言葉が詰まる,病気,大人,どもり,吃音

 

「言葉が詰まる吃音って病気なの?」、「どもりの原因、改善方法って何?」

吃音を抱えている人にとってこのように疑問を抱えている人も少なくないんじゃないでしょうか?

 

まずはじめにお話ししておきますと、吃音は病気ではなく、話し方のクセ、個性のひとつ。

しかし、法律的、医学的には、一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうことがあるので、そこで病気や障害として捉えられることもあります。

 

また、吃音があっても特別な支援が必要でない状態の人がほとんど。

だからこそはっきり言っておきたいのがあなたは話し方にクセがあるだけだということ。

 

このような話し方のクセである吃音は、他力本願では治りませんので、吃音を改善したいのであれば、自分に期待するしかないわけです。

 

したがって今回は、大人のどもり、吃音の症状と原因、改善方法はあるのかについてお話ししていきますのでじっくりと読んでみてください。

【言葉が詰まる病気】大人のどもり、吃音の症状と原因とは?

 

言葉が詰まる,病気,大人,どもり,吃音

 

冒頭では、吃音って病気なのかについてお話ししましたが、次に「吃音」とはどういったものなのかを説明。

吃音とは、「最初の言葉を繰り返す」症状のことで、言葉の繰り返し、引き伸ばし、出にくさなどがあり、滑らかに話せないこと

 

例えば、「うれしい」と言おうとしたけど「う」から「れ」までが滑らかに行かず、「う」でずっとつまずいた状態が生じる。

その結果、「うううううれしい」になる。

 

吃音」には、下記のように「連発」、「伸発」、「難発」の3種類あり、どれも発音パターンが異なります。

「連発」

同じ音をくり返す「連発」

言葉をくり返すタイミングが早すぎて、最初の第一声でつっかえてしまう

 

例)「ああああありがとう」

「伸発」

最初の音を引き伸ばしてしまう「伸発」

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の音が引き伸ばされる。

 

例)「あーーーーりがとう」

「難発」

なかなか言葉が出てこない「難発」

タイミングが取れずに言葉が出でこなかったり、一生懸命に言葉を合わせようとすると、喉に力が入り、最初の第一声だけ大きくなったりする。

 

例)「・・・・ありがとう」

 

吃音は話初めのタイミングが合わなくなるために生じ、言葉の最初の繰り返しの「連発」や引き伸ばしの「伸発」から始まり、それが続くうちに最初の一言目が出にくくなる「難発」になったりも。

 

また、吃音を発症する原因として様々な情報や一説が飛び交っていますが、発症する7割は本人の体質によるものと考えられており、残りの3割は、言葉の急速な発達を促す環境などが影響している可能性がありますが、具体的なことは未だに不明解。

【言葉が詰まる病気】どもり、吃音の改善方法を徹底解説

 

言葉が詰まる,病気,大人,どもり,吃音

 

それでは、言葉が詰まる大人のどもり、吃音の改善方法についてお話ししていきます。

大人のどもり、吃音の治し方は、下記のように3方向にアプローチをして吃音の改善を目指す。

自分の吃音の症状を知る

出現している症状の種類、程度、吃音の症状が出やすい場面、など発話の特徴を知り、それらに対してどもりにくい話し方などを実践していくというやり方。

また、病院で治療で治療を行う場合、その病院の言語聴覚士さんにしたがって言語療法を用いて訓練を行う。

 

参考:どもらない話し方はある?どもらないコツ、吃音を出にくくする話し方を紹介!

周りの環境を変える

職場や学校など、今自分がどういった環境に身を置いているか?あなたのコミュニケーション環境がどのようなものかを知り、よりコミュニケーションを取りやすい環境になるようにしていく方法。

 

例えば、重度の吃音に悩んでいても、職場でどもりへの理解をしていれば仕事をこなすことができます。

このように、吃音に対して否定的な反応を起こす環境に身を置かないことが大切。

 

私自身は職場でカミングアウトして、吃音の症状を改善しました。詳しいことは下記の記事でお話ししていますのでじっくり読んでみてください。

 

参考:吃音が“つらい”と思ったら見てください。

自分の吃音を受け入れる

どもりをあなたがどのように考えているかについて知り、否定的な考え方、マイナスの感情などを改善していき、内側から吃音を改善していくというもの。

 

吃音を抱えている人にとって、マイナス思考は何よりも最悪。

このマイナス思考から治していかないと、吃音改善には至らないということ。

 

大人のどもりの治し方は、このように3方向にアプローチして改善していくことが必要不可欠。

まとめ

 

言葉が詰まる,病気,大人,どもり,吃音

 

吃音には、「連発」、「伸発」、「難発」の3種類あり、発症する原因は、7割は本人の体質によるものと、残りの3割は、言葉の急速な発達を促す環境などが影響している可能性があるが、具体的なことは未だに不明解。

 

吃音の改善には下記のように3方向からのアプローチが必要

 

  • 自分の吃音の症状を知ること
  • 周りの環境を変えること
  • 自分の吃音を受け止めること

 

何度も言いますが、吃音は病気ではなくて、あくまで話し方のクセであり、その人の個性であるので、深く考えないで改善に向けた行動に集中すべき。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング