電話,第一声,出ない

 

言葉を発する時に第一声がつっかえり、詰まったりすることを吃音症といいます。

 

吃音症と言っても常に言葉をつっかえるわけではありません。

 

吃音との付き合い方が長くなると、「ア行が言いにくい」、「タ行は無理」などと自分の苦手な言葉が出てきます。

 

さらに、声を発声する前から、次に言おうとしている言葉に詰まるかどうかもわかってきたりするものです。

 

吃音症の苦手パターンの一つとして代表的なのが「電話対応」。

 

これは、電話の相手方の前で言い換え出来ない言葉を発しなければならない場面が出てくるので、その途端に声が出なくなってしまうというもの。

 

言いたい言葉はちゃんと頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを口から出してくれない吃音の種類を「難発性吃音」と言います。

 

「難発性吃音」に関しては下記のブログの記事で詳しく書いてあります。

 

「ありがとうございます」がうまく言えない、、噛む原因と改善法は?

 

私自身も、接客業の仕事をしていた時に、電話番みたいなことをやらされることがたまにあったのですが、それが本当にイヤでしたね。笑

 

今回は第一声で声が出ない原因と改善・克服のコツをお伝えしたいと思います。

 

 

【電話で第一声が出ない】あなたはどのシチュエーションで吃音が出るのか?

 

電話,第一声,出ない

 

「電話で第一声が出ない、、、」といっても、一人ひとりに様々なケースがあります。どんなシチュエーションがあるか、どんなときに吃音が出るのかを例に挙げてみました。

 

『プライベートは友人とスラスラ喋れるのに、仕事で電話を受けるときに、すぐに返答が返せない。』

『自分からかけた電話で、自分の名前が言えない』

『プライベートでも仕事でも電話の会話全般で吃音が出てしまう。』

『仕事場で周りに他人がいる時だけ吃音が出る。』

『特定の相手(苦手だったり、、、)に対して吃音が出る。』

『電話予約が出来ない。』

 

上記のように、「電話で第一声が出ない、、、」といっても、様々な状況がありますよね。

 

あなたはどれに当てはまりますか?

 

【電話で第一声が出ない】第一声が出ない原因とは?

 

電話,第一声,出ない

 

この「電話で第一声が出ない、、、」という経験を一度でもしてしまうと「どもるのは悪いこと」という思いが本人に刷り込まれてしまいます。

 

電話が苦手ということが電話恐怖にまで発展するケースもあります。

 

どうゆうことかというと、「どもってしまう、どうしよう」と思う不安がさらにあなたを悩ませてしまうということ。

 

「吃音の悪循環」について下記のブログの記事で詳しく書いてあります。

 

上手く話せないのはストレスが原因?

 

 

【電話で第一声が出ない】改善・克服のコツとは?

 

電話,第一声,出ない

 

実際に演劇をやられていて、吃音を持っている方が、舞台上では絶対にどもらないとおっしゃっています。

 

不思議ですよね?驚くのがそれも一人だけではなく一定数いるということです。

 

これは、舞台上では人格を演じることによって意識的になっているから、別の人格になっていることがとても大きく関係しています。

 

演じるとどもらないと言っても、本人がどもらない人を演じているのではなく、あくまで何かを演じることが結果として吃音の改善に繋がっている。

 

つまり、演じる内容ではなく、演じるという行為そのものが、何かしらの変化を与えてるということ。

 

「演技」×「電話応対」

 

それではこれを、電話応対に活用するとどうでしょうか?

 

例えば、「吃音なんて気にしねぇ」とすごく強気な「テキトーな自分」を演じて電話をかける、出るてみる。

 

これをキャラだと自分で決めつけて、それに没頭することに集中することで、その間は「どもったらどうしよう」という回路を断ち切るんです。

 

私自身も電話応対ではないのですが、お客様と接客をする際は、「もう一人の自分」を演じていましたね。

 

例えどもってしまったとしても、演じているので「俯瞰」して自分を見ているという感覚になります。

 

もちろん人によってですが、こっちの方が精神的にだいぶ楽だし、吃音の症状もほとんど出ていなかったです。

 

電話応対の際は

 

「何かを演じる」

 

ということに注力を当てるのも一つの手段ですね。

 

成功体験を自分に植え付ける

 

「電話で第一声が出ない、、、」という経験を一度でもして「どもるのは悪いこと」という思いが本人に刷り込まれるとは逆に、

「あれ?さっきちゃんと受け答え出来たかも?」と自分の成功にフォーカスしたら、「もしかしたら次もちゃんと受け答えできるかも!」という思考回路に変化するのです。

 

このような成功体験を積み重ねていくことで、自分の中に刷り込まれていた「電話でどもる」という認識が消されていきます。

 

そのためにも、まずは簡単な電話応対から試して、成功体験を積み重ねていくことが何よりも重要。

 

まとめ

 

電話,第一声,出ない

 

最後にまとめると

 

●「電話で第一声が出ない、、、」原因は、「どもってしまう、どうしよう」と思う、「予期不安」で本人の体がそれを口から出してくれないということ

 

「何かを演じる」ことで、演じるという行為そのものが、何かしらの変化を与えてるということ

 

●成功体験を積み重ねていくことで、自分の中に刷り込まれていた「電話でどもる」という認識が消される!

 

いかがでしたか?

今回は第一声で声が出ない原因と改善・克服のコツをお伝えしました。

 

「明日からでも試せそう!」と思っていただき、実践していただけたらとても嬉しく思います。

 

最後まで見ていただき感謝しています。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもり(吃音)ランキング