吃音,プラス思考,改善,大人,ポジティブ思考

 

「病は気からと言う言葉を聞いたことはあるけれど、本当に言葉の通りなのかな?気の持ちようで自分の吃音が改善されるのだろうか?」

吃音を克服、改善したい、そのためであれば、自分の内面から変えてみたいと言うのが正直なところですよね。

 

実際、私自身も過去に吃音があった頃に、吃音克服を目指していた時には、自分の内面を磨いたり、自己啓発本などを読んではその通りに毎日実践をするといった日々を過ごしていました。

そして、私の場合は、それだけではないのですが、吃音を克服することに成功できました。

 

ですので、結論から言えば、吃音を克服、改善するためには、気の持ち方が関係するといってもいいでしょう。

というか、ここが一番大きく関わってくるのではないかと、私自身の実体験を踏まえてとても強く実感しています。

 

と言うことで今回は、吃音はプラス思考で改善できる?吃音症の大人のポジティブ思考の育て方!についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

吃音はプラス思考で改善できる?病は気からって迷信?

 

吃音,プラス思考,改善,大人,ポジティブ思考

 

では、気の持ち方、考え方が病気にどれだけ影響するのか、今回は腰痛を例えに出してお話ししていきます。

腰痛の原因は人によって様々ですが、ほとんどは腰が曲がっていたり、歪んでいたりなどが原因に挙げられますよね。

 

おばあちゃんが「今日は調子がいい」って元気よく言っているのをよく耳にしたことはあるのではないでしょうか?

でも、考えてみてください。

 

これっておかしくないですか?骨はずっと曲がっているんですよ?

骨はいつもと変わらず同じ角度で曲がっているのに、「今日は調子がいい」って。

 

海外の研究結果によると、腰痛患者で、調子がいい患者さんと、調子が悪い患者さんの骨をレントゲンで測った結果、どちらも同じくらい骨が曲がっていたそうです。

この話は潜在意識の話で、脳がストレスを紛らわすために痛みを出しているということになります。

 

思い起こせば、私自身も持病でアトピーを抱えているのですが、すごくマイナスなことや、嫌なことで怒りを自分で抑えようとしてしまうと、アトピーが出てすぐ体をかきむしっていました。

逆に、友達と遊んでいる時や、自分の好きなことをしてストレスを感じていない時などは、かゆみもなかったと思います。

 

ですので、私自身の体験を含めて、気の持ち方、考え方が病気に影響すると考えています。

それは、吃音も一緒で、ネガティヴなことを考えないで、気持ちをポジティブにして、ストレスに強くなれば、吃音の症状も改善していくことでしょう。

吃音症の大人の超簡単ポジティブ思考の育て方!

 

吃音,プラス思考,改善,大人,ポジティブ思考

 

吃音改善、克服にはポジティブ思考、ストレス耐久をつければいいと前の項目でお話ししました。

ではどうやって?

 

結論から言えば、どんな時でも「ついてる」と言いまくること。

人間の脳は「ついてる」と言えば、ついてる理由を探して、本当についてることを引き寄せます。

 

例えば、転んで買ったばっかりの靴が汚れてしまったとします。

こんな時は、「足まで折れないでよかった。ついてる。ついてる」

 

あ、電車が来てる!階段をダッシュ!でも、間に合わずにドアは自分の目に前でしまってしまいました。

こんな時は、「いい運動になった。ついてる。ついてる」

 

さらにこれが上級になると・・・・

一体これのどこがついているんだろう。どうやって「ついてる」と思ったらいいのだろうということが出てくると思います。

 

そんな時は、「想像もつかないほどすごくついてる!」

とりあえず言ってしまいましょう!笑

 

自分は何を落ち込んでいたんだろうと思えるくらいに自然となっていきますから。

文句を言いまくって嫌なことがなくなるのであれば、私もどんどん文句を言います。

 

けれど、いつまでもブツブツ言っていても、嫌なことは消えませんし、むしろ嫌な思いが残ってしまいますよね。

さらに、イヤな空気を出して、周りの人たちまでイヤな気分にさせたら、最高に迷惑。

 

なので、不平不満、グチ、悪口は絶対に言わずに、どんな時でも「ついてる」。

どんな時でも「ついてる」と言えるように日頃から意識すれば、自然とポジティブ思考になっていきます。

 

とっても簡単です。いうだけでいいんです。

 

 

参考:吃音が“つらい”と思ったら見てください。

まとめ

 

吃音,プラス思考,改善,大人,ポジティブ思考

 

吃音改善、克服にはポジティブ思考が何よりも大切で気の持ち方が関係する。

ネガティヴなことを考えないで、気持ちをポジティブにして、ストレスに強くなれば、吃音の症状も改善していく。

 

一瞬でポジティブになれる簡単な方法は、「ついてる」と言いまくること!

 

どんな時でも「ついてる」と言えるようになれば怖いものなんてありません。

自分の吃音と向き合うには、自分の内面、内側から変えていくのが何よりも大切になります。

 

大丈夫です。あなたなら出来ます!

吃音なんてぶっ飛ばしてしまいましょう!

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング