電話,噛みまくり,緊張,自分の名前,噛む

 

電話応対は自分の会社のユーザーさんや、企業の方など様々な人と電話でやりとりしなければならない大切な業務。

 

それゆえ電話に出た社員の対応によって会社の印象が変わるため、 緊張して吃音がひどくなったり、逆に相手の電話の声がきちんと聞き取れず対応に困ったなどの経験から、電話応対が苦手という人も多いのではないでしょうか?

 

もし吃音のあなたが電話応対をしっかりとできるようになりたいと思っているのであれば、まず第一にすべきことは、なぜ自分はなぜ電話応対が苦手なのか、噛みまくりなのかを知ること。

 

だって、そうですよね。

どうやったらユーザーさんに、企業の方を前に緊張せずに応対できるか、その噛みまくりの原因はなんなのか、そのことを知らずして、戦略を立てたり、行動することはできないからです。

 

ということで、今回は電話で噛みまくり…緊張で自分の名前さえ噛む吃音!電話NGなあなたにとっておきの克服方法をお伝えします。

なぜ電話で噛みまくりになってしまうのか?緊張する原因は何?

 

電話,噛みまくり,緊張,自分の名前,噛む

 

まず、最初に理解しておかなければならないことは、なぜ自分はなぜ電話応対が苦手なのか、噛みまくりなのかを知ること。

 

というのも、冒頭でもお話しした通り、企業の方を前に緊張せずに応対できるか、その噛みまくりの原因はなんなのか、そのことを知らずして、戦略を立てたり、行動することはできないから。

 

これからお話しする緊張する原因を理解しておけば、今よりも吃音の症状が改善するでしょう。

誰が何と言おうと、私がそうでしたから。

どのような人と会話するのかわからない

電話応対は対面とのコミュニケーションと違い、受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからないため身構えてしまい、緊張を誘発してしまうケースが多い。

 

さらに、話しながらメモをとったり、返事を考えるための時間も限られているため、どもること以外にも様々なプレッシャーが吃音の人に降りかかってきます。

 

私自身もそうでしたが、電話越しの相手の声が、ドギツイ低い声の男の人だと怖くてたまらなかった記憶があります・・・笑

このような場合は、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備をしておくことで、ある程度の不安が取り除ける。

 

参考:電話で言葉が出ない、声が出ない吃音の不安や緊張を自分で取り除く方法!

どもったらどうしようという「予期不安」

吃音を抱えている人が、滑らかに話せない状態が続くと、話す前から「どもるかも・・・」と不安になりがち。

 

不安が生まれるもとには「どもってはいけない」という思いがあり、うまく話せなかった時に経験してきた周囲の否定的な反応によって、そうした思いを強めてしまう人が多いのが実情。

 

特に、職場での電話応対では、電話越しの相手にはもちろんですが、何と言っても周りの人に自分の吃音を聞かれたくない、知られたくないといった声も多い。

 

自分のどもった声を近くで聞かれてることによって、ますます話しにくくなってしまいますし、笑われるなどの否定的な反応が起きてしまう場合に吃音症状が悪化してしまうことをまずは理解しておきましょう。

 

参考:上手く話せないのはストレスが原因?

電話で噛みまくりな電話NGのあなたにとっておきの克服方法!

 

電話,噛みまくり,緊張,自分の名前,噛む

 

吃音の人が電話応対でうまくいかない、言葉がつっかえる、周りの反応が怖い、という思いを積み重ねてしまうと、事態はさらに深刻化していきます。

 

私の経験上もっとも効果的なのが環境や聞き手の反応を変えること。

 

自分の話し方を気にしているならば、カミングアウトしてみること、つまり自分から「吃音がある」と周りの人に伝えることが事態の悪化を防ぐ有効な手段。

 

「吃音を隠し通そう」とすればするほど、心の負担が増えてしまいがちです、吃音との付き合いが長くなりそうなら、自分で自分の吃音を説明できるようにしておくことが何よりも大切。

 

隠さないことで自ら吃音の悪循環を断ち切るということ

 

あなたを含め私も大人なので、自分なりの対処法はすでにあるはず。

例えば、最初の「あ」を言わずに「りがとうございます」とか、けれども、ずっとどもらずに話せるわけではありませんよね?

 

「いつ、どもるか」と不安な気持ちでいるより、吃音を周りに公表していくことも考えましょう。

聞く側の姿勢を変えるだけでなく、自分の不安を減らす大きな効果もありますから。

 

でも、案外それを周りに公表しても

「えっ?吃音だったんだ!そんな感じしないよ」、「そんなことで悩んでたんだ!大丈夫だよ!」と意外と周りは気にしていないんだなーって感じです。笑

 

吃音を打ち明けるのは死ぬほど勇気がいりますが、いざ打ち明けると

「自分が悩んでいるほど、周りは気づいていないし、気にしていない」

 

ということに気づくかもしれませんね!

まとめ

 

電話,噛みまくり,緊張,自分の名前,噛む

 

吃音のあなたが電話応対をしっかりとできるようになりたいと思っているのであれば、なぜ電話応対が苦手なのか、噛みまくりなのかを知ることから。

電話で噛みまくりの原因は主に下記の通り

 

  • どのような人と会話するのかわからない
  • どもったらどうしようという「予期不安

 

吃音の人が電話応対での不安や恐怖を乗り越え、事態の悪化を食い止めるには

カミングアウト一択!

 

自分が吃音を抱えていると公表することで自ら吃音の悪循環を断ち切ることができるようになる。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング