吃音は天才

 

吃音は別の言い方をすると「優秀者病」「天才病」と言われることがあります。

 

「本当に?天才なわけないでしょ、、、バカにしてない?」

 

と画面の向こうで思われているかもしれません。

 

しかし、実際過去に吃音で悩んでいて、天才と言われた歴史上の偉人たちや芸能人がいます。

 

では、なぜ吃音の人は優秀者、天才と評されているのか?

 

今回は、その理由や吃音者の性格や特徴を絡み合わせて解いていきます。

 

【吃音は天才】なぜ天才と目されているのか?

 

吃音は天才

 

吃音の人はスムーズに話せない、上手く会話が成り立たないなど、ニュースやメディアなどで取り上げられて、ある程度の理解はされているものの、まだまだ世間的には低い評価をされがちです。

 

また、吃音というものの存在・言葉自体を知らないという人もまだまだ多いと感じます。

 

しかし歴史上の偉人たちや芸能人の中には、実は吃音で悩んでいたという人が多いのです。

 

吃音×「HSP」

 

まず最初に、吃音者の10人中9人は「HSP」であることをお伝えします。

 

「HSP」とは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略で、英語をそのまま訳した通り、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう「高度な感覚処理感受性」と呼ばれる気質を持った人を指す言葉です。

 

この言葉はアメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン博士が考案したものです。

 

簡単に言いますと、周りの人よりも「敏感でとても感受性が強い」ということになります。

 

「HSP」の特徴、性向

 

さて、感受性の高い「HSP」の人はどんな特徴なのか下記にまとめました。

あなたに当てはまるか見てみましょう。

 

・他人の何気ない一言にいちいち傷ついたり、気にしてしまう。

・本当にどうでもいいことや「そこ悩むっ?」ってつっこまれる箇所で悩む。

・相手のことも思いすぎてか、誘いやお願い事を断れない。

・「ポタッ、ポタッ」っと水が垂れ落ちる音が気になって眠れない。

・人に過剰に優しすぎてしまう。

・一気に沢山の情報が来ると、頭が混乱して上手くまとめられない。

 

これらが「HSP」の特徴の一部であります。

 

私自身も実際、小さなことでクヨクヨしたり、悩んだりしてしまいます。

さらに、夜寝るときも些細な音が気にかかり寝付けないタイプで、不眠症に悩まされた時期もありました。

 

しかし、裏を返せば「HSP」とは

感受性が豊かなことから、周囲や人の気持ちも人一倍理解しやすい性格で、より深くとらえられる才能の持ち主なのです。

 

この記事を読んでいる人は、ほとんどの人が吃音で悩んでいる、さらに言えばそのほとんどがHSPという特性を持っているはずです。

 

しっかりと「HSP」の特徴を理解し、ぜひその素晴らしい才能を生かしてあなたらしい毎日を送って欲しいと願っています。

 

【吃音は天才】吃音を持った歴史上の偉人たちや芸能人とは?

 

吃音は天才

 

実は、私たちが知っているような人たちのなかにも、歴史上の偉人と呼ばれる方たちや芸能人で吃音の持ち主と言われている人は案外たくさんいます。

 

例えば以下のような方々です。

 

マリリン・モンロー

1950年代に大活躍されたアメリカのトップ女優です。

とても意外ですよね!彼女自身が、取材やインタビューで10代の頃の吃音経験について語っていたそうです。

 

ルイス・キャロル

「不思議の国のアリス」の作者で有名な方です。

 

アインシュタイン

「現代物理学の父」と称されるドイツ生まれの誰もが知る天才物理学者で、一般相対性理論をはじめとする様々な理論を提唱し、それまでの物理学を根底から覆しました。

 

ジョージ6世

彼はイギリスが第二次世界大戦に参加した時の国王ですが、その演説をめぐる物語は「英国王のスピーチ」として映画化されました。

 

田中角栄

昭和の大政治家で、吃音を克服するために浪花節をやっていたという話は有名です。

 

ナポレオン

フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した軍人・政治家で、フランス帝国の皇帝にも即位した人物です。

 

アリストテレス

古代ギリシアの哲学者で西洋最大の哲学者の一人。

多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」と称されます。

 

スキャットマン・ジョン

日本で90年代にプッチンプリンのCMで大ブレイクした歌手です。

吃音者団体との交流を深め彼らを支援するためのスキャットマン基金を設立。その功績から様々な賞を受賞しています。

 

また、もっと身近なところではフリーアナウンサーの【小倉智昭】さん。

彼は毎日のようにテレビに出演して淡々と喋っていますが、今でも家族と話す時に吃音が出るそうです。

 

まとめ

 

吃音は天才

 

どうでしたか?今回は吃音と「HSP」の関係性、歴史上の偉人たちや芸能人も過去に吃音で悩んでいたこと。

という記事をあなたのために書いてみました。

 

吃音で悩んでいる人は実は天才かも知れない!という事実を知った時「うそっ!本当に?自分って天才かも!」なんて思ったりもしました。笑

 

すごくポジティブになりませんか?笑

 

そうです、そのくらいポジティブでいいのです。吃音なんてぶっ飛ばしましょう!

 

この投稿であなたに少しでも勇気や希望を与えることができたらとても嬉しく思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 


どもり(吃音)ランキング