「おおおおおはよう」「いつも言葉が詰まるけど、原因て何だろう・・・病気かな?」

このように、物心ついた時にすでに言葉が詰まってスムーズに話せないとう悩みを抱えている人は少なくありません。

 

私自身も、昔から言葉に詰まることで散々悩んできたし、人からからかわれてきた経験があり嫌な思いをしてきました。

 

成人してから、改めて自分の話し方について疑問に感じたので、そこで色々と調べていくうちに、自分の話し方の症状はこれだな・・・と気づくことができました。

 

それは・・・自分が「吃音症」であるということ。

恥ずかしながら私は自分の話し方が吃音症だと気づいたのは成人してからですが、この時知っていなければ、今も吃音にずっと悩んでいたことでしょう。

 

そういった意味では、数あるサイトからこのサイトに来れたことはとてもラッキーなことだと思います。

 

ということで今回は、「言葉が詰まる原因は吃音症かもしれません。種類、原因、治療法をチェックしよう」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる原因】吃音症とは?症状の種類、発症の原因をチェックしましょう!

 

 

言葉が詰まる原因の吃音症とは一体なんなのでしょうか?

 

言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」ものですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

「こんにちは」と言おうとしているのに、「こここここんにちは」と、つっかえて出てくる。

 

あるいはそもそも最初の「こ」が出ない。

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくるのです。

 

これが「吃音」と呼ばれる症状で、「吃音症」「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「こんにちは」が「こここここんにちは」になるのを避けようとして、そもそも最初の「こ」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になるにつれて「難発」が圧倒的に多くなる傾向にあります。

 

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「こんにちは」が「こーーーーんにちは」となって出てきます。

吃音者の割合、男女比

 

100人の子供が生まれたら、そのうちの5人は吃音になり、5人のうち4人は自然回復し、1人は持続するという結果が出ていて成人の吃音者は100人に1人の症状と言われています。

 

また、成人の人の吃音の男女比での割合は、3対1で男性の方が多いと言われています。

 

吃音の原因

 

吃音には、小児期に他の原因となる疾患がなく起きる発達性吃音と、疾患や心的ストレスなどの原因で起こる獲得性吃音があります。

下記ではそれぞれの特徴をまとめてみました。

 発達性吃音

 

小児期にみられる吃音のほとんど、成人でも9割以上の吃音は発達性吃音です。

過去の私もこの発達性吃音に当てはまります。

 

発達性吃音は、幼少期の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長するにつれ自然治癒する人も多いと言われています。

その後に渡って症状が残る場合に考慮される原因として、遺伝的要因、発達的要因、環境要因などがあり、これら様々な要因が関わっていると考えられていますが、詳しいことはいまだに不解明。

 獲得性吃音

 

一方、獲得性吃音には主に2種類あります。

 

獲得性神経原性吃音】

→神経学的疾患や脳損傷などにより発症

 

獲得性心因性吃音】

→心的なストレスや外傷体験に続いて生じる

 

どちらも発症時期は主に青年以降(10代後半~)とされています。

 

吃音の原因として昔から様々なことが唱えられてきました。

例えば、「真似から始まる」、「左利きを右利きに矯正したから」、「母親のしつけの問題」などでしょうか。

 

しかし、今現在のところこういった考え方はその後の研究者の研究により否定されています。

 

ですので、自分の吃音の原因は親のせいだ、昔自分が変な話し方を習得したからだ、というマイナスなことを抱えるのは今日でオサラバするべき。

 

吃音の発症は多くは突然来るもので、発症直前の出来事や周りの環境と関連づけて罪悪感を抱きがちですが、そんなものは所詮後付けのもの。

 

後付けのきっかけ探しには何の意味もありませんしね。

 

 

参考:言葉が詰まる大人の方へ。どもるようになった原因、克服方法を徹底解説!

【言葉が詰まる原因】吃音症の最適な治療法はあるのか?

 

 

「言葉が詰まる原因は吃音症であるとわかったけど、吃音ってどうやったら治るの?病院へ行けばいい?」

 

吃音者の多くは、【吃音治療=病院で治療する】と連想しがち。

ただ、吃音自体が原因や症状が非常に多岐にわたるため、確立された治療法というものはまだ存在しません。

 

なので、病院に行ったからといって、必ずしも治ると限らないんですよね。

また、病院の多くは、「吃音の原因は身体的なところから」という位置付けで、吃音症を見ています。

 

どういうことかというと、「吃音は発音のトレーニングで治せる」ということ。

トレーニングで克服できるほど、そんな簡単なものではないとあなたもわかっているはず。

 

私のサイトでは、自分の見えない意識の中にある吃音に対しての悪い認識が、あなたの吃音を強めていると発信しています。

逆を言えば、あなたの中にある吃音の悪い認識をブチ壊さなくてはいけません。

 

それをするためには、まずあなた自身の状態をポジティブで明るい状態に整えなければいけないんですよね。

というのも、精神論的な話になってしまいますが、意識がネガティヴな状態ですと、吃音を克服するための状態になっていないから。

 

ネガティヴな人にはちょっと厳しい話ですが、これこそが現実であり、あなたがまずはじめに乗り越えなければいけない壁でもあります。

 

一番簡単な方法として、毎日「天国言葉」を意識して生活してみること。

天国言葉とは、「愛しています、ついてる、嬉しい、感謝しています、幸せ、ありがとう、許します」のこと。

 

この言葉を意識して毎日使っていれば、自ずと意識的にハッピーになれるんです。

ポイントは、ハッピーなことがあったから天国言葉を使うのではなくて、ハッピーじゃなくても天国言葉を使うこと。

 

心より言葉が先。腹の中で何を思っていても、言葉に出したらその通りになります。

 

ぜひ天国言葉をたくさん使って、吃音克服へのスタートラインに一緒に立ちましょう。

まとめ

 

 

今回は「言葉が詰まる原因は吃音症かもしれません。種類、原因、治療法をチェックしよう」についてお話ししました。

 

吃音症の主な症状の種類は下記の通り

 

  • 連発 「あああああありがとう」
  • 難発 「っっっっっっ、・・・・・・あ(無音)」
  • 伸発 「あーーーーーーりがとう」

 

このような話し方が当てはまれば、吃音症の可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

また、吃音症は、あなたの中にある吃音という悪い認識を良い認識に完全に取り替えなければ克服は難しいでしょう。

 

良い認識に取り換えるには、日頃から良い言葉、良い笑顔を心がけて生活していくことが何よりも大切。

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら