電話,声,出ない,吃音,一言目が出ない

 

吃音がある人が、社会に出て最初にぶつかる大きな壁として電話応対が圧倒的に上げられ、自分もみんなと同じようにハキハキと応対しなければいけないとなると大きなプレッシャーになるもの。

実際に、私自身も吃音を生まれつき抱えており、電話応対にはすごく手を焼いたのですが、なんで自分はこんなにも電話応対が苦手なのか?という現状を疑い、それを突き止めて、苦手な電話応対を克服しました。

 

私自身も苦手な電話応対を経験し、さらに吃音持ちだったからこそわかるのですが、「電話応対が苦手・・・」と嘆いているだけでは何も変わりません。

 

吃音の人が苦手な電話応対を克服したいと「行動」しようとした人だけが電話応対を克服することができるのが紛れもない事実。

 

そのため、実際に苦手な電話応対を克服したいと検索してこの文章を目にしているというだけでも、吃音を改善していく上での大きな大きな一歩を踏み出していると言っても過言ではありません。(みんな、現状を嘆くことしかしないから。)

 

ということで今回は、吃音で一言目、第一声が出ない状態の原因と克服方法について徹底解説していきます。

 

【電話で声が出ない】吃音で一言目、第一声が出ない状態の原因は何?

 

電話,声,出ない,吃音,一言目が出ない

 

吃音の人が一言目、第一声が出ない原因はいくつかありますが、ここでは吃音を抱えている人の中でも多い、緊張からくるパターンについてお話します。

 

はじめに結論から言いますと

あなた自身が、緊張をする不安を作り出しているということ

 

というのも、吃音の人が電話応対で一言目、第一声が出ない状況は、主に不安が膨らんでいる時。

不安が起こる根底には、それを不安だと想うその人なりの過去のトラウマだったり経験から生まれています。

 

  • 人前で話す事は緊張するし難しい
  • 自分はいつもこの状況で言葉が出なくなる
  • 私はこの単語を言うのが苦手だ
  • 上手く話せないことは恥ずかしい
  • 言葉をつっかえることは恥ずかしい
  • 笑われたくない・・・

 

などなど、人それぞれ今までの経験から自分の考え方は構築されています。

 

言葉に詰まる人の心理とは。言葉が詰まるようになったのは病気?改善できる?でお話ししている通り、吃音を抱えている人は発話の「予期・不安」というものを反射的に起こしがちで、「どもったらどうしよう・・・」、「つっかえたら笑われちゃうかも」という余計な不安を予測し、その結果、一言目、第一声が出ないといった状態になってしまっているのです。

 

電話でどもるときには、「電話ではどもる」という自分の不安と、固定化された反応が起きていることがあります。

電話=吃音、電話=不安のように捉えてしまい、思考・感情・行動がパターン化してしまい吃音の悪循環に陥っているということ。

 

自分の頭の中をネガティブな考えで固めていると、本当にそのような結果になってしまい、最悪吃音の悪化に繋がってしまう。

まずは、吃音に対するネガティブな感情を完全に排除していくというあなたの行動が何よりも大切。

 

吃音改善のために、「どもるのは悪いこと」、「どもったらどうしよう・・・」という無駄な考えを忘れることが改善へのカギ。

吃音の悪循環について下記の記事で詳しくお話ししていますのでじっくりと読んでみて下さい。

 

参考:上手く話せないのはストレスが原因?

【電話で声が出ない】吃音の人が一言目、第一声が出ない状態を克服するには?

 

電話,声,出ない,吃音,一言目が出ない

 

では、どんなやり方で吃音の人が一言目、第一声が出ない状態を克服すればよいかというと、まずはどもらず話せるようにするやり方、または、自分の内面にある電話恐怖を取り除く心理的なアプローチなど、方法は様々ありますがいずれにしても、個人のケースに応じて用いていく必要がある。

 

テクニックを身につけることで楽に言えるようになる人もいますし、自身の不安が軽減することで言えるようになるなど、心理的なアプローチで克服できる人もいます。

楽に話せる発話を身につけるパターン

最初に言葉をつっかえず、どもらず話せる発話方法を習得して自分に自信を持ち、電話応対の苦手を克服するパターン。

この場合は、普段の日常生活からでも、どもらずに楽に話せる方法を自分の中で見いだすことができるので、電話応対に限らず、接客などにも応用できるのでおすすめ。

 

私自身も、最初はこの方法で普段から「あ!この言葉言いやすいかも!」と沢山の成功体験を積み、自信を付けて電話応対へ挑んでいました。

吃音がある人にとって「今日、この言葉言えた!」などという小さな成功体験を詰むことは非常に大切で、この積み重ねによって、吃音が徐々に改善されていきます。

 

吃音がある人が小さな成功体験を積むための、発話しやすい方法を下記で詳しく説明していますので、じっくり読んで実践してみてください。

 

参考1:ありがとうございますが言えないのを克服!吃音だった私の電話克服方法!

参考2:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

電話応対そのものの恐怖を取り除くパターン

こちらの方法は先ほどのパターンとは異なり、吃音そのものを克服するための根本的なアプローチ。

難易度は上がりますが、自分自身の吃音に対する考え方、身を置く環境を変えることで、電話応対への恐怖や不安を減らし、吃音の克服を目指せるようになります。

 

下記の記事で、吃音がある人がどのようにして環境を変え、考え方を変えていったのか、私自身の体験もお話ししていますのでじっくり読んでみてください。

 

参考1:「ありがとうございます」がうまく言えない、、噛む原因と改善法は?

参考2:吃音が“つらい”と思ったら見てください。

まとめ

 

電話,声,出ない,吃音,一言目が出ない

 

「電話応対が苦手・・・」と嘆いているだけでは何も変わらず、「行動」しようとした人だけが電話応対を克服することができる

特に電話応対において、吃音の症状をひどく作り出す原因は緊張であり、吃音がある人特有の発話の「予期不安」を取り除かなければいけない。

 

吃音に対するネガティブな感情を完全に排除していくというあなたの行動が何よりも大切で、小さな成功体験の積み重ねで徐々に吃音は改善されていく。

この記事で自分のあった方法で吃音改善、電話応対の苦手克服に励んでいただきたいです。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング