「吃音で仕事の電話で言葉が詰まる・・・不安でどうしようもない・・・」

吃音がある人なら、仕事でこのようなことを一度は思ったはす。

 

それもそれはず、吃音がある人が社会に出て初めに壁にぶち当たるのがこの「電話応対」なんですよね。

この電話応対が嫌すぎて、うつ病になったり、やむ終えずに退職してしまう人も多いほど。

 

人間の脳は、考えていることが本当に起きるように全力で働いています。

つまり、あなたが不安であればあるほど本当にそのようなことが起きるわけです。

 

では、どうすれば仕事の電話で、吃音による不安は解消できるのか?

 

ということで今回は「「言葉が詰まる…仕事の電話で吃音が出る」原因を知り不安を取り除こう!」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる・仕事】吃音の人が仕事の電話で抱えている不安や緊張の原因とは?

 

 

仕事で言葉が詰まる経験がない人は、電話応対は話し手が見えないから気楽なのでは?と思われがち。

しかし、吃音がある人にとって電話応対とは、周りが思っている以上に想像を超えるプレッシャーがかかっています。

 

この職場の電話応対という大きなプレッシャーの原因として下記に示した理由が大半を占めている。

厳しい電話マナー指導によるプレッシャー

 

電話応対は自分の会社のユーザーさんや、企業の方など様々な人と電話でやりとりしなければならない大切な業務。

それゆえに電話対応は会社を代表し受け答えすることを教え込まれ、日常会話での電話とは異なることを肌で感じ、緊張してしまいます。

 

うまく話さなければいけない、どもってしまったらどうしようという予期不安を持ってしまうのです。

周囲の否定的な反応が症状を増やす要因

 

自分の吃音が周りにバレてしまったら、言葉をつっかえてモゾモゾしている姿を後輩や同僚に見られたくないという人も少なくありません。

 

吃音の言葉のつっかえは、本人の意図して起きるわけではなく、しっかりと会社名や自分の名前を話したいと思っていてもなかなかうまくいかないもの。

 

周囲が話し方を注意・叱責する、笑う、急かすなどの否定的な反応をすればますます話しにくくなっていきます。

吃音がある人はまず、否定的な反応が吃音の症状に影響があることを十分に客観視して理解しておくことが大切。

 

 

参考:吃音で仕事が辛い…転職はあり?あなたが主人公になれる克服方法!

受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからない

 

一番苦手とされる要因が「受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからない」ですね。

 

というのも、電話応対は対面とのコミュニケーションと違い、受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからないため身構えてしまい、緊張を誘発してしまうケースが多いから。

 

さらに、話しながらメモをとったり、返事を考えるための時間も限られているため、どもること以外にも様々なプレッシャーが吃音の人に降りかかってきます。

私自身もそうでしたが、電話越しの相手の声が、ドギツイ低い声の男の人だと怖くてたまらなかった記憶があります・・・笑

 

このような場合は、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備をしておくことで、ある程度の不安が取り除ける。

【言葉が詰まる・仕事】不安を感じたら「大丈夫!大丈夫!」と言って打ち消そう

 

 

「仕事の電話で言葉が詰まる・・・吃音が出たらどうしよう、大丈夫かな?」

このように「大丈夫かな・・・」と思うことは人間の本能で、むしろそれは正常なこと。

 

人間は大なり小なり、用心深いし、心配性だから悪いことではなく、「大事なのはその後」!

「大丈夫かな?」と思ったら、すぐに「自分に悪いことは起きない。大丈夫!大丈夫!」と言って不安を打ち消すこと。

 

そしてその後に、笑顔満点で明るい言葉をたくさん使っていれば悪いことなんて起きません。

 

吃音のあなたが一番していけないことは何だかわかりますか?

・・・それは「心配しすぎること」

 

つまり「取り越し苦労」ってやつ。

 

いつまでも「大丈夫かな」「笑われないかな」「吃音が出たらどうしよう・・・」などと暗い顔をしていたら、本当によくないことを自分で引き寄せてしまいます。

 

みんなの前での電話応対、うまく話せるかドキドキです。でも「大丈夫!大丈夫!」

いつまでも不安な顔をしていたら職場の上司も「この仕事任せて大丈夫かな・・・」と心配になってしまいます。

 

ニコニコ笑顔で感じがよければ、「こいつなら任せられる」と思ってくれるはず。

人生は自分が主人公のドラマ。

 

幸せなドラマの主人公に、暗い顔も、暗いセリフも似合いません。

 

たとえ、そう思えなくてもいいんです。

心より言葉が先。腹の中で何を思っていても、言葉に出したらその通りになります。

まとめ

 

 

今回は、「「言葉が詰まる…仕事の電話で吃音が出る」原因を知り不安を取り除こう!」についてお話ししていきました。

 

吃音の人が仕事の電話応対で抱える不安は主に下記の3つ

 

  • 厳しい電話マナー指導によるプレッシャー
  • 周囲の否定的な反応が症状を増やす要因
  • 受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからない

 

人間の脳は、考えていることが本当に起きるように全力で働いています。

「どもらないかな・・・大丈夫かな?」と思ったら、すぐに「自分に悪いことは起きない。大丈夫!大丈夫!」と言って不安を打ち消すことが大切。

 

いつもニコニコ笑顔で振舞っていれば、自分の状態も良くなり、周りの空気も良くなります。

 

心より言葉が先です。

どんどん自分に自信がついたり、明るくなる言葉をたくさん使って、吃音を引き寄せない状態を作っていきましょうね。

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら