電話,緊張,どもる,原因,吃音

 

「電話に出るときに緊張してどもりが出てしまう」、「もしかして吃音症が原因?」

社会人になりいよいよこれから頑張ろうとやる気になっている矢先、職場の電話応対という大きな壁にぶち当たる人は少なくありません。

 

その中でも上記のように、電話応対の際にすごく緊張してどもってしまいいつからか電話恐怖になってしまう人も。

さらに、言葉がどもってしまうのって何、いつも言葉を噛んでしまうのは何か原因があるのではないかと疑問に思うのでは?

 

結論からお話ししておきますと、あなたは吃音症かもしれません。

 

ただ、最初にはっきりと言わせてください。

・・・大丈夫です。

 

今回お伝えする吃音の症状をしっかりと理解した上で、どもらない話し方を身につけておけば、噛む確率は格段に減らせます。

 

あなたの中で大きな壁だと思っているかと思いますが、実は簡単に乗り越えられたりするものなので、じっくり読んで吃音改善の第一歩を踏み出しましょう。

電話で緊張してどもる原因は吃音?大人の発達障害なのか?

 

電話,緊張,どもる,原因,吃音

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」というもの。

ところが、中には言葉の出し方、発音が一筋縄では行かない人がいます。

 

「お電話ありがとうございます」と言おうとしているのに、「おおおおお電話」と、言葉がつっかえて出てくる、あるいはそもそも最初の「お」が出てこない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てきてしまう。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

さらに、電話で緊張してどもる吃音の症状について下記でお話ししていきますが、吃音を抱えている人の話し方の特徴として3パターンの話し方、「連発」「伸発」「難発」があります。

「連発」

同じ音をくり返す「連発」

言葉をくり返すタイミングが早すぎて、最初の第一声でつっかえてしまう。

 

例)「ああああありがとう」

「伸発」

最初の音を引き伸ばしてしまう「伸発」

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の音が引き伸ばされる。

 

例)「あーーーーりがとう」

「難発」

なかなか言葉が出てこない「難発」

タイミングが取れずに言葉が出でこなかったり、一生懸命に言葉を合わせようとすると、喉に力が入り、最初の第一声だけ大きくなったりする。

 

例)「・・・・ありがとう」

 

吃音は話初めのタイミングが合わなくなるために生じ、言葉の最初の繰り返しの「連発」や引き伸ばしの「伸発」から始まり、それが続くうちに最初の一言目が出にくくなる「難発」になったりも。

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

 

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

また、吃音がある人が気になっているのが、吃音は発達障害なのか、について。

私自身、吃音は話し方のクセ、個性のひとつと捉えていますが、法律的、医学的な一定の線引きをしない限り、支援や援助の対象が無制限に広がってしまうので、そこで障害や病気として捉えることもあります。

 

吃音があっても悩みはなく、特別な支援が必要でない状態であれば、障害や病気として捉える必要は全くありません。

 

 

参考:電話で会社名を噛む吃音の克服方法!緊張や苦手で名前までどもる大人の方へ。

電話で緊張してどもる吃音の人向けにどもらない話し方は習得可能か?

 

電話,緊張,どもる,原因,吃音

 

まずはじめに言っておきますと、発話の成功体験を自分に埋め込めることができれば、電話応対なんて難なくクリアできてしまいます。

 

吃音の人には、すでに吃音の症状が出やすい、どもりやすい言葉やパターンがあるかと思いますが、これを見ているあなたであれば、電話応対で初めの決まり文句や会社名、自分の名前が言えないといったパターン。

 

電話で会社名をどもってしまった経験から、次に電話に出る時に「さっきどもっちゃったから、また会社名どもっちゃうかも・・・」とあなた自身がその吃音が出るパターンを頭の中で作り出してしまっています。

 

それでは逆に、これと同じことを成功した時に例えたらどうでしょうか?

そうです。同じように上手く話せた状態のあなたの発話パターンが作り出せてしまいます。

 

1回でも上手く会社名を言えることが出来たら、それをめい一杯喜び何度も頭の中で良かった記憶として、繰り返して見ることが何よりも大切。

良くも悪くも感情は、あなたの吃音の発話回路を強化しますので、大事なことはあなたが会社名を言えた喜びの感情を絡めて思い返すということ。

 

そうすることで、今まで会社名でどもっていた吃音の発話パターンとは別に、発話のルートが出来上がるのです。

そうなってくると、10回中10回、名前が出てこなかったのが、10回中8回に減ってきたりします。

 

このように、少しの自分の変化を喜び、頭の中で上手く話せた時のことを何度も楽しみながら想像してみることで吃音で会社名が言えないといった確率を減らすことが可能。

失敗したことよりも成功したことを想像し喜びましょう。

 

そうすることで、あなたが吃音で悩んでいた、会社名が言えないのを徐々に改善できるようになり、回復のスパイラルが生まれます。

下記の記事でどもらない話し方の方法について詳しくお話ししていますので、じっくり読んで参考にしてください。

 

 

参考1:ありがとうございますが言えないのを克服!吃音だった私の電話克服方法!

参考2:お電話ありがとうございますが言えない、噛む。詰まる吃音の克服法を徹底解説

まとめ

 

電話,緊張,どもる,原因,吃音

 

電話で緊張してどもる、昔から話す時に言葉がつっかえてしまうのは吃音症の可能性大!

また、吃音症は発達障害に分類されることがあるが、吃音があっても悩みはなく、特別な支援が必要でない状態であれば、障害や病気として捉える必要は全くない。

 

吃音がある人は、発話の成功体験をたくさん積み、成功したことをめい一杯喜び何度も頭の中で良かった記憶として、繰り返すことで徐々に吃音が改善できるようになり、回復のスパイラルが生まれる。

 

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング