吃音,知能,発達障害,IQ,どもり,

 

「吃音を抱えている人の知能って実際にどうなの?」、「吃音の人って発達障害なのか?」

吃音と言う言葉を知るようになってから、港でこのような話題がしばしば取り上げられていますが、吃音を抱えている人にとって、このような疑問は晴らしておきたいもの。

 

まず、最初にお話ししておきますと、

 

吃音を抱えている人の知性、知能は抜群に高いと言うこと。

 

ここで言う知性、知能は、学校教育で育成される学力とはまた違ったもので、いわゆるIQが高いとう見解。

実際のところ、過去の偉大な歴史上の偉人の中にも吃音を抱えていた人が多いというのも事実で、さらに吃音と併発して発達障害を持っていたということも・・・

 

そこで今回は、吃音を抱えている人と知能について、なぜ知能が高いと言えるのか、吃音の人と発達障害の関係性について徹底解説しますので、じっくりと読んで見てください。

 

なぜ吃音、どもりを抱えている人は知能が高いのか?

 

吃音,知能,発達障害,IQ,どもり,

 

まず吃音を発症する理由として、吃音の人は子供の頃の言葉の学習時期に頭の中で急激に増えていく言葉に、口がついてこられないために吃音が起こると言う研究結果が一説で出ています。

 

どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?」でお話ししている通り、吃音を抱えている人は頭の回転が速すぎるために、言葉を発する口が追いついて行かず、吃音が出てしまうということ。

 

脳内で「これを話そう!」と思った頭の中の情報と発話する身体の働きのタイミングがズレてしまうといったイメージ。

 

1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループMENSA(メンサ)で会員にアンケート調査を行ったところ、メンサの人々は、不安障害や発達障害、アレルギー、喘息、などの症状を抱える可能性が一般的なIQ値の人よりも高かったと言う結果が出たそう。

 

IQ値の高い人に何らかのリスクを指摘する研究は過去にもあり、この調査を行った研究者も「有名な天才たちに、高い割合で精神病理が発現するということは全く新しい概念ではない」と言われている。

 

それでは、吃音の人誰もが抱く疑問!吃音って発達障害なのか、について次の項目で詳しくお話ししていきます。

 

吃音、どもりって発達障害に分類されるのか?

 

吃音,知能,発達障害,IQ,どもり,

 

上の項目でMENSA(メンサ)の会員に発達障害などを抱えている人が多いとい話しましたが、それでは、吃音を持つ人は発達障害に分類されるのでしょうか?

 

結論から言いますと、吃音は発達障害に分類されます。

というのも、吃音は言葉がつっかえる、詰まるといった話し方のクセ、個性のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうから。

 

我々の日本国では、2005年より吃音が発達障害者支援法に含まれるようになり、「吃音者は障害者手帳を持てる?メリット、デメリットを徹底解説!」でお話ししていますが、精神障害者保健福祉手帳を希望すれば取得できるケースがあるも、吃音者に対する法整備があまり進んでいなく、吃音の社会的認知度向上が課題となっている。

 

逆に、軽度の吃音の症状なら、「個性のひとつ」と考えて開き直ってしまった方が吉。

 

また、冒頭でお話ししました通り、吃音や発達障害を抱えたまま実社会で社会的成功をおさめた方や、歴史的偉人が沢山いますし、あなたもこのようにこれから何らかの成功の可能性を秘めているはず。

 

「俺は、発達障害なのか・・・」と落ち込まないで、「俺は天才だ!」と開き直ってしまう、吃音を抱えているあなたにとって大切な考え方になります。

 

吃音や発達障害を抱えたまま社会的成功をおさめた方や、歴史的偉人については下記の2記事でお話ししていますので、「この人が吃音だったの!」とびっくりするはず、よかったら見てみてください!

 

参考1:吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!

参考2:ADHDと吃音の関係。大人の発達障害について。有名人は?治療法は?

 

まとめ

 

吃音,知能,発達障害,IQ,どもり,

 

吃音を抱えている人は個々で様々な悩みがありますが、一方で知性、知能が抜群に高いというのが大きな魅力の1つ。

吃音を抱えている人が知性、知能が抜群に高いと言える理由が下記の通り

 

  • ある研究結果で、吃音を抱えている人は頭の回転が速すぎるために、言葉を発する口が追いついて行かず、吃音が出てしまう、という報告が出ている。
  • メンサの人々は、不安障害や発達障害などの症状を抱える可能性が一般的なIQ値の人よりも高い

 

今回お話ししたことをあなたはどう捉えましたか?

 

何度もお話ししている通り、「吃音は発達障害なのか・・・」と落ち込まないで、「吃音を持っている俺は天才だ!」と開き直ってしまうことが何よりも大切。

 

この考え方で、あなたの人生が大きく変わるでしょう。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング