのにいつもどもってしまう、どもってしまうと「どもること=悪いこと」、そしてまた隠すための工夫をしてしまう。

 

このような悪循環に陥ってしまい、あなたの吃音の症状を強めてしまうんですよね。

では、対処法や工夫がダメならどうしたらいいのか?

 

と言うことで今回は、「言葉が詰まるのを防ぐ対処法!吃音症の治し方は不安を取り除くことから!」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる・対処法】吃音症とは?症状、どれくらいの人がいる?

 

言葉が詰まる,対処法,吃音症,治し方,不安

 

言葉が詰まる吃音症とは一体なんなのでしょうか?

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「こんにちは」と言おうとしているのに、「こここここんにちは」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「こ」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「こんにちは」が「こここここんにちは」になるのを避けようとして、そもそも最初の「こ」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になるにつれて「難発」が圧倒的に多くなる傾向にあります。

 

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「こんにちは」が「こーーーーんにちは」となって出てきます。

吃音者の割合

 

100人の子供が生まれたら、そのうちの5人は吃音になり、5人のうち4人は自然回復し、1人は持続するという結果が出ていて成人の吃音者は100人に1人の症状と言われています。

 

とはいえ、この数字を見たあなたは「意外と吃音者っているんだな」と思ったのではないでしょうか?

そうです、あなただけではありません‼︎

 

あなたと私を含め、吃音に悩んでいる人は沢山います。

少しづつで良いので、この症状について理解していきましょうね。

 

 

参考:言葉が詰まる大人の方へ。どもるようになった原因、克服方法を徹底解説!

【言葉が詰まる・対処法】吃音症の治し方は不安を取り除くことから!

 

言葉が詰まる,対処法,吃音症,治し方,不安

 

言葉が詰まる吃音の対処法は一体どのようにすれば良いのでしょうか?

結論から言いますと、自分の状態をいつもキープし、不安を寄せ付けないこと。

 

自分の状態とは、つまりここで言う「自分の機嫌」ということ。

自分がいつも上機嫌であれば、自然とポジティブな考えになっていきますよね?

 

吃音を増やす要因として、日々のストレスや緊張からどもりやすくなったり、「どもったらどうしよう・・・」と言う予期不安から来るものがほとんど。

 

多くの吃音者がよくする対処法として、「あのーー」「えっとーー」などと言葉を入れながら話たり、言いやすい言葉に言い換えたりすることがあります。

 

確かにあなたの吃音が目立たなくなることで話すことに自信がつけば、このような対処法にも意味はあります。

しかし、必ずうまくいくとは限りませんよね?

 

このような対処をしていくうちに吃音を「隠すこと」が目的になってしまい、根本的な吃音改善には実は繋がっていないんですよね。

 

吃音は話し方による、発語トレーニングではなく、自分の中にある認識や意識などの根本から改善していかないと治らないもの。

 

その根本から治すためにするべき事が、「自分の機嫌をとること」に繋がっていきます。

毎日朝起きたら「いい言葉」を口ずさむでも良し、鏡を見て「いい笑顔」を作ってから出勤するのも良し。

 

このように、自分の機嫌を取れるようなセットアップを何かしらして出勤する事が、その日一日いい状態で入れる秘訣です。

 

私自身オススメするのが、朝起きたら「愛しています、ついてる、嬉しい、楽しい、感謝しています、幸せ、ありがとう、許します」を10セット連呼すること。

 

これは今でも毎朝欠かさずやっている習慣でもあります。

 

吃音とは、自分の内面から治していくものであり、発話による短期的な対処方では意味がないということを理解していただきたいです。

 

 

参考:言葉が詰まる人は発達障害?吃音の症状や原因、支援の対象まで徹底解説

まとめ

 

言葉が詰まる,対処法,吃音症,治し方,不安

 

今回は、「言葉が詰まるのを防ぐ対処法!吃音症の治し方は不安を取り除くことから!」についてお話ししていきました。

 

吃音を隠すたのの工夫や、対処は吃音が目立たなくなり、話す事に自信がつけば問題ない。

しかし、このような方法は必ずしもうまくいくとは限らず、多くの人はまた「吃音の悪循環」に陥ってしまう。

 

長期的な目線で吃音を改善したいのであれば、「自分の中身」から変える事が何よりも大切。

 

日々自分の機嫌をとる、毎朝起きたら「いい言葉」を沢山言ってから出勤するなど、自分の中にある吃音に対する認識をどんどんいい方向に捉えていく事が、吃音改善に一歩づつ近ずいていきます。

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら