滑舌,吃音,違い

 

「“滑舌が悪い”のと“吃音”の違いって何?」

 

私は「吃音」という言葉を初めて知った時にこのことについて疑問を持った記憶があります。

 

この記事を見ているあなたも、もしかしたら私と同じく、「吃音」という言葉を最近知ったのではないでしょうか?

 

結論から先に言いますと

 

「滑舌が悪い」と「吃音」は全くの別物であるということ

 

私自身、「吃音」という言葉を知ったのは、成人してからの21歳の頃だった気がします。

 

それ以前は?というと私は、自分自身のことを「なんで俺ってこんなに発音、滑舌が悪いんだ、、、」とか、周りの友人には「俺って昔から滑舌むちゃくちゃ悪いんだよねぇ」と言っていたくらいです。

 

その当時は「吃音」という「症状」だとは知らなかったので、治療したいとか治したいと1ミリも思いませんでしたし、そのことについて調べようとも思わなかったので、当然ながらそういった情報は入ってきませんでした。笑

 

今回は、「滑舌が悪い」と「吃音」の違いは何なのかについて焦点を当てたお話しをします。

 

この記事を見ていただいて、「滑舌が悪い」と「吃音」の違いをあなたにしっかりと理解していただきたいです。

 

 

【滑舌と吃音の違い】「滑舌が悪い」原因

 

滑舌,吃音,違い

 

「滑舌が悪い」というのは、声を発することは出来るが、言葉の発音が悪かったり、聞き取りづらかったりすること。

 

滑舌が悪くなる原因の多くは、その人の舌の使い方のクセに問題があるということ。

 

この舌のクセの原因で舌をコントロールすることができなくなってしまう。

 

そのため、舌のコントロールができず正常の発音動作を舌ができないため、発音が曖昧になり滑舌が悪くなってしまうのです。

 

ここで、滑舌が悪くなってしまう主な原因を紹介します。

 

舌のコントロールができない

 

これは舌のクセのせいです。舌のクセとは、舌に必要がない力が入ってしまい、スムーズに発音することができないこと。

そのため、コントロールが上手くできず発音が曖昧になってしまいます。

 

舌の筋肉の衰え

 

舌の筋肉は年齢とともに誰でも衰えていきますが、食事の噛む回数や話をする機会が少ないことが筋力低下の原因。

若い人でも軟らかい食べ物ばかり食べていると舌の筋肉は衰えてしまいます。

 

舌の耐久性が低い

 

舌の耐久性というのは連続して発音をし続けるための力のこと。一般的に私たちの日常生活では、発音を連続で行いながらコミュニケーションを取っていて、舌の耐久性が低いと、話しているうちに歪みが多くなってしまいます。

 

表情筋の衰え

 

 

滑舌に関係している顔の表情筋は、口の周りに10種類以上あり、これらの筋肉が発達していなかったり、硬直気味だと、クリアな発音をするために必要な口の動きができず、滑舌が悪くなります。

滑舌の悪い人は、積極的に喋ろうとしないため、表情筋が発達せず、さらに滑舌が悪くなる悪循環に陥ってしまう。

 

 

これらが、代表的な滑舌が悪くなる原因で、必ずしも1つだけが原因とは限らず、組み合わさっている場合もあります。

 

【滑舌と吃音の違い】「吃音」とは?

 

滑舌,吃音,違い

 

上記では「滑舌が悪い」ことについてお話ししましたが、次に「吃音」とはどういったものなのかを説明します。

 

吃音とは、「最初の言葉を繰り返す」症状のことで、言葉の繰り返し、引き伸ばし、出にくさなどがあり、滑らかに話せないこと

 

例えば、「うれしい」と言おうとしたけど「う」から「れ」までが滑らかに行かず、「う」でずっとつまずいた状態が生じる。

 

その結果、「うううううれしい」になるのです。

 

「吃音」には、主に「連発」、「伸発」、「難発」の3種類あり、どれも発音パターンが異なります。

 

「吃音」の詳しい説明についてはこちらの記事でお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

喋る時に言葉がつっかえてしまう。その正体とは?

 

まとめ

 

滑舌,吃音,違い

 

いかがでしたでしょうか?

 

「滑舌が悪い」と「吃音」の違いをしっかりと理解していただけましたか?

 

最後に簡単にまとめますと

 

●「滑舌が悪い」というのは、その人の舌の使い方のクセに問題があり、声を発することは出来るが、言葉の発音が悪かったり、聞き取りづらかったりすること

 

●「吃音」とは、言葉の繰り返し、引き伸ばし、出にくさなどの症状があり、滑らかに話せないこと

 

この2つの決定的な違いは、「滑舌が悪い」のはトレーニングで必ず改善できるということ。

 

ですが、「吃音」の場合は、発症の原因が未だに解明されていないため、治療法や改善案はあるものの、ピンポイントで「吃音を治す方法はこれだ!」というものがないのです。

 

また、「吃音」の人に滑舌改善のトレーニングを行なっても、全く効果はあらわれないということ

 

吃音に悩んでいるあなたにとって、吃音の治療法がピンポイントでないんだと落ち込むかもしれませんね。

 

しかし、落ち込む必要はありませんよ!まずは吃音とまっすぐ向き合うことが大切。

 

これから私と一緒に、吃音についてゆっくり知っていきましょう。

 

ここからが、あなたと私のスタートラインです!

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 


どもり(吃音)ランキング