タ行,言いにくい,発音しづらい,舌の位置,滑舌,

 

「私の声の発音が曖昧・・・」、「滑舌がすごく悪い・・・」

吃音を抱えている人は、舌足らず、ベロが少し短いような話し方や、滑舌の甘さに悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

 

最初に、舌が短いから、滑舌が甘くなってしまって、上手く話せないということはないということ。

舌足らず気味の話し方になっていて、上手くベロが使えないという場合でも、ベロの使い方を覚えていけば、声の音が明瞭になります。

 

舌足らずっぽい話し方をしてしまう方、こういった方達が主に苦手な音というのは、ベロを使って発音する音で、代表的なのは、「サ行」、「ラ行」、「タ行」。

なので今回は、「タ行」に焦点を当てて、タ行が言いにくい、発音しづらいのは舌の位置の問題なのか?滑舌の練習方法についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

 

吃音持ちの方が一緒に悩む、滑舌の悪さを解消して、吃音改善の一歩を踏み出しましょう。

タ行が言いにくい、発音しづらいのは舌の位置が関係している

 

タ行,言いにくい,発音しづらい,舌の位置,滑舌,

 

まずはじめに、冒頭でもお話しした通り、舌足らずっぽい音を出してしまう人は、舌を使って発音する音が不明瞭になりがち。

そのため、ベロの使い方次第で発音が明瞭になるか、不明瞭になるか決まってしまうということ。

 

ベロと上のアゴをピタッとつけて、くっついたところから、息が「t、t、t、t、t、t、」と出てきて、このベロと上のアゴというのが「ボン」っと離れ、この時に「タ行」の音が生まれる。

「タ行」の「t」を意識して音を出していただこうとすると、当然「t」なので音が出ませんが、この「t…t…t…」のように、ちょうどベロが上アゴの所にくっついて圧力がかかると思います。

 

この「t」を出そうとした時の圧力が何よりも大事。

しっかりと圧力をかけて、勢いよくベロを「パンッ」と弾きます。

 

こういう風なイメージで上アゴのところからベロが「パンッ」と離れるので、この時に「a」が出てきて、「た」という音が出てくる。

これは後の「i,u,e,o」も一緒で全部破裂する時に、「た、ち、つ、て、と」とういように、全部しっかりとした「t」の圧力をかけた後に「パンッ」と弾くようにやっていただくと、すごく綺麗な「タ行」が出てきます。

 

詳しく説明すると、「た行」の発音は①「タ テ ト(t)」②「チ(chi) ツ(tsu)」の大きく二つに分類され、日本語の「た行」には、「タ  ティ  トゥ  テ  ト」と「ツァ  チ  ツ  ツェ  ツォ」が混ざっているので、少しややこしく感じるかもしれません。

 

①はベロを上アゴの裏側につけ、息を止め、ベロを勢いよく離して息を出して破裂した音。「タ行」が苦手な人は、舌を押し付けておく力が弱い傾向にある。

また、「チ」が「キ」のように聞こえてしまう人もいて、その時はベロが当たる位置が奥になっている可能性が高いので、正しい位置にして繰り返し練習してみること。

 

②は「s」を入れる感覚でやると効果的。

苦手な人はベロが口の外に出そうになっている可能性があり、その場合はしっかり歯を閉じ、ベロが上アゴから離れると同時に歯も開けましょう。

 

タ行が言いにくい、発音しづらい方向け!滑舌の練習方法

 

タ行,言いにくい,発音しづらい,舌の位置,滑舌,

 

これまで、「タ行」の発音の仕方について詳しく説明しましたが、やはり正しい発音の仕方を知っていても、できていなければ全く意味がありません。

「知っている」と「出来ている」は違うということ。

 

そこで、正しい発音をしながら、「タ行」の滑舌改善トレーニングに有効である、早口言葉を用意。

毎日練習したり、発音に注意して話をしたりすることで、少しずつ上達出来、相手にわりやすくなるでしょう。

 

  • 太鼓をタンタントントン叩いて登場
  • 地中深くを注意深く血眼になってチェック
  • つくしを突っつく筒井くん

 

このように、しっかりと、子音(a,i,u,e,o)に圧力をかけられるように練習をして、あとはそこに母音(t)を乗せていく。

子音を意識してしっかり圧力をかけていくと、舌を使う滑舌も良くなっていくということ。

まとめ

 

タ行,言いにくい,発音しづらい,舌の位置,滑舌,

 

滑舌が悪いからといって、ベロが短いということが原因ではなく、上手くベロが使えないという場合でも、ベロの使い方を覚えていけば、声の音が明瞭になる。

「タ行」は「t」の圧力が何よりも大切であり、ポイントは下記の2つ

 

  • ベロを上アゴにつけてしっかりと圧力をかける。
  • デコピンみたいなイメージで、ベロを舌に弾いて、母音を発生する。

 

正しい滑舌改善方法を知っていたとしても、実践しなければ意味がない、「知っている」と「出来ている」は違うということ。

 

しっかりと、子音(a,i,u,e,o)に圧力をかけられるように、あとはそこに母音(t)を乗せていく練習を繰り返しやっていくと少しずつ、滑舌がよくなっていき、吃音改善の一歩を踏み出せるでしょう。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング