ありがとうございます,言えない,克服,吃音,電話

 

「おりがとうございます 」の「あ」が言えない・・・、「お電話ありがとうございます」なんてなおさら・・・

吃音が原因で電話応対するのが嫌で嫌でたまらなくなり、最悪の場合そのまま会社を辞めてしまう人も少なくありません。

 

このように吃音を抱えている人が社会人になり、まず大きな壁にブチ当たるのがこの電話応対。

社会人になり、会社に就職したら、この電話応対は避けては通れない業務であり、電話に出た人の第一声でその会社のイメージが決まると言っても過言ではありません。

 

私自身も会社員時代にこのような嫌な経験があるからこそ言えるのは、電話応対への緊張や恐怖心を取っ払うこと。

というのも、緊張や恐怖心を持ったまま電話応対に挑むと、さらに吃音の症状を悪化させてしまうから。

 

いくら嫌で、怖くてたまらなかったとしても、仕事なのであなたはこの業務を遂行しなくてはなりません。

それゆえ、もしあなたがこのような状態を脱却したいのであれば、会社に期待するのではなく、自分でこの緊張や恐怖心を取り払って、吃音を改善するべき。

 

ということで今回は、ありがとうございますが言いやすい方法を紹介した上に、吃音だった私の電話克服方法をお話していきますのでじっくり読んでみてください。

 

【ありがとうございますが言えない】吃音だった私の電話克服方法とは?

 

ありがとうございます,言えない,克服,吃音,電話

 

吃音を抱えている人が苦手とされるものに、この電話応対が非常に多く上げられていて、電話応対での失敗や「嫌な思い」の積み重ねによって、吃音の症状を増やしてしまいます。

 

聞き手側がびっくりしたり、笑ったりと、否定的な反応をすれば、ますます吃音の人は話しにくくなっていき、吃音の症状を増やしていくことをあなた自身がまず理解しておきましょう。

 

「どもったらどうしよう」という予期・不安が電話応対するあなたにとってもっとも厄介な壁となります。

この予期・不安を解消するためにも、「ありがとうございます」をしっかり言い切って、自分に自信をつけることが何よりも大切。

 

そのため今回は「ありがとうございます」、「お電話ありがとうございます」の攻略するためのポイントをご紹介します。

また、下記の記事で、吃音者の予期・不安について詳しくお話ししていますので、じっくりと読んで不安をぶっ飛ばしてください。

 

 

参考:言葉に詰まる人の心理とは。言葉が詰まるようになったのは病気?改善できる?

最初の「あ」や「お」の母音をとってみる

「ありがとうございます」が言いずらい吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合がとても多いです。

そのため、いきなり「ありがとうございました」と言おうとしても、「ああああありがとうございました」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

「ありがとうございます」でしたら、最初の母音である「あ」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

 

  • 例)「ありがとうございます」→ 「○りがとうございます 」
  • 例)「お電話ありがとうございます」→ 「○電話○りがとうございます 」

 

このように自身が発音している感覚としては「りがとうございます」ですが、実際には発音しなくても「あ」が入る間をいれておくと、それを聞いている相手からしたら「ありがとうございます」として聞こえてしまうもの。

 

電話越しからしたらなおさらのことで、相手の口も表情も見えていないので第一声の「あ」や「お」が抜けたくらいでは何も違和感はありませんし、全く無問題。

 

吃音を抱えている人にとって「あ」や「お」の母音をとって発音することは、電話応対のみならず、接客の場面でもとても役に立つので、しっかりと練習して実践してみてください。

【ありがとうございますが言えない】得意だ!と言えば得意になる!

 

ありがとうございます,言えない,克服,吃音,電話

 

上記で、吃音者の予期・不安について軽く触れましたが、先ほどご紹介したやり方と合わせて是非実践していただきたいことがあります。

それは、毎日「自分は電話応対が得意だ!」と口に出して言うこと。

 

というのも、人間は口に出して言ったことを、脳を使って全力で実現させようとするから。

考えてみてください。

 

「俺はモテない・・・こんな俺なんか彼女ができなくてもいい」と言っている人の彼女になりたいと思いますか?

答えはもちろん「NO!」ですよね。

 

「モテない」と言えば言うほど、彼女ができない状態から遠ざかっっていると言うこと。

この考えを電話応対に当てはめたのが、今説明した「自分は電話応対が得意だ!」と言う背伸びした自己洗脳。

 

このように背伸びした自己洗脳をすることで、電話応対における緊張や恐怖と取り払うことができ、自信がつくことも!

私自身、この自己洗脳のおかげで、だいぶ苦手な場面において吃音の症状を抑えることができ、緊張や恐怖からも逃れることができたので、あなたも是非やってみてください。

まとめ

 

ありがとうございます,言えない,克服,吃音,電話

 

吃音を抱えている人が社会人になり、まず大きな壁にブチ当たるのがこの電話応対。

ありがとうございますが言えない吃音の人が乗り切るコツは下記の2ポイント

 

  • 最初の「あ」、「お」をとってみる
  • 背伸びした自己洗脳をし、根拠のない自身をつける

 

このように、しっかりと電話応対の対策をしつつ、背伸びした自己洗脳で、あなたの苦手な電話応対を攻略していきましょう。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング