電話,噛む,病気,言葉,理由

 

「電話でよく噛むんだけどこれってなんかの病気なのかな・・・」「電話応対で噛むのを意識してすごく緊張してしまう・・・」

誰しも電話応対で噛んでしまうのはごくごく当たり前のことではあります。

 

しかし、電話応対の他に昔からよく噛む、言葉に詰まることが頻繁にあるようでしたら、それは何か原因があるかもしれません。

 

この記事を見ることで、電話でよく噛む、言葉を噛む理由を知ることができ、さらに苦手な電話応対を克服することができます。

 

結論から言うと、電話でよく噛んでしまう原因は「吃音症」の可能性があります。

「どうせ何やったって無駄だよ・・・」と発話に自信が持てない経験から、落ち込みや焦りも出て来る気持ちも大変理解できます。

 

ただ、ウジウジそんなことを考えていては事態は酷くなっていくだけ、行動することに意味があります。

 

と言うことで今回は、「電話でよく噛むのって病気?言葉を噛む理由は吃音かも!電話克服方法を伝授!」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

電話でよく噛むのって病気?言葉を噛む理由は一体何?

 

 

電話,噛む,病気,言葉,理由

 

「電話でよく噛むのって病気なのか?」

多くの人の場合思った言葉、思いついた言葉はすぐに声となって直ぐに発せられるもの。

 

ですが、中にはその言葉を思い通りのタイミングで発せられない、言葉が詰まったりつっかえたりする、といった悩みを抱えている人がいます。

 

もしこれを見ているあなたもこのような悩みに悩まされているのであればそれは吃音症かもしれません。

 

そもそも、「吃音と噛むの違い。発達障害なの?どもりの原因と症状が丸わかり!」でお話ししていますが、吃音が出るメカニズムと言葉を噛んでしまうメカニズムは全く違います。

 

吃音は、話初めのタイミング、つまり発話における最初の音のタイミングが合わないため「おおおおはよう」などど言葉をつっかえてしまいます。

 

それに対し、言葉を噛むというのは、発話のタイミングがあっているが、舌や口を動かす筋肉の一時的な運動ミスにより起こるものなんですよね。

 

もしあなたがこの記事で「吃音症」という言葉を初めて知ったとするならばとてもラッキーなこと。

 

それでは、この「吃音症」とは一体何なのか下記で詳しくお話ししていくので、自分の症状と照らし合わせてチェックしてみてください。

 

自身の吃音の状態を知ることから、吃音克服への道はスタートします!

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の最初の言葉を繰り返す症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「うれしい」が「うううううれしい」になるのを避けようとして、そもそも最初の「う」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

 

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」となって出てきます。

吃音の特徴

 

次に吃音の主な特徴について紹介していきます。

吃音の主な特徴は下記の通り

 

  • 言いたいタイミングで言葉が発しづらい
  • 言いにくい言葉と言いやすい言葉がある
  • 吃音の調子の波がある
  • 歌う時はどもらない人が多い
  • 注意されたり、プレッシャーがかかる場面になるとどもりやすくなる。
  • 大人になるにつれて、タイミングを合わせることができ、吃音は軽減していく傾向がある

 

いつもどもっているのではなく、周りの環境に左右されたり、誰かと一緒に文章を読んだり、メトロノームに合わせて文章を朗読したりすると症状が出ないことも多いのです。

 

 

 

参考:吃音治療!大人からでも治った僕の克服方法を完全伝授したいと思う。

電話応対でよく噛む吃音の人向け!緊張を取り除く電話克服方法を伝授!

 

電話,噛む,病気,言葉,理由

 

電話でよく噛む吃音の人は、電話応対への不安や恐怖、すなわちあなたの吃音を強化させるマイナスな要因を排除することが、電話恐怖症を克服するための大事な手段。

 

電話で会社名が言えない、電話の出だしでどもってしまう・・・あなたは言葉を発する前に「もしかしたら噛んでしまうのでは」と思ってしまうのでは?

 

このような発話前の思い込みを、発話の「予期不安」と呼ばれており、吃音がある人は発話前の強い思い込みと、発話後の落ち込みによって吃音が強化されると言われております。

 

まず大前提に、あなたが電話応対を攻略する上で大事なことは、あなたの発話前と発話後の心の状態をコントロールすること。

 

これをなおざりにしてしまっては、吃音克服への道は開くことができないと言っても過言ではありません。

あなたの吃音を強化させてしまうマイナスな要因を減らしつつ、プラスな要因を増やしていくことで吃音の緩和へと繋がっていくのです。

 

それでは、以上のことを踏まえた上で、緊張を取り除く電話克服方法を下記で徹底解説していきます。

姿勢を正し、ゆっくりと呼吸する

 

まず、電話応対をするために、自分の背筋をしっかりと伸ばして言葉を発しやすい状態にするということ。

また、吃音がある人は呼吸が非常に浅い人が多く、そのためにさらに吃音が強化されがち。

 

背筋を伸ばしてみると同時に、深くゆっくりとした呼吸を意識してみることで、リラックスすることができ、電話応対前にいい状態で挑むことができるわけです。

 

 

参考:吃音は腹式呼吸で改善できる?呼吸が浅いとどもりやすい?練習方法を完全伝授!

口を大きく開けて、ゆっくりと話す

 

実際に自分の声を録音して聞いてみるとわかりますが、大体の吃音の方は早口で喋ってしまっているんですよね。

 

話す前に、一度話す内容を頭の中で整理する!その後で、ワンテンポおいてから話すようにすることを意識するとだんだんと早口は解消されていきます。

 

それでも早口になってしまうという場合は、口を大きく開けて話す、ボディーランゲージなど、自身の身体とリンクして話すことで自分の話し方のスピードもコントロール出来るはず。

 

「噛みそうだな…」と不安になる時はとりあえず、最初の出だしはゆっくりと話し始めることを意識していきましょう。

 

早口を改善するためには、とにかくゆっくりと話すイメージを持つことが何より大切。

また、吃音の人の早口対策は下記の記事で詳しくお話ししていますので、どうしても早口が治せないという方は、クリックして読んで見てください。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

背伸びした、強い自己洗脳をする

 

吃音がある人が克服の一歩として覚えて欲しい心構えが、苦手なこと、できないと思っていることを全部逆にして、「できる!」ということ。

 

肝心なのは口に出して「できる」と言うこと、そうすることで、脳は膨大なデータをグルグル使い出して、全力で言ったことを実現するようになります。

 

反対に、「できない」、「苦手」と言えば、脳の中の膨大なデータが「できない」とい言うことに、グルグル頭を使い出して、できないことを実現させてしまうのです。

 

「できない」、「苦手だ」と言うから苦手になるのであって、「できる」、「得意だ」と言えば本当に得意になると言うこと。

 

心の中でひっそり思っていてもダメ!なりたい自分、できる自分を、バンバン口に出して言っていくことが何よりも大切。

吃音を抱えている人にとって、このような自己洗脳はとっても大切で、結果的にこの「予期不安」を潰せるようになるのです。

 

 

参考:電話で会社名を噛む吃音の克服方法!緊張や苦手で名前までどもる大人の方へ。

まとめ

 

電話,噛む,病気,言葉,理由

 

今回は「電話でよく噛むのって病気?言葉を噛む理由は吃音かも!電話克服方法を伝授!」についてお話ししました。

 

まず、大前提として「吃音症」と「噛む」は発話のメカニズムが違います。

 

吃音のあなたが電話応対を攻略する上で大事なことは、あなたの発話前と発話後の心の状態をコントロールすること。

結局のところ、吃音は自身の内側から変えていかないと克服までたどり着けません。

 

この記事を見て「確かに日常生活で思い当たる節があるな!」「この電話克服方法すごくためになった!」と思ってもらえたらとても嬉しく思います。

 

まずは自分の吃音を知り、向き合うことからが吃音克服への第一歩!

一緒に克服に向かって歩いていきましょう。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング