言葉が詰まる,症状,吃音症,どんな感じ,チェック

 

「おおおおおはようございます」「言葉が詰まる感じがする・・・この症状って一体なんなの?」

私自身、物心ついた時からずっとこのように言葉の詰まるような話し方で悩んでいながらも、「自分は生まれつきなのかな?」と諦めていた部分がありました。

 

自分の話し方の症状の正体がわかったのが成人してから。

それは、「吃音症」というものでした。

 

吃音症というのは簡単に説明すると、「言葉が流暢に話せないこと」で、さらに掘り下げて症状などを調べてみた結果、全部自分に当てはまっていました。

 

そこで私は初めて「吃音症」という言葉を知り、「治したい」と思うようになったんですよね。

 

ということで今回は、「言葉が詰まる症状は吃音症なのか?吃音とはどんな感じなのかチェックしよう!」についてお話ししていきます。

 

あなたの話し方が当てはまっていないか、しっかりチェックしながら読んでみてください。

【言葉が詰まる・症状】吃音症とはどんな感じ?症状や原因はどこからきているの?

 

言葉が詰まる,症状,吃音症,どんな感じ,チェック

 

言葉が詰まる症状の吃音症とは一体なんなのでしょうか?

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「こんにちは」と言おうとしているのに、「こここここんにちは」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「こ」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「こんにちは」が「こここここんにちは」になるのを避けようとして、そもそも最初の「こ」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になるにつれて「難発」が圧倒的に多くなる傾向にあります。

 

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「こんにちは」が「こーーーーんにちは」となって出てきます。

吃音者の割合、男女比

 

100人の子供が生まれたら、そのうちの5人は吃音になり、5人のうち4人は自然回復し、1人は持続するという結果が出ていて成人の吃音者は100人に1人の症状と言われています。

 

また、成人の人の吃音の男女比での割合は、3対1で男性の方が多いと言われています。

 

吃音の原因

 

吃音には、小児期に他の原因となる疾患がなく起きる発達性吃音と、疾患や心的ストレスなどの原因で起こる獲得性吃音があります。

下記ではそれぞれの特徴をまとめてみました。

 発達性吃音

 

小児期にみられる吃音のほとんど、成人でも9割以上の吃音は発達性吃音です。

過去の私もこの発達性吃音に当てはまります。

 

発達性吃音は、幼少期の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長するにつれ自然治癒する人も多いと言われています。

その後に渡って症状が残る場合に考慮される原因として、遺伝的要因、発達的要因、環境要因などがあり、これら様々な要因が関わっていると考えられていますが、詳しいことはいまだに不解明。

 獲得性吃音

 

一方、獲得性吃音には主に2種類あります。

 

獲得性神経原性吃音】

→神経学的疾患や脳損傷などにより発症

 

獲得性心因性吃音】

→心的なストレスや外傷体験に続いて生じる

 

どちらも発症時期は主に青年以降(10代後半~)とされています。

 

吃音の原因として昔から様々なことが唱えられてきました。

例えば、「真似から始まる」、「左利きを右利きに矯正したから」、「母親のしつけの問題」などでしょうか。

 

しかし、今現在のところこういった考え方はその後の研究者の研究により否定されています。

 

ですので、自分の吃音の原因は親のせいだ、昔自分が変な話し方を習得したからだ、というマイナスなことを抱えるのは今日でオサラバするべき。

 

吃音の発症は多くは突然来るもので、発症直前の出来事や周りの環境と関連づけて罪悪感を抱きがちですが、そんなものは所詮後付けのもの。

 

後付けのきっかけ探しには何の意味もありませんしね。

 

 

参考:言葉が詰まる大人の方へ。どもるようになった原因、克服方法を徹底解説!

【言葉が詰まる・症状】吃音症の改善、克服方法はある?

 

言葉が詰まる,症状,吃音症,どんな感じ,チェック

 

言葉が詰まる症状の吃音はどうやったら改善、克服できるのでしょうか?

結論からいうと、「自分が幸せ、いい状態」でいること。これだけ。

 

吃音は意図して起きるものではありませんし、スラスラ話したくてもなかなかうまくいかないもの。

あなたが話していて吃音が出てしまった時に、あなたの話し方を真似したり、笑ったり、バカにしたりする人は周りにいませんか?

 

このように吃音者にとってマイナスの反応が起きてしまうと、吃音の症状が強化されてしまい、あなたの悩みも深くなることでしょう。

 

しかしぶっちゃけ言いますと、周り、相手はいくら自分が「変われ!」と言ったところで変われないんですよね。

この世でなんとかなるのは「自分のこと」だけ。

 

自分だけ、「幸せでいる状態、気分がいい状態」を作り出していくことが超重要。

 

「なんであいつら、俺の話し方をいつも影でバカにするんだろ・・・バカにすんなよ」

このように、相手を変えようとした時に苦しみが生まれるんです。

 

自分が「俺はいつも機嫌よく元気いっぱいで生きよう!」と信念を持って自分を変えていくと、周りも不思議と変わっていくもの。

 

「自分が変わり始めると相手が変わり始める」ということを知っていただきたいです。

 

いつも自分が機嫌よくしていると、自分の心の状態がとてもよくなりいい方向へ進んでいきます。

いい方向に進んでいくと、周りの反応や、物事の受け止め方がすごくポジティブになり、脳がさらにいい方向に進んでいきます。

 

いい状態に自分を整えると吃音も次第に弱まっていき、克服するための状態も作れるわけなんですよね。

 

 

参考:言葉が詰まる…緊張や不安で会話の時に吃音を強めてしまう大人の克服方法

まとめ

 

言葉が詰まる,症状,吃音症,どんな感じ,チェック

 

今回は、「言葉が詰まる症状は吃音症なのか?吃音とはどんな感じなのかチェックしよう!」についてお話ししました。

 

吃音症とは、流暢に話せない症状のことでありの主な症状の種類は下記の通り。

 

  • 連発(こここここんにちは)
  • 難発(っっ・・・・・こ・・っ・・・んにちは)
  • 伸発(こーーーーーんにちは)

 

吃音の改善、克服方法は、「自分が幸せ、いい状態」でいることが何よりも大切。

このような状態でいることにより、悪いこともポジティブに捉えることができ、吃音の症状の緩和にも繋がっていく。

 

あなたは、日頃からポジティブに生活できているでしょうか?

是非、今からでも遅くないのでポジティブに生活してみてください。

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら