吃音,発達,障害,言葉,症状

 

「吃音って発達障害に分類されるの?自分ってもしかして障害者なの?」

吃音を障害として捉えることにすごく抵抗がある人も少なくありません。

 

私自身も実際、上記の様な疑問を抱えていた時期がありましたし、「自分がまさか・・・絶対に認めたくない」と何度も自分に言い聞かせていましたからね。

 

結論から言えば、吃音があっても悩みはなく、特別な支援が必要でない状態であれば、障害や病気として捉える必要はありません。

逆に、障害と捉えることで、より適切な支援を公的に進めてもらえるというメリットもあるんです。

 

要するに、吃音は話し方の個性ですし、吃音とのうまい付き合い方を学べば、この様な悩みはきっぱり無くなります。

 

ということで今回は、吃音は発達障害との関係性は?言葉の症状や大人の治療法もチェック!について徹底解説していきますので、じっくり読んでみてください。

【吃音と発達障害】吃音の症状と大人の治療法をチェック!

 

吃音,発達,障害,言葉,症状

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「うれしい」と言おうとしているのに、「うううううれしい」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「う」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが吃音と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の最初の言葉を繰り返す症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「うれしい」が「うううううれしい」になるのを避けようとして、そもそも最初の「う」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」となって出てきます。

吃音の治療法は存在するのか?

 

吃音の治療法について正直にお話ししますと、ぶっちゃけダイレクトに治せる治療法は存在しません。

吃音を治すために、吃音の嬌正所、または病院などで様々な治療法が存在しますし、そこに行けば必ず何かしら勧められるでしょう。

 

呼吸法?発声方法?体質改善?果たしてどれで吃音は治せるのでしょうか?

・・・それは、自分の内面から変えていくしかありません。

 

難しい言い方をしますと、自分の潜在意識から変えていくこと。

そうすることで次第に吃音の状態も変わっていくのです。

 

下記の記事で、実際に私が行なった吃音の治療法を徹底解説していますのでじっくり読んでみてください。

 

 

 

参考:吃音症ってどんな感じ?原因や治し方は?世界一受けたい吃音授業!

【吃音と発達障害】吃音症って発達障害に分類されてしまうのか?吃音とのうまい付き合い方をあなたに伝授!

 

吃音,発達,障害,言葉,症状

 

発達障害者支援法の第2条に「この法律において『発達障害』とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠如多動性障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして法令で定めるもの」とあります。

 

このうち「法令で定めるもの」の一つとして発達言語障害があり、発達性言語障害の一つが吃音症であること。

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

 

吃音を障害として捉えることに抵抗があるひとは少なくないでしょうし、私自身もそう思っているひとりです。

 

冒頭でもお話しした通り、吃音を障害と捉えることで、より適切な支援を公的に進めてもらえるというメリットもあるということ。

というのも、先ほどお話しした発達障害者支援法に吃音もひとつの障害として分類されており、吃音が支援対象になるから。

 

発達障害支援法とは、脳機能の発達が関係していて幼少期から起きてくる障害を持つ人に対し、国や自治体が責任を持って適切な支援を行なっていくことを定めた法律。

 

自閉症やADHD、LDの診断には専門的な知識が必要ですが、吃音は周りの人が寛易に判断できますので、「うちの弟、もしかして吃音症かも」と思って受診やカウンセリングを受けた場合、まず間違いなく吃音症と診断されます。

 

医療機関で言語療法などを受ける前には診断書が必要で、診断書を出すことで、学校や職場などで特別な配慮を求めやすくなることも。

 

法律で支援対象とされている以上、吃音の悩みは、個人の問題ではなく、国や自治体が積極的に対策を進めていくことが望まれる。

 

まずは、自分の吃音が「恥ずかしい」などの悩みベースなのか、もしくは毎日の生活においての困難や活動の制限がかけられてしまっている「困難ベース」なのかをしっかりと見極めましょう。

 

もし「困難ベース」なのであれば、一度医療機関や自治体などで相談するのも1つの手段。

 

逆に、軽度の吃音の症状なら、「個性のひとつ」と考えて開き直ってしまった方が吉。

 

実は、「吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!」でお話ししていますが、あなたの様に吃音や発達障害を抱えたまま実社会で社会的成功をおさめた方や、歴史的偉人が沢山いるんです。

 

あなたも彼らみたいに、これから何らかの成功を収める可能性を秘めているはず。

「俺は、発達障害なのか・・・」と落ち込まないで、「俺は天才だ!」と開き直ってしまう、吃音を抱えているあなたにとって大切な考え方になります。

 

吃音があることをマイナスなことに置き換えないで、全てプラスに置き換えてしまう。

これこそ、吃音とのうまい付き合い方なのではないでしょうか?

 

吃音や発達障害を抱えたまま社会的成功をおさめた方や、歴史的偉人については下記の2記事でお話ししていますので、「この人が吃音だったの!」とびっくりするはず、よかったら見てみてください!

 

 

 

参考:吃音者は障害者手帳を持てる?メリット、デメリットを徹底解説!

まとめ

 

吃音,発達,障害,言葉,症状

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつ。

吃音があっても悩みはなく、特別な支援が必要でない状態であれば、障害や病気として捉える必要は全くない。

 

しかし法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることも。

 

吃音とのうまい付き合い方は、何事の自分のいい様に置き換えてしまうこと。全部です!全部!

 

自分の吃音に落ち目を感じていたのでは、今のまま。

それをプラスに変えることが出来たら、あなたは吃音克服の第一歩を踏み込むことが出来るのです。

 

 

 

 

参考:吃音は発達障害?大人の精神障害?どもりは障害者扱いされるのか徹底解説!

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング