お電話ありがとうございます,噛む,電話応対,噛みまくり,吃音

 

「っっっおっっおっ電話・・・」電話応対で第一声の「お電話ありがとうございます」が言いにくい、噛む。

このように吃音がある人は電話の第一声が出ない、最初で詰まる、最後まで言い切れないといった悩みを抱えている人がいるのではないでしょうか?

 

吃音を克服したいけど、どうしたらいいのかわからない・・・

結論からお話しておきますと、吃音克服は今すぐには不可能。

 

しかし、電話応対で噛む、どもるといった状態を改善する、対処はあなた次第ですぐにでも可能。

また、そもそも吃音克服にはある程度の時間が必要なので、最初のうちは「発話の成功体験」を積み重ねておくのがベター。

 

ということで今回はお電話ありがとうございますを噛む。電話応対で噛みまくりの吃音の克服方法についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

吃音の人が電話応対で「お電話ありがとうございます」を噛む原因は一体何?

 

お電話ありがとうございます,噛む,電話応対,噛みまくり,吃音

 

電話応対を大きな壁だという思い込み

 

まずお話ししておきたいのは、あなただけではなく、吃音がない人でも電話対応のシーンとても緊張し、ガチガチになってしまうもの。

しかし吃音がある人の場合は、職場の雰囲気、電話先の相手の顔や表情がわからない、周りの人が自分の声を聞いている、という状況を考えるとさらに緊張し、最悪の場合には電話恐怖になってしまうケースも。

 

また、「お電話ありがとうございます」という大変長ったらしいセリフを言うのも、吃音がある人にはすごいプレッシャーとなるもの。

というのも、言い換えのできない長いセリフをいう時には、必ず「次どもりそうだな・・・」と予測し、言い換えができないために言葉が詰まってしまうのでは・・・という不安をしてしまうから。

 

私自身も経験があるのですが、早くこのセリフを言い切りたい・・・という焦りからつい早口で話してしまい、さらに噛みまくりの状態を生み出してしまっていました。

電話応対時の特有の緊張感から、自分の噛む、吃音スイッチが入ってしまい噛みまくるという悪循環が生まれてしまいます。

 

このように、電話応対で噛む、吃音スイッチが入ってしまうことにより、毎回のごとく電話応対で恥ずかしい思いや、苦い思いをしていき、いつ電話が鳴るかと恐怖を感じたり、また噛むのではと不安を感じる、などの感情を持つようになっていきます。

 

 

参考:電話対応で詰まる、第一声が出ない吃音症。緊張や苦手意識から克服する方法!

口角が上がっていない

 

続いては、そもそもの話、口角がしっかりと上がっていないのでは?という話になります。

 

私自身も振り返って考えてみると、当時は本当に口角がしっかり上がっていなく、早くこの言葉を言い切りたいという気持ちの方が上回って、自然と早口になり、結果口角が上がっておらず、どもるし、もごもごした話し方をしていましたね。

 

もし、あなたにもそれが当てはまるのであれば、滑舌の良し悪しも関わってきますので、しっかりと意識しておきたいところ。

 

 

参考:ありがとうございますが言えない。滑舌から言葉の発音を改善していく方法!

電話対応で噛みまくりの吃音の対処方法を徹底伝授!

 

お電話ありがとうございます,噛む,電話応対,噛みまくり,吃音

 

何度も繰り返し言いますが、吃音をいますぐにでも治したい・・・と言ってもなかなか難しいところ。

 

しかし、「この言葉言えるようになった!」という発話の成功体験をいっぱい積んでいけば、自分に自信がついていきますので、今のうちに沢山発話の成功体験を重ねていきましょうね。

早口を改善してみる

 

先ほども言った通り、吃音がある人のほとんどは早口で話している場合がとても多く、驚くことにほとんどは自分が早口で話しているという自覚がありません。

電話応対になどで発話を要求される場面で、早く言い切りたいという強い思いが早口にしてしまうだけでなく、自分の吃音スイッチまでも押してしまいます。

 

そのため、「落ち着きがない」「聞き取りづらい」というネガティブな印象を与えてしまう場合があり、それに加えて吃音を持っている人が早口で話してしまうとなおさら、コミュニケーションに大きな支障を来たしてしまうわけです。

 

自分が「どれくらい早口で話しているのか?」をしっかりと客観的に見て、理解した上で早口を治していくと、吃音が改善される例も少なくない。

早口の改善方法について下記の記事で詳しくお話ししていますので、じっくり読んでみてください。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

母音を取って話してみる

 

「お電話ありがとうございます」が言いずらい吃音を持っている人は、最初の母音(お)が言いずらい場合がとても多いです。

そのため、いきなり「お電話ありがとうございます」と言おうとしても、「っっっっっおっお」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

「お電話ありがとうございます」でしたら、最初の母音である「お」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

 

  • 例)「お電話ありがとうございます」→ 「○電話○りがとうございます 」
  • 例)「ありがとうございます」→ 「○りがとうございます 」

 

このように自身が発音している感覚としては「電話りがとうございます」ですが、実際には発音しなくても「お」が入る間をいれておくと、それを聞いている相手からしたらしっかりと聞こえてしまうもの。

 

電話越しからしたらなおさらのことで、相手の口も表情も見えていないので第一声の「あ」や「お」が抜けたくらいでは何も違和感はありませんし、全く無問題。

 

吃音を抱えている人にとって「あ」や「お」の母音をとって発音することは、電話応対のみならず、接客の場面でもとても役に立つので、しっかりと練習して実践してみてください。

そもそも「お電話ありがとうございます」を言わない

 

「お電話ありがとうございます」が言いづらいなら、会社の電話応対のマニュアルを言いやすいようにアレンジしてみるやり方。

会社のマニュアルが「お電話ありがとうございます。株式会社〇〇です。担当の私□□□がお受けいたします」でしたら「はい!株式会社〇〇です。私□□□がお受けいたします」といった感じにしてしまいます。

 

このやり方は、周りにバレたときなどに少々大変ですので、しっかりと上司や周りには吃音のことを伝えておいた方が賢明。

カミングアウトしておくことで、周りからの配慮も受けられますので、これくらいのアレンジなら許してもらえるもの。

 

私の場合ですと、当時同僚などには恥ずかしくて言えなかったので、信頼する上司一人に、自分の吃音のことを打ち明けていました。

吃音の人の電話応対は、「ちゃんと言えることができた!」という成功体験をいかに積めることが出来るかがなによりも大切で、成功体験の積み重ねが自らの自身に変わっていくということ。

 

電話応対の成功体験の大切さについては下記の記事でもお話ししていますのでじっくりと読んで見てください。

 

 

参考:「電話応対で第一声が出ない、、、」どもる原因と克服のコツは?

まとめ

 

お電話ありがとうございます,噛む,電話応対,噛みまくり,吃音

 

お電話ありがとうございますを噛む。電話応対で噛みまくりの吃音の対処方法は下記の通り

 

  • 早口を改善してみる
  • 母音を取って話してみる
  • そもそも「お電話ありがとうございます」を言わない

 

吃音克服にはある程度の時間を費やさなければいけないので今すぐ治すのは難しい。

しかし、「この言葉言えた!」という発話の成功体験を積む努力ならば今からでも出来るし、自分にも発話の自信がつけられる。

 

この記事を見て成功体験をバンバン積み重ねていき、吃音克服の一歩を踏み出してみませんか?

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 


どもり(吃音)ランキング