電話,言葉,出ない,声,吃音,

「不安や緊張が原因で電話で言葉が出ない」、「自分のどもりや恐怖をなんとか打ち消したい場合どうしたらいいの?」

このように、吃音を抱えている人にとって社会人の電話応対は不安や恐怖でとても苦手意識を持ってしまうもの。

 

しかし、はっきり言ってしまうと、吃音の人が電話応対を攻略することは、あなたが思っている以上に”簡単”なことなんですね。

 

もちろん、電話応対といえど”仕事”ですから、ただ闇雲に練習を重ねたりしただけでは改善するものでもありません。

 

吃音の人が電話応対を攻略するにはある“準備”があり、それを押さえておくことで電話応対への不安が一気に減るわけです。

 

ということで今回は、電話で言葉が出ない、声が出ない吃音の不安や緊張を自分で取り除く方法を伝授いたしますのでじっくりと読んでみてください。

電話で言葉が出ない吃音の不安や緊張を自分で取り除く方法

 

電話,言葉,出ない,声,吃音,

 

吃音の人が電話応対を攻略する“準備”というとたくさんあると思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

電話応対で不安や恐怖を打ち消すための必要なことはいたってシンプルで、「どんな姿勢で電話応対に取り組むのか」だけ。

 

結局、電話応対で失敗する人というのは、そもそもできないと言って全く練習すらしていないか、できない姿勢で電話応対に取り組んでいるか、このどちらかと言えるでしょう。

 

下記では、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備や必要な姿勢、心構えについて詳しくお話ししていきます。

電話機器の操作を確実にする

一般的に会社で使用する電話は、固定電話であれば「内線」・「外線」があり、ボタン操作を間違うと切れてしまうこともあるので注意が必要。

しっかり1つ1つの操作を覚えておかないとアタフタして電話応対どころじゃなくなります。

保留しようとして切ったり、別の人に取り次いだりするのはたいへん失礼ですので、操作系はとにかく練習すること!

メモ用紙とペンを用意する

いざ電話が鳴り受けたけど、机にメモが無いとなると焦ってパニックになりどもりやすくなってしまいますので、いつ何時でも電話に出られるよう、メモとペンは準備して万全の状態にしておくこと。

最初の第一声をしっかり、ハキハキと

出だしの第一声は会社のイメージを決めます。

どもってしまっても相手は気にしていないので、明るくさわやかに。用件を承ったら、個人名も名乗りましょう。

 

参考:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

聞き返すのは失礼なことではない

電話応対している人のなかには、相手の名前や用件が聞き取りづらくても、「聞き返したら相手が嫌な気持ちになってしまうのでは」と、そのままにしてしまう人もいるのでは?。

 

しかし、聞き間違いをそのままにしてしまうと、あとでトラブルになってしまう危険性が高いといえますので、聞き取れなかった場合はしっかりと聞き直すことを徹底しましょう。

電話応対が上手な人をパクる

「自分は電話応対が苦手だ」と感じているならば、職場の上手い人を真似するのが一番効果的。

上手い人の電話応対の仕方を自分に置き換えて真似をする!

いわゆる、TTP(徹底的にパクる)ってやつです。

自分に置き換えて真似をしてみれば、上手な受け答えのためのコツが発見できるかもしれません。

 

 

相手も同じ人間ですので、初めての相手と話す時には少なからず緊張するもの。

落ち着いて相手の言葉を聞きながら対応すれば大丈夫ですので、ガチガチに緊張しなくても無問題。

 

このように不安や緊張を自分で取り除く事前の準備や必要な姿勢、心構えを実践、意識して、電話応対時に吃音が出る確率を1パーセントでも減らしていくことが何よりも大切。

 

電話で言葉が出ない吃音の人の不安や緊張の要素は何か?

 

電話,言葉,出ない,声,吃音,

 

まずはじめに、吃音を抱えている人は電話応対に対する「予期不安」、いわゆる話す前に、うまく話せないと考え、そのために発語器官の筋肉が緊張し、話すことを躊躇するということが起きているということ。

 

吃音がある人は話す前に、「どもりたくない、どもってしまったらどうしよう、、、」と不安に思っている当事者が大半。

 

というのも、吃音がある人が話す前の不安は、「吃音・どこるのは悪いこと」という前提の中から生まれてくるためで、上手く話せなかった時に経験した、周囲の否定的な反応や、笑われたり、からかわれたりした経験によって、こうした思いを強めてしまうから。

 

電話応対でどもってしまう吃音の人が抱える予期不安は下記の通り

 

電話応対でどもるかもしれないという予期

予期どおりに電話応対でどもってしまう

さらに強い予期を考える

さらにひどく電話応対でどもる

いっそう強い予期・・・・・

 

この悪循環が発展し、吃音者の予期不安はさらに強く固まっていき、ついには、話さなければならない場面に一切出られない状況まで吃音者を追い込んでいく場合がある。

 

電話応対の克服のカギは、このマイナスの考えをできるだけ排除していくよう、取り組んでいくことが重要。

 

また何度も言いますが、前の項目でお伝えした、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備や必要な姿勢、心構えを実践、意識して、電話応対時に吃音が出る確率を1パーセントでも減らしていくことが何よりも大切。

 

まとめ

 

電話,言葉,出ない,声,吃音,

 

吃音の人がで電話応対を攻略することは、あなたが思っている以上に”簡単”なことで、下記の5つを押さえておくことで電話応対への不安が一気に減らせる。
 
  • 電話機器の操作を確実にする
  •  メモ用紙とペンを用意する
  •  最初の第一声をしっかり、ハキハキと
  •  聞き返すのは失礼なことではない
  •  電話応対が上手な人をパクる

 

最後になりますが、吃音がある人は、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備や必要な姿勢、心構えを実践、意識して、電話応対時に吃音が出る確率を1パーセントでも減らしていくことが何よりも大切になります。

 

不安や緊張の要素を理解して、自分の吃音と向き合っていきましょう!

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング