どもる,人,イライラ,ストレス,吃音

 

今回は、「どもる人必読!イライラ、ストレスにはもうコリゴリ。自分の吃音との向き合い方!」について記事を書きます。

 

「自分の吃音が嫌い、情けない、イライラする」

「どう考えても今の状態からはポジティブに、前向きになれない

他の人はいいよな・・・何で俺だけこんな目に合わないといけないんだ・・・」

 

「自分のどもりが酷くてイライラする」とは言っても、結局今のままずっと止まって悩み続けてしまうという方は結構多いんですよね。

そこで今回は、何もない状態からすぐに実践できる、自分の吃音との向き合い方についてあなたにお話しします。

 

実際に私自身もこの考え方で、だいぶ精神状態が安定しましたし、精神状態が安定してるので次第に吃音も減っていくように感じましたね。

 

とにかく、自分の吃音が嫌だ、イライラして自己嫌悪の人、周囲と自分を比較してしまう人は、ぜひ最後までこの記事を読み進めてくださいね。

【どもり・イライラ】吃音の主な症状と特徴とは。

 

どもる,人,イライラ,ストレス,吃音

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「うれしい」と言おうとしているのに、「うううううれしい」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「う」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「うれしい」が「うううううれしい」になるのを避けようとして、そもそも最初の「う」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」となって出てきます。

吃音の特徴

 

次に吃音の主な特徴について紹介していきます。

吃音の主な特徴は下記の通り

 

  • 言いたいタイミングで言葉が発しづらい
  • 言いにくい言葉と言いやすい言葉がある
  • 吃音の調子の波がある
  • 歌う時はどもらない人が多い
  • 注意されたり、プレッシャーがかかる場面になるとどもりやすくなる。

 

いつもどもっているのではなく、周りの環境に左右されたり、誰かと一緒に文章を読んだり、メトロノームに合わせて文章を朗読したりすると症状が出ないことも多いのです。

 

 

 

 

参考:どもりの治し方!吃音・どもる人の性格から読み取る大人の治療方法完全版!

【どもり・イライラ】どもる人必読!イライラ、ストレスにはもうコリゴリ。自分の吃音との向き合い方を伝授!

 

どもる,人,イライラ,ストレス,吃音

 

「あの人はすごく話が上手だし、スラスラ話せていいよなー」「素敵な人と結婚できていいなー」「俺に吃音がなかったらあの人みたいに・・・・」

・・・・・こんな言葉を使っている人の顔を想像してみてください。

 

人のことが羨ましくてたまらない不平不満顔ですよね。

ずっとこのようなことを言っていると、まるで呪いの呪文みたいですよね(笑)

 

はっきり言ってしまえば、自分と人を比べるのは、不幸の始まり

こんな常にイライラしていて自己嫌悪している状態では、吃音なんて克服できるわけがありません。

 

「いいなー」と思ったところで、どうにもなりませんし、その上「それに引き換え私は・・・」とさらに暗くなるのがオチ。

「いいなー」と暗い言葉を呟くより、大切なのは自分に磨きをかけること。

 

自分に磨きをかけ自分に魅力がつくと、不思議に楽しくなり、自然に暗い言葉を使わなくなるんですよね。

では、どうやって今のイライラ自己嫌悪の状態から解放することができるのか?

 

・・・・・それは自分で自分を褒めること。

 

イメージしてみてください。あなたの体をコップだとすると、褒め言葉の1つ1つは、1滴、また1滴と、そのコップを満たす水。

逆に褒められていないと、カラカラに干からびた日干しの状態。

 

褒め言葉を注いで、コップから溢れ出るほどになると、心がとても満ち足ります。

そうすると人のことを羨ましがったりしなくなり、もちろん自己嫌悪からも解放されます。

 

1日最低10回は鏡を見て自分を褒めてあげてください。

何だっていいです。朝起きたらまず鏡を見て、「おはよう。今日も早起きして俺って天才だなーー!」とか(笑)

 

ちなみに僕は「天才」っていうワードが好きで、当時使っていましたし、今もまだ使っています(笑)

褒め言葉で自分のコップが満たされて溢れていくと、相手のことも心から褒められるようになります。

 

そのうち、自然に笑顔になって、人を褒めるのが上手になり、そうなると不思議なことに、人から褒められることも増えてくるんですよね。

一番最初に誰よりもご機嫌をとらなくてはいけないのが、自分自身だということを忘れないでください。

 

人と比べず、自分が今できることで自分を磨き、自分を褒めていつも心を幸せいっぱいに満たすことが本当に大切ですよ。

 

 

 

 

参考:吃音は気にしない、これはいい!気の持ちようで言葉のどもりで泣く人、笑う人

参考:吃音はプラス思考で改善できる?吃音症の大人のポジティブ思考の育て方!

まとめ

 

どもる,人,イライラ,ストレス,吃音

 

何もない状態からすぐに実践できる、自分の吃音との向き合い方は下記の通り

 

  • 人と比べない。自分が今できることをで自分を磨く
  • 自分を褒めて、いつも心を幸せでいっぱいに満たす

 

私自身も昔は、気にしないように努力はしていたものの、やはり周囲との比較をしがち。

特にあなたと同じように吃音を抱えていたので劣等感は人並外れてあったと思いますね。

 

でも今できることから少しづつ・・・このサイトをずっと見て吃音について知るのも良いし、そうしたらある日、本気で吃音を克服したいと頑張りだすかもしれません。

 

そして、心が満ちていればものすごくいい精神状態になります。もちろん吃音だって減ることでしょう。

自分に自信を持って、吃音なんてぶっ飛ばしましょうね!

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング