電話,どもる,原因,吃音,対策,

 

「おおおおお電話ありがとうございます・・・」「電話が鳴り、もし電話に出て口が回らず会社名が言えなかったらまわりの人になんて思われるだろう」

吃音を抱えている人の職場での困難に電話応対が筆頭に挙げられており、緊張でどもってしまう、周りの人の目を気にするとさらに緊張してしまい、電話に出られないといった経験をしている方は少なくないのでは?

 

中には、強い不安のため、赤面、震え、自律神経の興奮を抑える薬物療法を試みる方もいて、電話が苦手ということが電話恐怖にまで発展する人もいます。

そのため今回は、電話でどもってしまう大人の方へ、その原因と克服方法、根本的な電話対策を完全紹介していきますのでじっくりと読んでみてください。

 

電話応対のお話はどうしても耳が痛くなるかもしれませんが、あなたが吃音持ちだったとしても、そこから逆転することは可能ですので、決して諦める必要はありませんよ。

 

【電話でどもる】原因と克服方法は何か?

 

電話,どもる,原因,吃音,対策,

 

まずはじめに、吃音を抱えている人は電話応対に対する「予期不安」、いわゆる話す前に、うまく話せないと考え、そのために発語器官の筋肉が緊張し、話すことを躊躇するということが起きているということ。

吃音がある人は話す前に、「どもりたくない、どもってしまったらどうしよう、、、」と不安に思っている当事者が大半。

 

というのも、吃音がある人が話す前の不安は、「吃音・どこるのは悪いこと」という前提の中から生まれてくるためで、上手く話せなかった時に経験した、周囲の否定的な反応や、笑われたり、からかわれたりした経験によって、こうした思いを強めてしまうのです。

 

電話応対でどもってしまう吃音の方が抱える予期不安は下記の通り

 

電話応対でどもるかもしれないという予期

予期どおりに電話応対でどもってしまう

さらに強い予期を考える

さらにひどく電話応対でどもる

いっそう強い予期・・・・・

 

この悪循環が発展し、吃音者の予期不安はさらに強く固まっていき、ついには、話さなければならない場面に一切出られない状況まで吃音者を追い込んでいく場合がある。

電話応対の克服のカギは、このマイナスの考えをできるだけ排除していくよう、取り組んでいくことが何よりも必要。

【電話でどもる】吃音を抱える大人の電話対策を完全紹介!

 

電話,どもる,原因,吃音,対策,

 

まずはじめに「電話応対ができるようになりたい」と言っても、最初は文章の音読練習を行い、苦手な言葉と向き合う練習が必要。

 

そこで、音読の苦手感が少なくなってきたら、日常生活での言葉の言い換えをしない様にしておくこと。

つい、言えない言葉を言いやすい言葉に言い換える癖をつけてしまうと、本当に言い換えられない言葉で、不安感・恐怖心が増大するから。

 

言い換えられないのは、自分の名前であり、自己紹介ができないと、電話はできないということ。

電話は毎回の自己紹介といえますし、克服する一歩として自己紹介をできる様になると、自分の吃音も少しづづ客観的にみられる様になり、電話応対もスムーズにできる様になります。

 

電話での会話練習では、職場や家での電話をする場面を具体的にイメージし、あらかじめセリフを決めて行い、言い換えをしない様にしましょう。

電話の練習では呼吸を意識することが何よりも大切。

 

電話がなることを想定し

 

  1. ゆっくり息を深く吸う
  2. 受話器を取り、細かく息を吸う
  3. セリフを言う

 

受話器を取る際の動作はゆっくり行い、自分のペースで受話器を取りましょう。

 

「お電話ありがとうございます。株式会社〇〇です。担当の私□□□がお受けいたします」

「○○様でいらっしゃいますね。大変お世話になっております。」

 

 このように、具体的に場面を設定し、セリフを決めて何度も行ってみて、いくつかパターンを作って繰り返し行う事もどもりの治し方として効果的。

また、自分の吃音をカミングアウトして、会社に電話の回数を減らしてもらう、調子の悪い時だけ代わりに電話をお願いしてみると言ったことも手段のひとつ。

 

今回は根本的な克服方法をお話ししていますが、どうしてもいますぐ吃音の人が電話応対で困らないテクニックを知りたい方は下記の2記事をじっくり読んでみてください。

 

参考1:「電話応対で第一声が出ない、、、」どもる原因と克服のコツは?

参考2:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

まとめ

 

電話,どもる,原因,吃音,対策,

 

吃音を抱えている人は電話応対に対する「予期不安」マイナスの考えをできるだけ排除していくよう、取り組んでいくことが何よりも必要。

 

電話応対の根本的な克服方法は文章の音読練習を行い、苦手な言葉と向き合う練習が何よりも重要。

 

  • 自己紹介を徹底する。
  • 電話応対の具体的な場面を想定し、セリフを練習。

 

言い換えられない言葉を日々練習することで、自分の吃音を客観的に見れるはず、練習を重ねていき吃音を克服して大逆転しましょう。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング