ありがとうございます,言えない,病気,うまく言えない,吃音

 

「っっっっっありがとう」と頭の中で言葉が思い浮かんでも、ここぞのタイミングでうまく言うことができない・・・

このように、なんで自分はこんなにも言葉をうまく発せられないのか、言葉に詰まってしまうのか、と悩んだ時にふと、病気なのでは?と疑問に思う人も少なくないのでは?

 

結論から言いますと、あなたは「吃音症」かもしれません。

吃音症とはいえ、一概にも病気とは言い切れず、あなたが抱えているのが、ちょっとした「悩みベース」なのか、私生活が非常に困難な「困難ベース」なのによって、吃音症が病気なのか?はてまた話し方の個性としてもみれます。

 

私自身もあなたと同じように「ありがとうございます」がうまく言えなくて悩みを抱えていたひとり。

そのため今回は、ありがとうございますが言えないのは病気なのかを深く掘り下げた上で、うまく言えない吃音の話し方対策をあなたにお話ししていきますので、じっくり読んで参考にしてみてください。

ありがとうございますが言えないのは病気?吃音症って何?

 

ありがとうございます,言えない,病気,うまく言えない,吃音

 

冒頭でもお話ししましたが、ありがとうございますが言えない、タイミングよく言えないなどの経験、言葉がつっかえたり、詰まったりしてしまうのは「吃音症」の可能性が非常に高いと言えます。

 

吃音症とは簡単に説明すると、「最初の言葉を繰り返す」症状のことで、吃音のタイプは主に、言葉を繰り返す「連発」・引き伸ばす「伸発」・出にくい「難発」の3通りで「どもり」とも言われることが多い。

 

主に幼児期から発症し、言葉を繰り返す「連発」の人が大半を占め、大人へと成長するにつれ、言葉を発しづらくなる「難発」になっていくパターンがほとんど。

さらに、吃音の出る・出ないは、シチュエーションにきわめて強く影響されます。

 

必ずしも吃音者がみんな「人前で話すような緊張するシチュエーションだとどもる」というわけではありません。

どんなシチュエーションだとどもりが出やすいかは人によってバラバラですが、管理人の私の場合は、「心から信頼している、家族、友達、先輩とリラックスして会話しているとき」に、どもりがとても出やすいです。

 

私のようなシチュエーションでどもりが出やすいという人は案外多く、吃音でない人からすると、ちょっと意外かもしれませんね。

 

そして、一番気になるのが「吃音が病気なのか」について。

私自身、吃音は話し方の個性だと強く捉えていますが、法律的、医学的に一定の線引きをしない限り、支援や治療の対象が無制限に広がってしまうので、そこで「障害」や「病気」として捉えることもあります。

 

まずは、自分の吃音が「恥ずかしい」などの悩みベースなのか、もしくは毎日の生活においての困難や活動の制限がかけられてしまっている「困難ベース」なのかを見極めてみてはいかがでしょうか?

 

この記事の本題の「ありがとうが言えない」のような悩みベースなら、病気や障害だなんて思わなくて全然大丈夫ですし、本当に私生活に困難や制限がかけられているのであれば、吃音者は障害者手帳を持てる?メリット、デメリットを徹底解説!でお話ししている通り、吃音症の人でも「障害者手帳」を持つことが可能です。

 

もし自分の吃音が「困難ベース」なのであれば、一度医療機関や自治体などで相談するのも1つの手段。

また、下記の記事では、「吃音症」の症状や特性について詳しく掘り下げてお話ししていますので、じっくり読んで参考にしてみてください。

 

 

ありがとうございますがうまく言えない吃音の話し方対策を伝授!

 

ありがとうございます,言えない,病気,うまく言えない,吃音

 

言葉を発音するタイミングを変える

 

「ありがとうございました」を楽に言えるようにするには、「あ」を一発目で発音するのではなく、「り」を一発目に持ってくる様に声を出してみるということ。

 

というのも、吃音の人は最初の母音である〝a,i,u,e,o〟が言いずらい、詰まってしまう方が非常に多いから。        

「り」にアクセントを置くことで、一発目の「あ」に力が入らないようにする方法。

 

「あ」を小さく言う、もしくは完全に取り払い、「り」を強調して発音してみることで、なんとなく「りがとうございます」と言っている気分になると思います。

 

かといって、周りの方に「りがとうございます 」と聞こえているかというと、不思議とちゃんと言っているように聞こえるんですよね。

 

あなたも経験があると思いますが、気前のいいご飯屋さんで「らっしゃい!」、「っしゃせー」なんて言われることがありますが、こっちはちゃんと言っているように聞こえますよね?笑

 

この例えは少し大げさかもしれませんが、今お話ししている原理と全く同じ。

このように、アクセントの付け方や、言葉を発音するタイミングを変えるだけでいとも簡単に「ありがとうございました」が言えることができ、お客様に対する接客に困ることはないでしょう。

 

他にも接客業のお決まりフレーズである「いらっしゃいませ」、「おはようございます」も同様ですので試しにやってみると良いでしょう。

 

 

参考1:接客でありがとうございますが言えない吃音。言いやすい方法、コツを伝授!

参考2:ありがとうございますの言いやすい方法、コツ4選!吃音、どもりの話し方改善

 

「はーーー」と息を吐くイメージで発音する

声が詰まる吃音の人は、言葉を発音する瞬間、緊張や不安で、声帯や体に力が入り、声が出にくくなりますので、改善するためには、声帯や体の力を抜くことが必要。

 

  1. 「はーーー」と息を吐いてみる。
     →冬に手を暖める時のように「はーーー」と息を吐くイメージで。
  2. 「はーーー」と声を出してみる。
  3. 「はーーー」と同じ感覚で、「あーーー」と声を出してみる。
  4. 上記の3ステップができたら「ありがとうございます」、と発音してみましょう!

 

上記のステップは、息を流し、声を出す、という動作が身に付く方法。

 

上記のステップを繰り返すことで声帯や体の力が抜けるようになり、言葉が詰まることや第一声が出ない吃音の症状を解消することができます。

 

以上、ありがとうございましたが言えない吃音の人のための話し方対策についてお話ししましたが、あくまでもここでお話ししたのは「対処法」。

吃音の症状を少しでも軽減するためには、自分を変えることも大切ですが、カミングアウトして、聞き手の反応を変えるのも1つの手段。

 

吃音を打ち明けるのは死ぬほど勇気がいりますが、カミングアウトすれば聞く側の姿勢を変えるだけでなく、自分の不安を減らす大きな効果も。

下記の記事では、吃音の人のカミングアウトについてと、私自身の体験談をお話ししていますので、合わせて読んでみてください。

 

 

参考1:「ありがとうございます」がうまく言えない、、噛む原因と改善法は?

参考2:吃音が“つらい”と思ったら見てください。

まとめ

 

ありがとうございます,言えない,病気,うまく言えない,吃音

 

ありがとうございますが言えない、タイミングよく言えないなどの経験、言葉がつっかえたり、詰まったりしてしまうのは「吃音症」の可能性が非常に高い。

さらに、吃音は場合によって、「病気」や「障害」として扱われることがあるが、悩みベースならば「話し方の個性」である。

 

ありがとうございますがうまく言えない吃音の人の話し方対策は下記の通り

 

  • 言葉を発音するタイミングを変える
  • 「はーーー」と息を吐くイメージで発音する

 

また、吃音の症状を少しでも軽減するためには、自分を変えることも大切ですが、カミングアウトして、聞き手の反応を変えて自分に不安を減らすことも1つの手段。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング