ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

「ありがとうございますが言えない・・・吃音の自分は滑舌も一緒に悪い・・・他の人はそんなことないよね?」

このように吃音を抱えている人は決まって滑舌も悪い人がとても多く、私自身もそのひとり。

 

他の人が流暢に「ありがとうございます」と発音しているのに、なんで自分はこんな目に合わなければならないんだ・・・と後ろ向きになるかもしれませんね。

 

しかし、吃音の症状をピタッと治すのはとても難しいことですが、滑舌を改善することは練習によって可能。

 

というのも、吃音は自分の見えない世界(潜在意識)から変えていく必要があるため、時間が少しかかるのに対し、滑舌はそれに関係なく練習で早期に改善できるから。

 

ということで今回は、「ありがとうございますが言えない吃音症の人が、滑舌から言葉の発音を改善していく方法」についてお話ししていきますのでじっくりと読んでみてください。

 

また、吃音の人が「ありがとうございます」とスムーズに発音できる方法も一緒に紹介していますのでお見逃しなく!

【ありがとうございますが言えない】滑舌で言葉の発音を改善するための2つのボイトレ方法

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

「ありがとうございますが言えない・・・滑舌も悪く明瞭に発音できない・・・」

 

冒頭でもお話しした通り、吃音を抱えている人は決まって滑舌が悪い方がとても多いということ。

 

しかし、滑舌の悪さのはトレーニング次第で改善は全然可能。

 

滑舌が悪くなる原因として、

 

  • 発音するときに口がきちんと大きく開いてないこと
  • 唇と舌がうまく動いていない
  • 母音をしっかり発音できていない

 

上記の3つが原因で滑舌が悪くなるとされているということ。

 

ということで今回はこの3つの原因を排除できるようにするための2つのボイトレ方法を紹介。

短い時間で効果的に改善できるので、是非スキマ時間などで実践してください。

母音だけを発音する

 

これは「ありがとうございます」などの苦手な言葉の母音だけをしっかり発音するということ。

母音とは、「あいうえお」の音で、下記の例では右側の赤文字が母音で左側のアルファベットが子音となりますね。

 

お(o)は(ha)よ(yo)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su

→ おあおうおあいあう

 

あ(a)り(ri)が(ga)と(to)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su

→ あいあおうおあいあう

 

お(o)め(me)で(de)と(to)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su

おええおうおあいあう

 

例のように、恥ずかしがらずに口を大きく開いて・大きな声で練習すると効果的。

この練習を繰り返すと、母音を意識して発音できるようになり、1つ1つの単語が明確に発音できるようになる。

「ら」を頭につけて「か行」「た行」「な行」を繰り返し発音する

 

「ら」を頭に付けて発音します。

 

か行 → らか・らき・らく・らけ・らこ

 

た行 → らた・らち・らつ・らて・らと

 

な行 → らな・らに・らぬ・らね・らの

 

おそらく吃音の人が言いづらいのは「らた」「らな」あたりですのでらた」「らな」「らぬ」あたりは何度も繰り返して練習することをお勧めします。

 

この練習を繰り返し行うことで、どんどん唇と舌の動きがよくなります。

 

※「さ行」が苦手な人は「ら」を「さ」に置き換えて練習してみてください。

 

以上、2つの練習方法を各5〜10分程繰り返し練習すると、滑舌改善に効果的なので是非スキマ時間などで実践してみてください。

【ありがとうございますが言えない】吃音を出さずに発音出来るようになる対処方法を伝授!

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

「ありがとうございます」が言えない、言いづらい吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合が多い傾向があります。

 

そのため、いきなり「ありがとうございました」と言おうとしても、「ああああありがとうございます」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

さらに、「ありがとうございます」の他に言い換えができないため、言葉を発しないというなんとももどかしい経験はされたのでないでしょうか?

 

しかし、言い換えが出来ないからといって、「ありがとうございます」などのお礼の言葉をしないというのは大人として、社会人として絶対にしてはいけないのは重々承知のこと。

 

下記で紹介する楽に話せる方法は、私自身が過去に「ありがとうございます」が言えなくて悩んでいた時期にやってみた方法で、聞き手側になんの違和感なく、「ありがとうございます」が伝わるようになります。

「ありがとうございます」の前に一言付け加える

 

「ありがとうございます」の前に「どうも」を付け加えることで「あ」の声を出やすくする状態を作ってしまう。

これをするだけで、次に続く「あ」が自然な流れで出せるようになり、とても楽に発音することができます。

 

さらに、「どうも」を付け加えることで、お客様にもさらに好感をもっていただけるので、吃音をもっている人からすると、この方法は「一石二鳥」になり得ますね。

「ありがとうございます」の前に一呼吸する

 

吃音がある人は特に、呼吸が浅く、話す時に途切れ途切れになっていたり、早口でスピードが速すぎたり、強い声を出して話してしまう傾向があるため、「ありがとうございます」の前に必ず一呼吸することを意識してみると効果的。

 

また、吃音がある人は頭の回転が速いがゆえに早口になると一説で言われています。

吃音と頭の回転の関係性、並びに早口の改善方法を下記の記事でお話していますので、じっくりと読んでみてください。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

「あ」を取り除いて発音する

 

電話応対などで、どうしても「ありがとう」の前に一言付け加えられない場合には、母音である「あ」を取ってしまうこと。

 

「ありがとうございます」でしたら、最初の母音である「あ」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

 

例)

「○りがとうございます 」

 

 

意外な方法ですが、そうすることで相手からしたら「ありがとうございます」とちゃんと発音しているように聞こえるんですよね。

そのため、相手が気ににすらしないと分かったのならば、この方法を試してみるのもそう難しくはありません。

「あ」を2回つなげて発音する

 

「ありがとうございます」でしたら、「ぁありがとうございます」のように「あ」を2つ並べて話すように意識しましょう。

「あ」は母音ですので、2つ並べても少々長めの発音になる程度で、聞いていてさほど違和感がありません。

 

例)

 「ぁありがとうございます」

 

このように、最初の第一声の「ぁ」をなるべく柔らかく発音しようと心がけると、次の「あ」の滑り出しが良くなり、ちゃんと「ありがとうございます」が言えるようになります。

 

柔らかく発音するコツは、小さな声をだすイメージで声を出してみると、柔らかい声が出るようになり、また、舌や唇の力を抜くことにより、小さく柔らかい声がだしやすなる。

 

母音を2つ並べる発音によって、ブロック状態が緩和されて、第一声の「あ」の滑り出しが良くなるんですよね。

発音するときにめい一杯口を大きく開けて話す

 

これを実践することによって、物理的に、早口の改善や滑舌の悪さが解消されます。

吃音がある人は、何度も言っている通り早口で話す人が非常に多い傾向があるんですよね。

 

しっかりと大きく口を開けることで、口元の緊張も緩くなりますので、「これでもかっ!」というくらいにはじめは大きな口で発音することをお勧めします。

 

 

参考:ありがとうございますが言えない。克服するために意識する2つのこと

【ありがとうございますが言えない】1日10回良い言葉を口にして滑舌の練習をしよう

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

「ありがとうございますが言えない。もうウンザリだよ・・・」

 

このように文句を言ったり、グチを言うと、暗くて、嫌な気持ちになったり、不幸な気持ちになりませんか?

 

吃音を抱えている人にとって、マイナス思考などの悲観的な考え方や、文句、グチを言う攻撃的な姿勢は吃音改善どころか、吃音を悪化させてしまいます。

 

と言うのも、冒頭でもお話しましたが、吃音の原因として自分の見えない世界、いわゆる潜在意識というものが関係しており、上記のようなマイナスな考え、行動をしてしまうと、この潜在意識に無意識に悪い方向へ働きかけてしまうから。

 

  • ついていない
  • 不平不満
  • グチ
  • 悪口
  • 心配事
  • 許せない
  • まとめ

 

このように、自分の気持ちを不幸にするだけではなく、周りの人たちまで嫌な気持ちにする病原菌のような言葉ですので、文句やグチは絶対に言ってはいけません。

 

反対に、言うだけで周りの人も、自分も気持ちがウキウキしてくる言葉が下記の言葉

 

  • 愛してます
  • ついてる
  • うれしい
  • 楽しい
  • 感謝しています
  • 幸せ
  • ありがとう
  • 許します

 

いつでもどこでもこの言葉を唱えるだけで気持ちがフワッと軽くなり幸せな気分になります。

ちなみに私は毎朝この言葉を起きた時に唱えるようにしています。

 

嫌なことがあった時、グチや文句を口から出すかわりに、ポジティブな言葉を唱えてみませんか?

吃音や滑舌の改善にもつながり、なおかつ気分もスッキリ、ハッピーになり、一石二鳥どころか一石三鳥ですね!

 

 

参考:ありがとうございましたを言うコツ!吃音でも接客で感謝を伝える方法!

まとめ

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

今回は、「ありがとうございますが言えない。滑舌から言葉の発音を改善していく方法!」についてお話ししていきました。

 

吃音の症状をピタッと治すのはとても難しいことですが、滑舌を改善することは練習によって可能。

 

ありがとうございますが言えない吃音症の人が、滑舌から言葉の発音を改善していくボイトレ方法は下記の2つ

 

  • 母音だけを発音する
  • 「ら」を頭につけて「か行」「た行」「な行」を繰り返し発音する

 

吃音を抱えている人にとって、文句、グチなどと言ったマイナスな言葉は吃音改善どころか、吃音を悪化させてしまう。

 

毎日10回良い言葉を使って良い気分でいることで、心の状態も変わっていくので吃音改善や滑舌にも効果的。

 

 

参考:どもる吃音とは。発達障害?原因と大人の治す克服方法を全て話そうと思う

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら