吃音,面接,落される,カミングアウト,履歴書

 

今回は「吃音だと面接で落されるのか?就活の面接対策」について詳しくお話ししていきます。

 

「昔から吃音に悩まされているから、自分に自信が持てない

「吃音者の面接対策をしっかりして、行きたい企業に入社したい!

「就活で過去に嫌な思いをした・・・就活の面接に対して前向きになりたい!

 

もしもあなたがこんな疑問や問題を抱えているなら、この記事を最後まで読んでみてください。

なぜ面接で不安になってしまうのか”、”面接で成功を掴み取るにはどうしたら良いのか”を知ることができます。

 

とはいえ、吃音を出さずに面接に成功しても、吃音が辛くて続かなかったら意味がありません。

 

もしあなたが本気で「面接に成功したい!」と思っているのであれば、その先のことも考えて面接対策をする必要があります。

 

ということで今回は、「吃音だと面接で落されるのか。カミングアウトや履歴書には書かない方が正解?」についてお話ししていくので、じっくり読んでみてください。

【吃音だと面接で落される?】吃音者が抱える面接の不安

 

吃音,面接,落される,カミングアウト,履歴書

 

どもることで伝えたいことを言い切れるか

 

面接本番になると面接会場の独特の雰囲気などで緊張状態が高まるもの。

さらに、「どもってしまったらどうしよう」「自分の吃音をさらしたくない」という強い不安でさらに緊張し面接で吃音の症状を誘発してしまいます。

 

よく吃音がある人がやりがちなのが、「どもらないような話し方で面接を乗り切ろう」と、話す内容よりも話し方に気を取られてしまう傾向があります。

 

せっかく伝えたい想いがあるのに、「どもらないような話し方で面接を乗り切ろう」という考え方は非常にもったいないこと。

面接官から吃音について突っ込まれるか心配

 

面接の最中に「もうちょっと落ち着いて話してみようか」「緊張しているの?緊張しなくて良いよ」と面接官に吃音への理解がないために心がないことを言われ、緊張や不安が増えてどもってしまいます。

 

さらに、吃音について指摘され、何を話していいかわからなくなり脳内でパニックになることも・・・。

自分自身が否定されたような気がして面接が憂鬱になってしまう人も多いでしょう。

面接で落ちたら、吃音が原因と思ってしまう

 

上記のような吃音に理解のない言葉や、想いが伝わらないといったやり取りをいていると、自分が面接に落ちているのは吃音だからだと、そのことばかりに捕らわれがちに。

 

このように吃音に気が取られてしまい本来しなければいけない面接の対策までおろそかになってしまうことも・・・

 

さらには、面接中に自分自身まで否定されているかと思いどんどん自信がなくなり、面接に行きたくなくなってしまう人も少なくありません。

 

 

 

参考:面接で緊張してどもる吃音の人が失敗を防ぎ内定をもらうための2つの対処法!

【吃音だと面接で落される?】吃音があるかないか、で企業はあなたを見ていない

 

吃音,面接,落される,カミングアウト,履歴書

 

はたして吃音があるからといって面接で落とされるのでしょうか?

・・・・答えは「NO」

 

多くの面接官が求めているのは「この人と一緒に働きたい」と思える人。

では、「一緒に働きたい人」と聞いて、あなたはどんな人をイメージしますか。

 

素直な人、明るい表情の人、仕事に熱意がある人、意思疎通が取りやすい人など様々な意見が飛び交う中で、多くの方が共通して想像するのは「ポジティブな雰囲気を持っている人」ということではないでしょうか。

 

結局、面接では詰まったり、どもってしまうのは問題ではありません。

面接では熱意と誠実さをアピールすることが何よりも大切。

 

自分がどうしてこの会社に入りたいのか、しっかりとを仕事への熱意をお話しすれば吃音でも面接で落とされることはありません。

自分に自信を持っていて、ポジティブな雰囲気を持ち合わせていれば、面接でどもってしまっても問題ないでしょう。

 

こうして、面接官は自分や会社にポジティブな雰囲気を持ってきてくれそうな人物に惹かれ、「内定通知」を出すのです。
 
 
 
 
 

【吃音だと面接で落される?】面接対策=カミングアウト!

 

吃音,面接,落される,カミングアウト,履歴書

 

「吃音だと面接で落とされてしまう・・・」そう不安になって様々な対策を考えることでしょう。

 

  • 想定質問は完璧に仕上げておく
  • 一言一句ゆっくり話すことを心がける
  • 実戦経験を積み重ねる
  • 時間に余裕を持って面接会場に行く
  • どもりにくい言葉をチョイスして面接に挑む

 

どれも正解ですし、面接当日までに不安材料を極力カットする作業はとても大事なことですよね。

 

ですが、はたして本当にこれだけのその場限りの面接対策で十分なのでしょうか?

仮に採用され入社しても、吃音の悩みは消えませんし、上司や同僚に打ち明けるのはなかなか難しいでしょう。

 

吃音がある人の面接対策でもっとも大切なことがカミングアウトすること。

つまり、自分は生まれつき吃音症というものを抱えてながら生きていますと、初めから面接官に公表しておくこと。

 

大体の人は、「吃音症」という言葉すら知らない人が多く、「こんな症状があるんだな」程度で話を聞いてくれると同時に、「この人の欠点はこれか」と判断することでしょう。

しかし、自分の欠点を打ち明けたままでは、面接がうまくいくことはありませんし、マイナスにみられがち。

 

自分のマイナスポイントをさらけ出した後が、吃音がある人にとって面接の本番みたいなもの。

イメージできますか、吃音をさらけ出した後、どう逆転するのか?

 

・・・今まで生きてきて、吃音から学んだことを素直に伝えるだけなんですよね。

 

就活の面接のみならず、バイトの面接においても、自分の欠点を素直に話すことができる人なんてほとんどいませんし、ここで他の人と大きな差をつけることが出来、印象に残りやすくなります。

 

「吃音を抱えてきて、何を学びとることができたか?」

 

これをポジティブに話すだけなんですよね。

吃音から学んだことを素直に話し、自己開示を全力ですることによって、面接官からみた印象が、マイナスポイントからプラスポイントに一気に変わっていきます。

 

吃音があってどもりながらも、頑張って話すあなたの姿を逆に面接官が評価してくれることも大いにありますし、話し方を気にして言いたいことを言わないより、どもりながらでもしっかりと誠実に話すことを心がけて自分をアピールしていきましょう。

 

また、このような面接でカミングアウトできた経験から、日常でもカミングアウトしやすくなるでしょう。

 

面接でカミングアウトしたからといって、職場の人全員があなたが吃音持ちとは知りません。日常でもカミングアウトできる機会があればどんどんやっていきましょう。

 

きっとあなたにとってとても働きやすい環境になりますから。

まとめ

 

吃音,面接,落される,カミングアウト,履歴書

 

今回は「吃音だと面接で落されるのか?就活の面接対策」についてお話ししていきました。

吃音のあなたが本気で「面接に成功したい!」と思っているのであれば、その先のことも考えて面接対策をする必要があります。

 

面接官は基本的に自分や会社にポジティブな雰囲気を持ってきてくれそうな人物に惹かれ、「内定通知」を出す。
 
 

吃音がある人の面接対策=カミングアウトすること

「吃音を抱えてきて、何を学びとることができたか?」

 

これをポジティブに話すだけで、マイナスポイントから、プラスへ一気に逆転していきます。

 

この記事を見て、「なるほど!それならばカミングアウトしてみようかな!」「面接に対してすごく前向きになれた!」と思っていただいたらとても嬉しく思います。

 

 

 

参考:吃音症の治し方進化論!大人は病院で治療するのが正解?ストレスと関係ある?

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら