ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音 

 

「吃音の自分は滑舌も一緒に悪い・・・他の人はそんなことないよね?」

このように吃音を抱えている人は決まって滑舌も悪い人がとても多く、私自身もそのひとり。

 

他の人が流暢に「ありがとうございます」と発音しているのに、なんで自分はこんな目に合わなければならないんだ・・・と後ろ向きになるかもしれませんね。

 

しかし、吃音の症状をピタッと治すのはとても難しいことですが、滑舌を改善することは練習によって可能。

 

というのも、吃音は自分の見えない世界(潜在意識)から変えていく必要があるため、時間が少しかかるのに対し、滑舌はそれに関係なく練習で早期に改善できるから。

 

したがって今回は、ありがとうございますが言えない吃音症の人が、滑舌から言葉の発音を改善していく方法についてお話ししていきますのでじっくりと読んでみてください。

【ありがとうございますが言えない】滑舌で言葉の発音を改善するための2つの方法

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

冒頭でもお話しした通り、吃音を抱えている人は決まって滑舌が悪い方がとても多いということ。

滑舌が悪くなる原因として、

 

  • 発音するときに口がきちんと大きく開いてないこと
  • 唇と舌がうまく動いていない
  • 母音をしっかり発音できていない

 

上記の3つが原因で滑舌が悪くなるとされているということ。

 

ということで今回はこの3つの原因を排除できるようにするための2つの方法を紹介。

短い時間で効果的に改善できるので、是非スキマ時間などで実践してください。

母音だけを発音する

これは「ありがとうございます」などの苦手な言葉の母音だけをしっかり発音するということ。

母音とは、「あいうえお」の音で、下記の例では右側の赤文字が母音で左側のアルファベットが子音となりますね。

 

  • お(o)は(ha)よ(yo)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su
  • → おあおうおあいあう

 

  • あ(a)り(ri)が(ga)と(to)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su
  • → あいあおうおあいあう

 

  • お(o)め(me)で(de)と(to)う(u)ご(go)ざ(za)い(i)ま(ma)す(su
  • おええおうおあいあう

 

例のように、恥ずかしがらずに口を大きく開いて・大きな声で練習すると効果的。

この練習を繰り返すと、母音を意識して発音できるようになり、1つ1つの単語が明確に発音できるようになる。

「ら」を頭につけて「か行」「た行」「な行」を繰り返し発音する

「ら」を頭に付けて発音します。

 

  • か行 → らか・らき・らく・らけ・らこ

 

  • た行 → らた・らち・らつ・らて・らと

 

  • な行 → らな・らに・らぬ・らね・らの
 

おそらく吃音の人が言いづらいのは「らた」「らな」あたりですのでらた」「らな」「らぬ」あたりは何度も繰り返して練習することをお勧めします。

 

この練習を繰り返し行うことで、どんどん唇と舌の動きがよくなります。

 

※「さ行」が苦手な人は「ら」を「さ」に置き換えて練習してみてください。

 

以上、2つの練習方法を各5〜10分程繰り返し練習すると、滑舌改善に効果的なので是非スキマ時間などで実践してみてください。

【ありがとうございますが言えない】1日10回良い言葉を口にして滑舌の練習をしよう

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

文句を言ったり、グチを言うと、暗くて、嫌な気持ちになったり、不幸な気持ちになりませんか?

吃音を抱えている人にとって、マイナス思考などの悲観的な考え方や、文句、グチを言う攻撃的な姿勢は吃音改善どころか、吃音を悪化させてしまいます。

 

と言うのも、冒頭でもお話しましたが、吃音の原因として自分の見えない世界、いわゆる潜在意識というものが関係しており、上記のようなマイナスな考え、行動をしてしまうと、この潜在意識に無意識に悪い方向へ働きかけてしまうから。

 

  • ついていない
  • 不平不満
  • グチ
  • 悪口
  • 心配事
  • 許せない
  • まとめ

 

このように、自分の気持ちを不幸にするだけではなく、周りの人たちまで嫌な気持ちにする病原菌のような言葉ですので、文句やグチは絶対に言ってはいけません。

反対に、言うだけで周りの人も、自分も気持ちがウキウキしてくる言葉が下記の言葉

 

  • 愛してます
  • ついてる
  • うれしい
  • 楽しい
  • 感謝しています
  • 幸せ
  • ありがとう
  • 許します

 

いつでもどこでもこの言葉を唱えるだけで気持ちがフワッと軽くなり幸せな気分になります。

ちなみに私は毎朝この言葉を起きた時に唱えるようにしています。

 

嫌なことがあった時、グチや文句を口から出すかわりに、ポジティブな言葉を唱えてみませんか?

吃音や滑舌の改善にもつながり、なおかつ気分もスッキリ、ハッピーになり、一石二鳥どころか一石三鳥ですね!

 

まとめ

 

ありがとうございます,言えない,滑舌,言葉,発音

 

吃音の症状をピタッと治すのはとても難しいことですが、滑舌を改善することは練習によって可能。

 

ありがとうございますが言えない吃音症の人が、滑舌から言葉の発音を改善していく方法は下記の2つ

  • 母音だけを発音する
  • 「ら」を頭につけて「か行」「た行」「な行」を繰り返し発音する

 

吃音を抱えている人にとって、文句、グチなどと言ったマイナスな言葉は吃音改善どころか、吃音を悪化させてしまう。

 

毎日10回良い言葉を使って良い気分でいることで、心の状態も変わっていくので吃音改善や滑舌にも効果的。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 


どもり(吃音)ランキング