吃音,天才,天才病,優秀者病,HSP

 

吃音は別の言い方をすると「優秀者病」「天才病」と言われることがあります。

 

「本当に?天才なわけないでしょ、、、バカにしてない?」

と画面の向こうであなたは思われているかもしれませんね。

 

しかし、吃音と言うハンデを克服、または抱えたまま実社会で偉業をなし遂げたり、成功を掴み取った偉人や有名人がいることはご存知でしたか?

 

また、吃音者に生まれ持った「HSP(エイチエスピー)」という気質が関係されていると言われています。

 

「吃音であることに劣等感、引け目を感じている・・・」

「やりたいこと、挑戦したいことが吃音のせいでできない・・・」

 

こういった悩みをお持ちでしたら、この記事を読み終えた頃にはスッキリとなくなっていることでしょう。

 

ということで今回は、「吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【吃音は天才】吃音とは?発達障害に分類されるのか?

 

吃音,天才,天才病,優秀者病,HSP

 

吃音と天才との関係性をお話しする前に、吃音の種類や症状はどういったものなのか?

多くの非吃音者にとって、言葉は「思ったらすぐに出る」もの。

 

ですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

 

例えば「おはよう」と言いたいのに、「お・お・お・お・おはよう」と、言葉が詰まる感じ、連打する感じで出てきてしまう。

あるいは、そもそもタイミングよく最初の「お」が出なくて、そこで話すこと自体諦めてしまう・・・。

 

これを見ているあなたもそうではないのでしょうか?

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくることを「吃音症」と言い「どもり」と言われることもあります。

吃音の症状の種類

 

さてこの項目では、この吃音の詳しい症状についてお話ししていきます。

ここではわかりやすく、「ありがとう」という言葉の発声を例に説明していきます。

 

あなたに思い当たる節がないかじっくり読んでチェックしてみてくださいね。

連発

 

「あああああありがとう」

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」状態のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

 

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

パソコンで例えるならば、キーボードを叩くと叩いた以上に多くの文字を打ってしまっている「バグ」のような状態。

 

結果、上記のように最初の言葉を連打した言い方になってしまうのです。

難発

 

「っっっっっっ、・・・・・・あ(無音)」

 

「難発」は一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまう状態のこと。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

 

これもパソコンで例えるなら、キーボードを一度叩いただけで文字が勝手に沢山打ち出される「連発」に対し、「難発」はキーボードをいくら打っても画面に反映されない状態。

 

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の具体的な特徴。

伸発

 

「あーーーーーーりがとう」

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

 

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう状態。

 

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

以上、これら3つの型は、大抵の場合併発して起こります。

天才病の吃音と発達障害との関係性

 

発達障害者支援法の第2条に「この法律において『発達障害』とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠如多動性障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして法令で定めるもの」とあります。

 

このうち「法令で定めるもの」の一つとして発達言語障害があり、発達性言語障害の一つが吃音症であること。

 

吃音は話し方の「クセ」、「個性」のひとつですが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

 

吃音を障害として捉えることに抵抗があるひとは少なくないでしょうし、私自身もそう思っているひとりです。

 

ですが、吃音を障害と捉えることでより適切な支援を公的に進めてもらえるというメリットも。

というのも、先ほどお話しした発達障害者支援法に吃音もひとつの障害として分類されており、吃音が支援対象になるから。

 

発達障害支援法とは、脳機能の発達が関係していて幼少期から起きてくる障害を持つ人に対し、国や自治体が責任を持って適切な支援を行なっていくことを定めた法律。

 

自閉症やADHD、LDの診断には専門的な知識が必要ですが、吃音は周りの人が寛易に判断できますので、「うちの弟、もしかして吃音症かも」と思って受診やカウンセリングを受けた場合、まず間違いなく吃音症と診断されます。

 

医療機関で言語療法などを受ける前には診断書が必要で、診断書を出すことで、学校や職場などで特別な配慮を求めやすくなることも。

 

法律で支援対象とされている以上、吃音の悩みは、個人の問題ではなく、国や自治体が積極的に対策を進めていくことが望まれています。

 

まずは、自分の吃音が「恥ずかしい」などの悩みベースなのか、もしくは毎日の生活においての困難や活動の制限がかけられてしまっている「困難ベース」なのかをしっかりと見極めましょう。

 

もし「困難ベース」なのであれば、一度医療機関や自治体などで相談するのも1つの手段。

 

逆に、軽度の吃音の症状なら、「個性のひとつ」と考えて開き直ってしまった方がいいでしょう。

 

 

参考:どもる吃音とは。発達障害?原因と大人の治す克服方法を全て話そうと思う

【吃音は天才】吃音症はなぜ天才病、優秀者病と言われているのか?

 

吃音,天才,天才病,優秀者病,HSP

 

吃音がある人はなぜ天才病や優秀者病と評されているのでしょうか?

 

「人の言動に動揺しやすかったり、人の感情に自分の気持ちも左右されてしまったり、周囲の音、光、匂いなどが気になって仕方ない・・・」

もしかしてあなたは、このように常に周囲のことや反応に敏感になりすぎて、疲れ切っていませんか?

 

そして、そんな毎日を過ごしながら世の中を「生きにくい・・・」と感じているかもしれません。

 

職場や学校などの、組織に属するのが苦手で、自分を変えなければと悩んでいる方もいるでしょう。

ですが、それは「HSP(エイチエスピー)」という生まれ持った性質が関係しているのかもしれませんよ。

 

この項目では吃音とHSPとは何か?ついて深く掘り下げていくのでじっくり読んでみてください。

吃音×「HSP」

 

まず最初に、吃音者の10人中9人は「HSP(エイチエスピー)」であることをお伝えします。

 

「HSP」とは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略で、英語をそのまま訳した通り、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう「高度な感覚処理感受性」と呼ばれる気質を持った人を指す言葉。

 

この言葉はアメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン博士が考案したものです。

 

簡単に言いますと、周りの人よりも「敏感でとても感受性が強い」ということになります。

こうした気質を持つ方は職場や日々の生活の中で気疲れしやすく、生きづらいと感じている方が多いのです。

「HSP」の特徴、性向

 

さて、感受性の高い「HSP」の人はどんな特徴なのか下記にまとめました。

あなたに当てはまるか見てみましょう。

 

  • 他人の何気ない一言にいちいち傷ついたり、気にしてしまう。
  • 本当にどうでもいいことや「そこ悩むっ?」ってつっこまれる箇所で悩む。
  • 相手のことも思いすぎてか、誘いやお願い事を断れない。
  • 「ポタッ、ポタッ」っと水が垂れ落ちる音が気になって眠れない。
  • 人に過剰に優しすぎてしまう。
  • 一気に沢山の情報が来ると、頭が混乱して上手くまとめられない。
  • 人混みや大きな音が苦手
  • 人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたりする。
  • 人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる

 

これらが「HSP」の特徴の一部であります。

 

私自身も実際、小さなことでクヨクヨしたり、悩んだりしてしまいます。

さらに、夜寝るときも些細な音が気にかかり寝付けないタイプで、不眠症に悩まされた時期もありました。

 

下記の記事で、「HSP」のセルフチェックリストを記載してありますので、自分に当てはまるかぜひ試してみてください。

 

 

参考:どもる人の性格を解説!吃音を持っている人は優しい人?天才病?有名人は?

「HSP」は病気?

 

HSPという名前だけを聞くと何かの病気と思われがちですが、これは病名ではありません。

 

HSPの繊細さや敏感さは生まれ持った「気質」。

気質とは、その人が生まれながらに持っている感受性や気分の傾向などを指す心の特徴で、環境などに影響される性格と違って後天的に変えることはできません。

 

だからHSPの治療法はなく、自分がそれに順応していくしかないんですよね。

 

しかし、裏を返せば「HSP」とは

感受性が豊かなことから、周囲や人の気持ちも人一倍理解しやすい性格で、より深くとらえられる才能の持ち主なのです。

 

「HSP」の特性である高い感受性は、天才である人たちに共通して持っているものであり、天才と目されている偉人や有名人は、この「HSP」の特質を知らず知らずに上手く自分の中に落とし込んでいたことがわかります。

 

この記事を読んでいる人は、ほとんどの人が吃音で悩んでいる、さらに言えばそのほとんどがHSPという特性を持っているはずです。

 

しっかりと「HSP」の特徴を理解し、ぜひその素晴らしい才能を生かしてあなたらしい毎日を送って欲しいと願っています。

【吃音は天才】吃音を持った歴史上の偉人、有名人や芸能人とは?

 

吃音,天才,天才病,優秀者病,HSP

 

実は、歴史上の偉人、天才と呼ばれる方たちや芸能人で吃音の持ち主と言われている人は、私たちが知っているような人たちのなかにも案外たくさんいます。

 

吃音と言う天才病を克服、または抱えたまま実社会で偉業をなし遂げたり、成功を掴み取った有名人や芸能人を紹介していきます。

 

例えば以下のような方々。

 

マリリン・モンロー

1950年代に大活躍されたアメリカのトップ女優です。

とても意外ですよね!彼女自身が、取材やインタビューで10代の頃の吃音経験について語っていたそうです。

 

ルイス・キャロル

「不思議の国のアリス」の作者で有名な方です。

 

アインシュタイン

「現代物理学の父」と称されるドイツ生まれの誰もが知る天才物理学者で、一般相対性理論をはじめとする様々な理論を提唱し、それまでの物理学を根底から覆しました。

 

ジョージ6世

彼はイギリスが第二次世界大戦に参加した時の国王ですが、その演説をめぐる物語は「英国王のスピーチ」として映画化されました。

 

田中角栄

昭和の大政治家で、吃音を克服するために浪花節をやっていたという話は有名です。

 

ナポレオン

フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した軍人・政治家で、フランス帝国の皇帝にも即位した人物です。

 

アリストテレス

古代ギリシアの哲学者で西洋最大の哲学者の一人。

多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」と称されます。

 

スキャットマン・ジョン

日本で90年代にプッチンプリンのCMで大ブレイクした歌手です。

吃音者団体との交流を深め彼らを支援するためのスキャットマン基金を設立。その功績から様々な賞を受賞しています。

 

また、もっと身近なところではフリーアナウンサーの小倉智昭さん。

彼は毎日のようにテレビに出演して淡々と喋っていますが、今でも家族と話す時に吃音が出るそうです。

 

いかがでしたでしょうか?「有名人を参考にしろっていったって・・・」と思うかもしれません。

しかし私が一番言いたいのが、これを見たあなたは今から何にでもなれるということ。

 

この記事をみて、「それならば、これから何やってもうまくいきそうな気がするよ!」とあなたに思ってもらいたいのです。

 

なんだっていいじゃないですか。吃音のせいで諦めかけていた俳優や芸人でもいいし、歌手だって、アナウンサーだって。

ずっと挑戦してみたかった、接客業のお仕事、アパレルの店員さんなど。

 

はじめから成功している人なんて誰一人いません。

ものすごく苦しんで苦しんで、やっとのこと成功を納めることができ、その過去の苦労や経験があなたの魅力や味になるんですよね。

 

多くの吃音を抱えている有名人だって成功しているのだから、あなたにも無限の可能性があります。

自分なんか・・・と自信を無くすことはご法度。

 

「もしかしたら、俺って天才?」と自信満々にすることが何よりも大切。

だってあなたは、今回紹介した有名人と同じ吃音という優秀者病を持っているんですから。

 

あなたが吃音と一緒に生まれ持ってある素晴らしい才能を生かして、素晴らしい人生を歩んでください。

 

下記の記事では、吃音がある有名人、芸能人をまとめて紹介していますので、じっくり読んでみてください。

 

 

参考:吃音の有名人、芸能人!日本・海外でどもりがある人、克服した人まとめ!

まとめ

 

吃音は天才

 

今回は、「吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!」についてお話ししていきました。

 

吃音が天才と目される理由は下記の通り

 

  • 吃音がある人の9割はHSPという特性を持ち合わせていること
  • 吃音を抱えながら偉業を成し遂げた天才たちがたくさんいること

 

当時吃音で悩んでいる時に「実は天才かも知れない!」という事実を知った時には「うそっ!本当に?自分って天才かも!」なんて思ったりもしました。笑

 

すごくポジティブになりませんか?笑

 

そうです、そのくらいポジティブでいいのです。

 

この記事を読んでいただき「吃音であることに今まで引け目を感じていたが、自信が持てた!」「諦め掛けていた夢に挑戦してみようかな!」と思っていただけたらとても嬉しく思います。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 


どもり(吃音)ランキング