言葉が詰まる,精神病,発達障害,吃音症,どもり

 

「こここここんにちは・・・」「言葉が詰まる・・・俺って精神病なのか?」

このように昔から言葉が詰まって流暢に話せない人は意外かもしれませんが少なくありません。

 

また、自分の話し方は周りと比べて「なんか変だな」と感じ、精神病や病気と疑ってしまいたくなってしまうもの。

 

結論からお話ししますと、あなたは「吃音症」の可能性が非常に高いです。

 

ただ、これだけは言っておきますが吃音症は「病気」や「発達障害」などのくくりに入ってますが、「話し方の個性」と捉えることが何よりも大切。

 

というのも、吃音を「病気」や「発達障害」などとマイナスに捉えがちですが、そうすることによって改善が遠ざかってしまうから。

 

ということで今回は、「言葉が詰まるのは精神病?発達障害?吃音症、どもりとは何なのか知ろう!」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる・精神病】吃音症、どもりとは何なのか先ずは知ってみよう!

 

 

言葉が詰まる吃音症とは一体なんなのでしょうか?

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「こんにちは」と言おうとしているのに、「こここここんにちは」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「こ」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「こんにちは」が「こここここんにちは」になるのを避けようとして、そもそも最初の「こ」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になるにつれて「難発」が圧倒的に多くなる傾向にあります。

 

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「こんにちは」が「こーーーーんにちは」となって出てきます。

吃音者の割合

 

100人の子供が生まれたら、そのうちの5人は吃音になり、5人のうち4人は自然回復し、1人は持続するという結果が出ていて成人の吃音者は100人に1人の症状と言われています。

 

とはいえ、この数字を見たあなたは「意外と吃音者っているんだな」と思ったのではないでしょうか?

そうです、あなただけではありません‼︎

 

あなたと私を含め、吃音に悩んでいる人は沢山います。

少しづつで良いので、この症状について理解していきましょうね。

吃音が出やすいシチュエーション

 

まず吃音の出る・出ないは、シチュエーションにきわめて強く影響されます。

 

必ずしも吃音者がみんな「人前で話すような緊張するシチュエーションだとどもる」というわけではありません。

 

どんなシチュエーションだとどもりが出やすいかは人によってバラバラですが、管理人の私の場合は「心から信頼している、家族、友達、先輩とリラックスして会話しているとき」に、どもりがとても出やすいです。

 

私のようなシチュエーションでどもりが出やすいという人は案外多いです。

吃音でない人からすると、ちょっと意外かもしれません。

 

 

参考:言葉が詰まる大人の方へ。どもるようになった原因、克服方法を徹底解説!

【言葉が詰まる・精神病】吃音症って精神病?発達障害なのか?

 

 

「言葉が詰まる吃音って精神病なの?発達障害?本当のところどうなの?」

結論、吃音症は病気、発達障害のくくりに入っています。

 

というのも、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうため、そこで「障害」や「病気」として捉えることがあるのです。

 

ですが、冒頭でお話しした通り、吃音をマイナスに捉えることによって、あなたの吃音は改善からどんどん遠ざかっていきます。

 

精神論的なお話しになってしまうのですが、吃音を「悪いもの」や「マイナスなもの」と受け止めてしまうと脳は本当に「吃音は悪だ」と認識して、さらにあなたの吃音を強めてしまうんですよね。

 

吃音は自分にとって「話し方の個性」であること、「決して悪いものではない」。

このように、今日から自分に言い聞かせてみてください。

 

吃音は話し方による、発語トレーニングではなく、自分の中にある認識や意識などの根本から改善していかないと治らないもの。

 

吃音であることをマイナスなことに置き換えないで、全てプラスに置き換えること。

これが吃音克服への近道であるということを、私の経験を元に断言できます。

 

 

参考:言葉が詰まる人は発達障害?吃音の症状や原因、支援の対象まで徹底解説

まとめ

 

 

今回は、「言葉が詰まるのは精神病?発達障害?吃音症、どもりとは何なのか知ろう!」をお話ししていきました。

 

吃音症は「病気」や「発達障害」などのくくりに入ってますが、「話し方の個性」と捉えることが重要。

また、吃音の人の割合は100人に1人の割合であり、自分だけ・・・と悩みを抱える心配はしないでいただきたいです。

 

本当の吃音治療とは、発語によりトレーニングではなく、自分の中にある認識や意識などの根本から改善していかないと治らないもの。

 

そのために、日頃から吃音に対する考えをプラスにしていかなければいけない。

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら