吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

今回は「吃音向けの仕事!おすすめ7選!どもりがひどいと転職、就職できない?」についてお話ししていきます。

 

「吃音症を抱えながらも就職できる、転職しやすい仕事はどこなんだろう」

「吃音症がある自分は社会でやっていけるのだろうか・・・」

「接客業は避けながら、自分のスキルを伸ばせる作業中心の仕事が良いな」

 

このように、吃音を抱えていることによって、社会に出るときの不安や恐怖をイメージしてしまい、なかなか行動に繋がらないという方も少なくありません。

 

もしもあなたがこんな思いや疑問を抱えているなら、この記事を最後まで読んでみてください。

”吃音症がある人は就職、転職は可能か”、”吃音症の人のおすすめの仕事”を知ることができます。

 

しかし、実をいうと、吃音がある人は優秀な人が多く、実社会で活躍している人も多くいるのも事実。

吃音がある人は、社会で活躍できないとマイナスなことをイメージしがちですが、そんなことはないのです。

 

実際には、吃音があってもできる仕事はたくさんあり、吃音に限らず、仕事には個人の向き、不向きがあるので、そこをきちんと理解しておけば大きく悩むことは不必要。

 

ということで今回は、どもりがひどいと転職、就職できないのか?についてお話しした上で、吃音者に適した仕事、求人7選を厳選して紹介していきます。

 

また、私自身がおすすめする、これからの時代にあった仕事も3つ合わせて紹介していきますのでお見逃しなく。

 

吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

吃音者向けのおすすめの仕事をお話しをする前に、吃音の種類や症状はどういったものなのかについて説明させていただきます。

 

多くの非吃音者にとって、言葉は「思ったらすぐに出る」もの。

 

ですが、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

 

例えば「おはよう」と言いたいのに、「お・お・お・お・おはよう」と、言葉が詰まる感じ、連打する感じで出てきてしまう。

あるいは、そもそもタイミングよく最初の「お」が出なくて、そこで話すこと自体諦めてしまう・・・。

 

これを見ているあなたもそうではないのでしょうか?

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくることを「吃音症」と言い「どもり」と言われることもあります。

吃音の症状の種類

 

さてこの項目では、この吃音の詳しい症状についてお話ししていきます。

ここではわかりやすく、「ありがとう」という言葉の発声を例に説明していきます。

 

あなたに思い当たる節がないかじっくり読んでチェックしてみてくださいね。

連発

 

「あああああありがとう」

 

極端に言えば連発とは「最初の言葉を繰り返す」状態のことで、吃音の症状としてはもっともよく知られたもの。

 

「ありがとう」と言おうとしたが、「あ」から「り」への発音がスムーズに行かず、「あ」でしばらく空回りが生じる。

パソコンで例えるならば、キーボードを叩くと叩いた以上に多くの文字を打ってしまっている「バグ」のような状態。

 

結果、上記のように最初の言葉を連打した言い方になってしまうのです。

難発

 

「っっっっっっ、・・・・・・あ(無音)」

 

「難発」は一言で言えば、「言葉が出ないこと」で、特定の言葉で言葉が出なくなり、喋れなくなってしまう状態のこと。

 

連発のように「ああああありがとう」と無理やり発音するのではなく、むしろそれを隠すようになる、その結果生じるのが「難発」。

 

これもパソコンで例えるなら、キーボードを一度叩いただけで文字が勝手に沢山打ち出される「連発」に対し、「難発」はキーボードをいくら打っても画面に反映されない状態。

 

言いたい言葉が頭の中にあるのにも関わらず、体がそれを言葉に発することを受け付けてくれないのが難発の具体的な特徴。

伸発

 

「あーーーーーーりがとう」

 

こちらは割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

 

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の言葉が引き伸ばされてしまう状態。

 

 

吃音がある人の中には、無理に言葉を絞り出そうとして、しかめっ面になったり、腕を振る、飛び跳ねたりといった動作をし、タイミングをとり、言葉を発する人もいます。

 

以上、これら3つの型は、大抵の場合併発して起こります。

吃音の原因

 

吃音には、小児期に他の原因となる疾患がなく起きる発達性吃音と、疾患や心的ストレスなどの原因で起こる獲得性吃音があります。

 

下記ではそれぞれの特徴をまとめてみました。

 発達性吃音

 

小児期にみられる吃音のほとんど、成人でも9割以上の吃音は発達性吃音です。

過去の私もこの発達性吃音に当てはまります。

 

発達性吃音は、幼少期の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長するにつれ自然治癒する人も多いと言われています。

 

その後に渡って症状が残る場合に考慮される原因として、遺伝的要因、発達的要因、環境要因などがあり、これら様々な要因が関わっていると考えられていますが、詳しいことはいまだに不解明。

 獲得性吃音

 

一方、獲得性吃音には主に2種類あります。

 

獲得性神経原性吃音】

→神経学的疾患や脳損傷などにより発症

 

獲得性心因性吃音】

→心的なストレスや外傷体験に続いて生じる

 

どちらも発症時期は主に青年以降(10代後半~)とされています。

 

吃音の原因として昔から様々なことが唱えられてきました。

例えば、「真似から始まる」、「左利きを右利きに矯正したから」、「母親のしつけの問題」などでしょうか。

 

しかし、今現在のところこういった考え方はその後の研究者の研究により否定されています。

 

ですので、自分の吃音の原因は親のせいだ、昔自分が変な話し方を習得したからだ、というマイナスなことを抱えるのは今日でオサラバするべき。

 

吃音の発症は多くは突然来るもので、発症直前の出来事や周りの環境と関連づけて罪悪感を抱きがちですが、そんなものは所詮後付けのもの。

 

後付けのきっかけ探しには何の意味もありませんしね。

 

 

参考:「どもりってうつる?」吃音の症状によって周囲に影響はあるのか?

吃音がある人は左脳よりも右脳の活動が盛ん

 

言語に関与する言語中枢は左脳にありますが、吃音のある人は吃音のない人に比べて左脳の活動は低く、かわりに右脳の活動が盛んになっているという傾向がみられます。

 

また、通常右利きの人は、99%左の脳に言語中枢があり活動が盛んですが、左利きの人は右側の脳が盛んであることもあります。

このことから、左利きから右利きへの矯正が何らかのエラーを起こして吃音の原因と言われてきたのかもしれませんね。

 

吃音の有無による脳の働き方の違いが吃音にどう繋がるのかが実際に今現在解明されていなく、吃音はまだまだ不可解な面も多いのが実情。

 

ですが、左脳の活動が盛んであることから、吃音の人は他の人と比べて言語発達が良く、沢山の言葉を知っており、文章を考えたり、読んだり、書いたりする能力も高いと言えます。

 

「真似から始まる」、「左利きを右利きに矯正したから」、「母親のしつけの問題」なんかではなく、頭の中で一気に増えていく言葉に、口が付いて来られないために吃音が発症してしまうのでは、という研究結果も出ているほど。

 

ですから、吃音になってしまったのは親の責任だ、自分の脳は何か障害があるんだと思ってはいけません。

むしろ自分は、「頭が良すぎて吃音になってしまったんだ」とポジティブに捉えてしまった方が良いくらいです。

 

 

参考:どもる吃音とは。発達障害?原因と大人の治す克服方法を全て話そうと思う

【吃音・仕事・おすすめ】面接でどもりがひどいと転職、就職できないのか?

 

吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

「吃音におすすめの仕事なんてあるはずないよ・・・」「面接で吃音、どもりがひどいと転職や就職はできないのか?」

・・・全然そんなことはありません。

 

確かに自分の名前や、職場名などの固有名詞は、言い換えができないことや、集団面接となると聞き手の人数も多いため、吃音を抱えている人にとって就活の面接は大変辛いです。

 

そこで、その場でなにを話すか考えながらでは、もちろんどもりやすくなるので、事前に自己紹介の文案を考えて、事前に練習しておくことなど、何かしらの対策は必要。

 

また、どんな質問や問いかけが来るのかを想定した練習も徹底的にすることも大切。

面接の場で大切なのは話し方よりも、話す内容とあなたの人間性!要は中身。

 

吃音があってどもりながらも、頑張って話すあなたの姿を逆に面接官が評価してくれることも大いにありますし、話し方を気にして言いたいことを言わないより、どもりながらでもしっかりと誠実に話すことを心がけて自分をアピールしていきましょう。

 

冒頭でもお話しした通り、吃音がある人は優秀な人が多く、実社会で活躍している人もたくさんいます。

その中には、吃音を抱えながらもあえて自ら接客業に挑戦することで、発話に自信を持てるようになり、改善していく人。

 

さらに、面接の時点で「私は吃音症を生まれつき抱えています」とカミングアウトし、全てをさらけ出して不安の無い状態で仕事を頑張っている人だっているんです。

 

吃音を抱えている有名人を紹介しますと、女優のマリリン・モンロー、歌手のエド・シーラン、さらに「不思議の国のアリス」の作者であるルイス・キャロル、そして大天才と言われているアインシュタイン。

 

また、文学関係では井上ひさし、小島信夫、重松清などが吃音があると言われています。

昭和の大政治家である田中角栄も吃音を抱えていたひとりで、吃音を克服するために浪花節をやっていたとか。

 

あと、政治に近い分野ではイギリスのジョージ六世で、彼と吃音との葛藤は「英国王のスピーチ」として映画化されました。

さらに身近なところではフリーアナウンサーの小倉智明も吃音があり、毎日のようにテレビで話すことを仕事にしていますが、今でも家族と話す時には吃音が出るそうです。

 

いかがでしたでしょうか?「有名人っていったって・・・こっちは一般人だよ」と思うかもしれません。

しかし私が一番言いたいのが、これを見たあなたは今から何にでもなれるということ。

 

なんだっていいじゃないですか。吃音のせいで諦めかけていた俳優や芸人でもいいし、歌手だって、アナウンサーだって。

ずっと挑戦してみたかった、接客業のお仕事、アパレルの店員さんなど。

 

多くの吃音を抱えている有名人だって成功しているのだから、あなたにも無限の可能性があるんです。

一番いけないのが、自分なんか・・・と自信を無くすこと。

 

あなたが吃音と一緒に生まれ持ってある素晴らしい才能を生かして、素晴らしい人生を歩んでください。

 

 

参考:吃音の有名人、芸能人!日本・海外でどもりがある人、克服した人まとめ!

【吃音・仕事・おすすめ】吃音がある人が就職、転職する際に肝に銘じておくべきポイント

 

吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

長くなりますが、吃音者向けおすすめの仕事を紹介する前に、吃音症の人が就職、転職する際に肝に銘じておくと良いことをお話していきたいと思います。

 

なんとか仕事先が決まっても、吃音が原因で辞めてしまってはまた振り出しに戻ってしまい、最悪「吃音が原因で・・・」と同じことを繰り返してしまう可能性も考えられます。

 

そうならないためにも、これからお話しする内容をしっかり読んで、肝に銘じといてくれたら嬉しく思います。

自分にとって「安心できる」を最優先すること

 

仕事選びの基準は「やりがい」「年齢層が近い」「給料が高いこと」「家から近い」など、人それぞれ選ぶ基準は様々でしょう。

 

しかし、はじめにお話ししておきますと

自分にとって安心できるのか?に重きを置いて仕事を選ぶべき。

 

というのも、安心して働くことができる仕事であれば、「やりがい」や「楽しさ」は後から付いてくるもの。

 

これまでのように吃音の症状に怯えて働く必要が無く、これまで以上にストレスフリーかつスムーズに仕事ができるようになるでしょう。

 

初めからやりがいがあったり楽しさがある仕事ってそもそもあるのでしょうか?

仕事も安心してスムーズにこなして、「これが出来たから、次のステップだ!」という風に、段々と勢いがついていくと、仕事も楽しくなっていくものです。

 

また、そうして活き活きと働くことでパフォーマンスが向上し、結果的に良い待遇が得られるようになるのではないでしょうか。

面接時などカミングアウトする機会があればしておくこと

 

可能であれば自分が吃音症であるということは、面接時に伝えておきましょう。

というのも、最初の面接で自分が吃音症と伝えておけば、採用後の仕事生活においても、職場の人の理解のもと働けるから。

 

面接時に「私は、言葉の繰り返し、出にくさなどがある、滑らかに話しづらい吃音症を生まれつき抱えています」と伝えておけば、仕事中に言葉にどもったとしても、話し終えた後の落ち込みは少なくなります。

 

逆に、面接時に自分の吃音のことを隠して、採用になったとしたら、あなたは、吃音を隠し続けながら仕事をしなければならないということになり、また悩みが次のステージに突入してしまうわけです・・・

 

また、「何で面接の時に話さなかったの?」と仕事先の上司につっこまれてしまう可能性も十分にありえます。

 

面接時に、自分の吃音をカミングアウトしておけば、採用後の仕事生活も吃音を隠すことは不必要で安心して働くことが可能。

 

 

参考:吃音だと面接で落されるのか。カミングアウトや履歴書には書かない方が正解?

【吃音・仕事・おすすめ】吃音者に適した仕事、求人7選とプラスαを厳選紹介!

 

吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

ということでこの項目では、吃音向けの仕事!おすすめ7選!とプラスしてこらからの時代にあった仕事も合わせて紹介します。

 

何度も言いますが、吃音がある人は優秀で才能のある人がとても多い傾向にあるそうです。

というのも、吃音がある人は生まれながらにして、「HSP」という「敏感でとても感受性が強い」気質を持ち合わせているため。

 

実は、吃音を持っている人が抱えやすい「HSP」の特性を持っている人の中では、「天才」と言われている歴史上の偉人たちがいるのが事実。

 

「HSP」の人の特性から言えるのが「HSP」の人は人の気持ちを理解する能力に優れていると考えられ、他人の気持ちに敏感なので、気の利く行動ができることが多く、特に芸術面では豊かな感性を発揮できると言われている。

 

「HSP」の特性である高い感受性は、天才である人たちに共通して持っているものであり、天才と目されている偉人や有名人は、この「HSP」の特質を知らず知らずに上手く自分の中に落とし込んでいたことがわかります。

 

 

参考:吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!

一般事務

 

事務職の仕事内容は言ってしまえば「他の社員のサポート業務」。

仕事内容は主に、書類の作成・処理、パソコンを使ったデータ入力、電話対応、お客様の来店対応、その他庶務業務などを任されることが多いです。

 

一般事務のメリットとして、専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能。

さらに、吃音の人が苦手とされる電話応対については、電話応対が無い一般事務もありますので、非常にチャレンジしやすい仕事の一つと言えるでしょう。

工場

 

何を作っているのかによって特徴は異なりますが、工場のバイトは比較的軽作業が多いです。

ひとつのものを作るために流れ作業で行うことが多く、それをタイミングよく行うのかメイン。

 

工場でのバイトのメリットは、難しいことは少なく、単純な作業が行える、話す機会は滅多にない点。

特定のスキルが求められることも少なく、経験が無くてもバイトできることが、吃音者にとってもハードルが低くていいのではないでしょうか?

工場で働く人たちは同年代ばかりではないはずです。一緒に同じ仕事をしたり、教わったり、協力し合う中でいい社会勉強にもなるでしょう。

清掃

 

「清掃のアルバイト」といっても、掃除を担当する場所は様々。

ショッピングセンター、オフィス、コンビニなどの店舗、病院などの施設系、ハウスクリーニング、ホテル、空港の清掃を任されることが多い。

 

スピーディに作業を進める手際のよさや、清掃の終了予定時間から逆算して自分の作業ペースを変えていく対応力も必要。

配送業者

 

配達の仕事は簡単にいうと、「荷物を配達先へ届ける仕事」

一口に配送業と言っても業務の内容は食品や物の簡単な配送や、中型、大型トラックを用いて中距離、長距離を走るドライバーなど様々。

 

中型、大型トラックを用いた仕事に就きたいのであれば、あらかじめ免許の取得が必要不可欠。

お客様との簡単な会話があるものの、勤務中の大半は一人で運転していて、誰とも会話しなくて良いのが、吃音者にとって最大のメリットでは無いでしょうか?

言語聴覚士

 

言語聴覚士は、「言語聴覚士法」にもとづく国家資格で、言語聴覚士はST(Speech Therapist)と呼ばれることもあります。

 

言葉によるコミュニケーションが困難となってしまった人たちの状況を改善・軽減するためのリハビリ専門職で、患者さんと対話しながらの仕事なので、その他の仕事と比べると話す機会は多くなるでしょう。

 

自らが吃音だからこそ、他の言語聴覚士よりも患者さんの気持ちがわかるという面もあり、他の言語聴覚士には真似できない点です。

自分と同じ境遇の人に寄り添って助けてあげたい、役に立ちたい、という方にはオススメでしょう。

農家

 

農家といっても、あなたが思っている以上にさまざまな種類があります。

米を作る「稲作農家」や他にも、トマトやナスなどを育てる「野菜農家」、みかんやぶどうなどを生産する「果物農家」があります。

 

食べ物だけでなくバラや鉢植えといった観葉植物を栽培する「花木農家」などもあります。

 

農業では太陽の動きに合わせて働くことが基本で、自然と早寝早起きになることができ、吃音者にとっても良い習慣になることは間違いないでしょう。

ものづくり職人

 

ものづくり職人とは、自ら身につけた技術によって、主に手作業で物を作る職業の人のこと。

家具職人、ガラス工芸、彫刻、など日本の伝統工芸に触れることができます。

 

食品系の職人でしたら、寿司職人やパン職人などでしょうか。

会話することが少なめで何かひとつ突き詰めたい人にはオススメです。

WEBライター(要勉強)

 

WEBライターとは、簡単にいうと、「ネット上に文章を書く」という仕事。

WEBライターは就職・フリーランスの2種類があり、昔から文章を書くことが大好きだという方はうってつけ。

 

仕事の難易度はそこまで難しくないが、仕事量と報酬が見あわないケースがおおいため、途中でやめてしまう人もいるのが現実。

 

フリーランスになることができれば人と顔を合わすことがなくなるので、挑戦する価値はあります。

トレーダー(要勉強)

 

今の世の中、株式などの売買を行う個人のトレーダー(個人投資家)も増えています。

その中でも自宅でPCに向き合い、トレーダーとして生活を成り立たせている人も。

 

このように専業のトレーダーとして活躍している人は莫大な収入を得ている人もいますが、失敗すれば大きな損失を出してしまう可能性もあり、素人が簡単にできるものではありません。

やり始めるにあったては、しっかりと勉強してあらかじめ知識をつけておくことが必要。

プログラミング(要勉強)

 

スマートフォンやデジタルテレビなど私たちの生活のあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されている現代社会。そのコンピューターを動かすシステム開発をするのがプログラマーという職種。

 

しかし、誰でもなれるほど簡単な仕事ではなく、プログラミングの勉強を独学で勉強したり、または専門のスクールに行ったりなどして、トレーダーと同じくあらかじめ知識をつけておくことが必要。

 

今後さらにIT化が進む現代社会においては、プログラマーが不足しており、市場価値の高い職種と言えます。

 

 

参考:吃音の人向けバイト!おすすめ8選!

まとめ

 

吃音,仕事,おすすめ,求人,どもり

 

今回は、「吃音向けの仕事!おすすめ7選!どもりがひどいと転職、就職できない?」をお話ししていきました。

 

吃音がある人は、社会に出ても自分にあった職業なんか・・・とネガティブになりがちですが、実はそんなことはなく、吃音をいうハンデを背負いながらも、実社会で大きな成果をあげている人もたくさんいます。

 

また、吃音者が優秀や天才と言われる所以は、吃音者は生まれながらにして、「HSP」という気質を持ち合わせている人が多いため。

 

トレーダーやプログラマーは、しっかりとした知識を身につけることを前提としてですが、昼間は普通に仕事して、帰ってきたら、それの勉強にあてて、将来ひとり立ちできるように努力するのも一つの手段かもしれませんね。

 

自分なんか・・・と自信をなくすことはもっともしてはいけないこと。

あなたが吃音と一緒に生まれ持ってある素晴らしい才能を生かして、素晴らしい人生を歩んでください。

 

この記事を読んで、「この中から何か選んでチャレンジしてみようかな!」、「プログラミングの勉強をして独立するのもありだな!」と思っていただくと同時に「吃音を克服したい」と思っていただけるきっかけになれたらとても嬉しく思います。

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら