吃音,働けない,就職,できない,無職

 

今回は、『「吃音で働けない、就職できない」無職のあなたに後悔しない仕事選びを』について解説していきます。

 

「吃音で働けない、就職できない・・・どう頑張っても自信が持てないんです」

「吃音があっても安心して働くことができる仕事ってあるの?」

 

こんな疑問や悩みを抱えている方に、ぜひ読んで欲しいですね。

 

私の意見では、ズバリやりたいことをして好きな人生を歩むことが最優先。

 

というのも、「吃音だから働けない・・・」という考え方は非常にもったいないこと。

確かに、「やりたい仕事<安心」に重きを置いてもいいかもしれませんが、それではあなたの本来ある得意な部分だったり、隠れた才能が発揮されにくいわけですよね。

 

ということで『「吃音で働けない、就職できない」無職のあなたに後悔しない仕事選びを』についてお話を進めていきます。

【吃音で働けない】吃音がある人にとって仕事をすることに対するネックなところ

 

吃音,働けない,就職,できない,無職

 

冒頭でもお話しした通り、「吃音だから働けない・・・」という考え方は非常にもったいないこと

吃音がある人は大前提として、自分の吃音を指摘されることが苦手。

 

学生時代の時など、友人や先生に話し方を指摘されたり、からかわれたりして嫌な思いをした、親にゆっくり話しなさいと言われた・・・という嫌な思いの積み重ねから、「どもってはいけない」と日々感じてしまう。

 

このことから、自分の吃音を隠しながら就職活動をしなければいけないと必然的に思って行動してしまうんですよね。

それに合わせて、「吃音がある自分にとって働くことが難しい、働けない」と勝手な幻想を抱いてしまうのです。

 

この項目では、吃音者が働けない・・・と思う原因を3つに絞ってまとめてみたので、あなたにもこのような思いがないかチェックしてみてください。

就職活動・面接への恐怖感

 

アルバイトの面接とは違い、正社員の就職活動となれば、面接で高いコミュニケーション能力が問われます。

「自己紹介」「自己PR」「志望動機」「自分の長所、短所」などを事細かに相手方の面接官に話すのに加え、自分から面接官に質問する「逆質問」をすることも。

 

就活において面接は避けては通れないもの。

緊張やプレッシャーは大きなものですし、何を聞かれるかわからないために、憂鬱だと感じてしまう吃音者も多いかもしれません。

 

さらに、自分の吃音を面接時に出したくないというプレッシャーも面接時の緊張とともに加わるので、吃音がある人にとって面接はこの上ないほど嫌なものなのかもしれませんね。

 

 

参考:「吃音で就職活動が不安」面接は不利?就活面接必勝法を完全伝授しよう。

就職後の職場環境への不安

 

もし仮に、就職活動がうまく行き、面接も難なくクリアできたとしても、「吃音を隠したい・・・」と思っているのならば、就職後の職場環境や人間関係も気を遣わなければいけなくなります。

 

「いつ、ヘマをしてバレてしまうんだろう・・・」「バレた時にどう説明すれば納得してもらえるのか」「そもそも説明がめんどくさい・・・」

 

このように、いつ自分の吃音が指摘されるのかわからない環境に自ら身を置くことになってしまうので、吃音がある人にとって大変精神的にはきつくなってくるもの。

 

また、アルバイトならまだしも「正社員」となると、責任感を感じる人も多く、なんでも自分で解決しなくては・・・嫌な業務でも頑張ってやるしかない・・・という思いがさらに精神的な負担を増やしてしまうのです。

電話応対ができない・苦手

 

吃音がある人が、社会に出て最初にぶつかる大きな壁として電話応対が圧倒的に上げられ、いよいよこれから頑張ろうとやる気になっている矢先、職場の電話応対という大きな壁にぶち当たる人は少なくありません。

 

どこの職場でも電話応対にはある程度のマニュアルがあるもので、そのマニュアル通りスムーズに話せないことや、会社名でどうしてもどもってしまうなど、必ず言いにくい言葉に直面してしまうのです。

 

さらには、自分もみんなと同じようにハキハキと応対しなければいけないとなると大きなプレッシャーになったり、自分がどもって電話応対しているところを見られたくないという思いも生まれていきます。

 

電話応対が苦手なことから、会社に行きたくない、辞めたいと思ってしまう吃音者も沢山いるほど、吃音者にとって電話応対は大きな壁になっているんですよね。

 

 

参考:吃音の人の電話応対克服方法集めました。仕事の電話が怖い人の話し方のオキテ!

【吃音で働けない】吃音があってもチャレンジしやすい仕事おすすめ7選!

 

吃音,働けない,就職,できない,無職

 

一般事務

 

事務職の仕事内容は言ってしまえば「他の社員のサポート業務」。

仕事内容は主に、書類の作成・処理、パソコンを使ったデータ入力、電話対応、お客様の来店対応、その他庶務業務などを任されることが多いです。

 

一般事務のメリットとして、専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能。

さらに、吃音の人が苦手とされる電話応対については、電話応対が無い一般事務もありますので、非常にチャレンジしやすい仕事の一つと言えるでしょう。

工場

 

何を作っているのかによって特徴は異なりますが、工場のバイトは比較的軽作業が多いです。

ひとつのものを作るために流れ作業で行うことが多く、それをタイミングよく行うのかメイン。

 

工場でのバイトのメリットは、難しいことは少なく、単純な作業が行える、話す機会は滅多にない点。

特定のスキルが求められることも少なく、経験が無くてもバイトできることが、吃音者にとってもハードルが低くていいのではないでしょうか?

工場で働く人たちは同年代ばかりではないはずです。一緒に同じ仕事をしたり、教わったり、協力し合う中でいい社会勉強にもなるでしょう。

清掃

 

「清掃のアルバイト」といっても、掃除を担当する場所は様々。

ショッピングセンター、オフィス、コンビニなどの店舗、病院などの施設系、ハウスクリーニング、ホテル、空港の清掃を任されることが多い。

 

スピーディに作業を進める手際のよさや、清掃の終了予定時間から逆算して自分の作業ペースを変えていく対応力も必要。

配送業者

 

配達の仕事は簡単にいうと、「荷物を配達先へ届ける仕事」

一口に配送業と言っても業務の内容は食品や物の簡単な配送や、中型、大型トラックを用いて中距離、長距離を走るドライバーなど様々。

 

中型、大型トラックを用いた仕事に就きたいのであれば、あらかじめ免許の取得が必要不可欠。

お客様との簡単な会話があるものの、勤務中の大半は一人で運転していて、誰とも会話しなくて良いのが、吃音者にとって最大のメリットでは無いでしょうか?

WEBライター

 

WEBライターとは、簡単にいうと、「ネット上に文章を書く」という仕事。

WEBライターは就職・フリーランスの2種類があり、昔から文章を書くことが大好きだという方はうってつけ。

 

仕事の難易度はそこまで難しくないが、仕事量と報酬が見あわないケースがおおいため、途中でやめてしまう人もいるのが現実。

トレーダー

 

今の世の中、株式などの売買を行う個人のトレーダー(個人投資家)も増えています。

その中でも自宅でPCに向き合い、トレーダーとして生活を成り立たせている人も。

 

このように専業のトレーダーとして活躍している人は莫大な収入を得ている人もいますが、失敗すれば大きな損失を出してしまう可能性もあり、素人が簡単にできるものではありません。

やり始めるにあったては、しっかりと勉強してあらかじめ知識をつけておくことが必要。

プログラミング

 

スマートフォンやデジタルテレビなど私たちの生活のあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されている現代社会。そのコンピューターを動かすシステム開発をするのがプログラマーという職種。

 

しかし、誰でもなれるほど簡単な仕事ではなく、プログラミングの勉強を独学で勉強したり、または専門のスクールに行ったりなどして、トレーダーと同じくあらかじめ知識をつけておくことが必要。

 

今後さらにIT化が進む現代社会においては、プログラマーが不足しており、市場価値の高い職種と言えます。

 

 

参考:吃音の人向けバイト!おすすめ8選!

【吃音で働けない】無職のあなたに後悔しないための仕事選びを

 

吃音,働けない,就職,できない,無職

 

この項目では吃音を克服、または吃音を抱えたまま実社会で偉業をなし遂げたり、成功を掴み取った有名人を参考にあなたに後悔しない仕事選びについてアドバイスしていきます。

 

そうはいっても、有名人となるとかなり縁遠いトピックかと思いますが・・・・・・大丈夫です。

彼らも、何者かになる前はあなたと同じく吃音に散々悩まされていましたからね。

 

まず意外なところで言いますと女優のマリリン・モンロー、歌手のエド・シーラン、さらに「不思議の国のアリス」の作者であるルイス・キャロル、そして大天才と言われているアインシュタイン。

また、文学関係では井上ひさし、小島信夫、重松清などが吃音があると言われています。

 

昭和の大政治家である田中角栄も吃音を抱えていたひとりで、吃音を克服するために浪花節をやっていたとか。

あと、政治に近い分野ではイギリスのジョージ六世で、彼と吃音との葛藤は「英国王のスピーチ」として映画化されました。

 

さらに身近なところではフリーアナウンサーの小倉智明も吃音があり、毎日のようにテレビで話すことを仕事にしていますが、今でも家族と話す時には吃音が出るそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

「有名人を参考にしろっていったって、こっちは一般人だよ」と思うかもしれません。

 

しかし私が一番言いたいのが、これを見たあなたは今から何にでもなれるということ。

 

なんだっていいじゃないですか。吃音のせいで諦めかけていた俳優や芸人でもいいし、歌手だって、アナウンサーだって。

ずっと挑戦してみたかった、接客業のお仕事、アパレルの店員さんなど。

 

多くの吃音を抱えている有名人だって成功しているのだから、あなたにも無限の可能性があるんです。

一番いけないのが、自分なんか・・・と自信を無くすこと。

 

あなたが吃音と一緒に生まれ持ってある素晴らしい才能を生かして、素晴らしい人生を歩んでください。

 

 

参考:吃音の有名人、芸能人!日本・海外でどもりがある人、克服した人まとめ!

まとめ

 

吃音,働けない,就職,できない,無職

 

今回は、『「吃音で働けない、就職できない」無職のあなたに後悔しない仕事選びを』についてお話ししていきました。

吃音がある人にとって仕事をすることに対するネックなところは主に下記の3つ

 

  • 就職活動・面接への恐怖感
  • 就職後の職場環境への不安
  • 電話応対ができない・苦手

 

「やりたい仕事<安心」重きをおくことも大切ですが、どうせならあなたがやりたい仕事、チャレンジしてみたい仕事を思いっきりやりましょう。

 

この記事を見て、「なるほどすごい参考になった!」「おかげで勇気が出た」と思ってもらえたら嬉しく思います。

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら