ありがとうございました,コツ,吃音,接客,感謝

 

「バイト中レジで吃音が出てしまい、ありがとうございましたがすごく言いずらい・・・」、「吃音もちの自分が、お客さまに感謝の気持ちなんて伝えられないな・・・」

 

「ありがとうございました」が言いずらくて、仕事中やバイト中にふと、「吃音の俺なんか・・・」とつい思ってしまうもの。

ただ、はっきりいってしまうと、感謝の気持ちを伝えるのに、スラスラ言えるのも、吃音が出るのも関係ないということ。

 

実際に私自身もバイト時代に、あなたと同じ悩みを抱えていましたが、吃音があってもお客さまとすごく仲良くなれていましたし、逆に感謝もされていたので、間違いありません。

 

それではどうすれば、吃音でも接客で感謝を伝えることができるのか?

私自身がバイト時代に接客で感謝を伝えていた経験も踏まえて、超現実的に吃音でも接客で感謝を伝える方法を徹底解剖していきます。

ありがとうございましたを言うコツや克服方法はあるの?

 

ありがとうございました,コツ,吃音,接客,感謝

 

接客で「ありがとうございました」としっかりと言いたいのであれば、まず必ず押さえておくべきことが「不安になりすぎない」ということ。

というのも吃音がある人は「上手く話せないのはストレスが原因?」でもお話ししているように、症状を悪化させる要因のひとつに「予期不安」という、「どもったらどうしよう」などど過度に不安をして、どもりを誘発してしまうことがあるから。

 

吃音がある人にっとて吃音を克服するために大事な考え方が「どもってもいい!」という自分の吃音の症状を気にしないこと。

これを意識して普段から生活しておけばどんな場面でも「話したい気持ち」を表現できるようになり、吃音であることで自信を失い、話すことをためらうことも無くなります。

 

はじめにお話ししましたが結局、感謝の気持ちを伝えるのに流暢な言葉や完璧な発音は無必要。

話すことをためらうことなく話せるようになれば、言えない言葉が言えるようになった時に、「この言葉、今日難なく言えた!」という小さな成功体験を積むことができ、自信がついていきます。

 

吃音がある人は生まれつき「HSP」という特質を兼ね備えている人がとても多く、簡単に言いますと、周りの人よりも「敏感でとても感受性が強い」ということ。

この特質が、「吃音もちの自分が、お客さまに感謝の気持ちなんて伝えられないな・・・」という余計な不安を掘り起こしてしまいます。

 

しかし、裏を返せば「HSP」とは、感受性が豊かなことから、周囲や人の気持ちも人一倍理解しやすい性格で、より深くとらえられる才能の持ち主。

「HSP」の特徴を理解し、ぜひその素晴らしい才能を生かして、あなたの仕事やバイトでの接客に活かしてほしいと思います。

 

「HSP」について下記の記事で詳しくお話ししていますのでじっくり読んで参考にしてください。

 

参考:吃音の人が天才かもってご存知ですか?理由を徹底解剖!

吃音でも接客でお客さまに「ありがとうございました」と感謝を伝える方法!

 

ありがとうございました,コツ,吃音,接客,感謝

 

さて、感謝の気持ちを伝えるのに、吃音者も非吃音者も関係ないとお話しししてきましたが、吃音がある人にとって、「本当なの?」と少し自信なさげになってくると思います。

少し考えてみてください。

 

例えば、噛む、どもることなく話せる非吃音者が、特に何もなく接客してきたとしても、お客さまは不快に思うこともなく、何も感じることはない。

つまり、お客さまはその接客に興味すらしていないということですよね?

 

私はそれを逆手に取り、吃音がある自分でもしっかりと感謝を伝えることができる、お客さまに印象に残るような接客をしました。

その結果。常連のお客さまとは毎日楽しくお話ししますし、帰り際にいつもありがとうと、逆に感謝されることも。

 

では、今まで「ありがとうございました」さえ上手く言えることができなかった私がどうやって接客で感謝を伝えてきたのか?

はっきりいってしまうと、これはもう、笑顔、愛嬌。

 

たとえ「ありがとうございました」がどもっていたとしても、それが出来ていれば、接客以上にカバーできるのでじっくりと読んでみてください。

自然なスマイル!

お客さまに与える印象の中で最も大きな影響力を持つのがこの「笑顔」。

どんなに仕事がバリバリ出来て、上司から「出木杉くん」の様な扱いをされていたとしても、お客様に笑顔のない接客をしては、魅力ある接客とは言えません。

 

「いらっしゃいませ」と先ほどお伝えしたやり方で笑顔の挨拶で始まり、「ありがとうございました」と最後にお客様を見送ることができれば、「今回は買わなかったけど、また来ようかな」とお客様は思ってくれる可能性もあり。

笑顔をする上で徹底していただきたいのが、作り笑顔ではなくて、あくまで自然な笑顔を意識すること。

 

目が笑っていない作り笑いなどでは、無理して笑顔を作っている様子がお客さまにも伝わって逆効果になりかねませんので、ほんの少し口角を上げ、お客さまの目をしっかりと見て優しい表情を心がけることが何よりも大切。

 アイコンタクト!

「挨拶」、「笑顔」と続いて最後に切っても切り離すことが出来ないのが、この「アイコンタクト」!

言葉で伝える以上に、相手の目を見て笑顔で話しかけることで、自分の気持ちがお客様に届きやすくなるということ。

 

アイコンタクトをしっかりとやることで、お客様からは、「しっかりとお客さんのこと見てるんだ!」と思っていただけて好印象を持っていただけます。

どもってても沢山感謝の言葉を言う

また、単に「ありがとう」と伝えるよりも、「ありがとう、本当に助かりました。ありがとうございます!」などと例えどもっていたとしても感謝の言葉を出し惜しみをしない。

その方がどもりまくっていたとしても、より感謝が伝わります。

 

またお客さまに、何かをしていただいたらすぐに「ありがとうございます」と伝えてから、別れ際にも、そのことを話題にして「本当にありがとうございました」と伝えると、相手にもお礼を言われたという印象が残ります。

 

お客さまに「感謝の余韻」を残すことは、あなたに好印象を抱かせるポイント。

まとめ

 

ありがとうございました,コツ,吃音,接客,感謝

 

仕事やバイトでの接客で、感謝の気持ちを伝えるのに、スラスラ言えるのも、吃音が出るのも関係ない

むしろ、普通の接客をしていればしているほど、お客さまはあなたの接客に無関心である。

 

さらに接客で発話する上で、必ず押さえておくべきことが「不安になりすぎない」ということ。

 

吃音の人が、接客でお客さまに感謝を伝える方法は下記の3ポイント

  • 自然なスマイル!
  • アイコンタクト!
  • どもってても沢山感謝の言葉を言う

 

この3つが出来るようになれば、吃音があっても周りの人と接客で差別化できるし、自分のファンになってもらえる。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング