ありがとう,ございました,言えない,吃音,話し方

 

「ありがとうございますの〝あ〟が言えない・・・」、「何故こんなにも言葉が詰まってしまうの?」

「バイトや職場でこれほど悩ませられるものなのか・・・」と私自身、吃音経験者としてこのような思いは痛いほど共感できます。

 

吃音がある人は、完璧に発話できないあまりに自分を責めて、自己嫌悪に陥りやすいのではないでしょうか?

はじめにお話ししておきますと、吃音があるのならば無理に完璧を求めるのはNG。

 

そもそも「ありがとうございました」は何の為に使う言葉でしょうか?

・・・感謝を伝えるための言葉ですよね。

 

ぶっちゃけなところ、実際、お客様に感謝が伝わればいいだけの話。

ということで今回は、ありがとうございましたが言えない吃音症。話し方や滑舌を意識した改善方法!についてお話ししていくので、じっくり読んでみてください。

 

参考:ありがとうがつっかえる…言葉が詰まる、言えない吃音とは何なのかチェック!

【ありがとうございましたが言えない】何故吃音の人は最初の「あ」が言いにくいのだろうか?

 

ありがとう,ございました,言えない,吃音,話し方

 

そもそも吃音の人は「あ行」が苦手

 

「ありがとうございました」が言いずらい吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合がとても多い。

そのため、いきなり「ありがとうございました」と言おうとしても、「ああああありがとうございました」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

実際に私自身もとても昔、「あ行」がとても苦手で、「ありがとうございました」のみならず、人の名前を呼ぶときもどもっていましたね。

 

「えええええ江口さん・・・」みたいな感じでしょうか?吃音がある人は「あ行」にとても苦手意識を感じている人が多いようです。

「どもってしまうかも・・・」という予期不安

 

吃音があるあなたなら共感できるかと思いますが、何か言葉を発する前に、「どもってしまったらどうしよう・・・」って思いませんか?

 

そもそもこの「どもったらどうしよう・・・」という弱気な気持ちが吃音を誘発しているんですよね。

 

これは発話前の「予期不安」と言われており、上手く話せなかった嫌な思いが記憶としてインプットされ、予期不安としてさらに吃音の強化に繋がって、非常に最悪な悪循環。

「どもっても大丈夫」という強気な気持ちを持つことで、予期不安は徐々になくなっていきます。

「うまく言わなくては・・・」という精神的なプレッシャー

 

これも「予期不安」と非常に似ていますよね。

「職場の同僚に、お客様にしっかりと明瞭に言わないと恥ずかしい・・・」というプレッシャーから、口元がフリーズしてしまっている可能性が大。

 

吃音の症状を増やす要因として、周りからのプレッシャー、どうみられているか?深く考えすぎるあまりに、吃音が強化されていきます。

 

 

参考:「ありがとうございます」がうまく言えない、、噛む原因と改善法は?

【ありがとうございましたが言えない】吃音経験者が語る!話し方や滑舌を意識した改善方法を一挙公開!

 

ありがとう,ございました,言えない,吃音,話し方

 

「ありがとうございました」の前に一言付け加える

 

前の項目でもお話ししましたが「ありがとうございます」が言いずらい吃音を持っている人は、最初の母音(あ)が言いずらい場合がとても多い傾向があります。

そのため、いきなり「ありがとうございました」と言おうとしても、「ああああありがとうございました」などと吃音の症状が出てしまうことも。

 

そう言った場合は、「ありがとうございました」の前に「どうも」を付け加えることで「あ」の声を出やすくする状態を作ってしまえばいいだけ。

前の言葉を繋げることで「あ」が自然な流れで出せるようになり、とても楽に発音することができます。

 

さらに、「どうも」を付け加えることで、お客様にもさらに好感をもっていただけるので、吃音をもっている人からすると、この方法は「一石二鳥」になりますよね!

「ありがとうございました」の前に一呼吸する

 

吃音がある人は特に、呼吸が浅く、話す時に途切れ途切れになっていたり、早口でスピードが速すぎたり、強い声を出して話してしまう傾向があるため、「ありがとうございました」の前に必ず一呼吸することを意識してみると効果的。

 

また、吃音がある人は頭の回転が速いがゆえに早口になると一説で言われています。

吃音と頭の回転の関係性、並びに早口の改善方法を下記の記事でお話していますので、じっくりと読んでみてください。

 

 

参考:どもりと頭の回転の関係性について。吃音者は頭が良い?悪い?早い?

「あ」を取り除いて発音する

 

「ありがとうございました」の他に言い換えができないため、言葉を発しないというなんとももどかしい経験はされたのでないでしょうか?

 

しかし、言い換えが出来ないからといって、「ありがとうございます」などのお礼の言葉をしないというのは大人として、社会人として絶対にしてはいけないのは重々承知のこと。

 

これを解決してくれるのが1つ目の方法として、母音である「あ」をとってしまう「母音抜き」方法!

 

「ありがとうございます」でしたら、最初の母音である「あ」を完全(または、ほとんど)にとってしまいます。

 

例)

  • 「○りがとうございました 」

 

 

そうすることで、相手からしたら「ありがとうございます」とちゃんと発音しているように聞こえます。

そのため、相手が気ににすらしないと分かったのならば、この方法を試してみるのもそう難しくはありません。

「あ」を2回つなげて発音する

 

例えば、「ありがとうございます」でしたら、「ぁありがとうございます」のように「あ」を2つ並べて話すように意識しましょう。

「あ」は母音ですので、2つ並べても少々長めの発音になる程度で、聞いていてさほど違和感がありません。

 

  • 例) 「ぁありがとうございました」

 

このように、最初の第一声の「ぁ」をなるべく柔らかく発音しようと心がけると、次の「あ」の滑り出しが良くなり、ちゃんと「ありがとうございます」が言えるようになります。

 

柔らかく発音するコツは、小さな声をだすイメージで声を出してみると、柔らかい声が出るようになり、また、舌や唇の力を抜くことにより、小さく柔らかい声がだしやすなる。

私自身が過去に「ありがとうございます」が言えなくて悩んでいた時期がありますが、この方法はとてもおすすめで、聞き手側になんの違和感なく、「ありがとうございます」が伝わるようになります。

 

母音を2つ並べる発音によって、ブロック状態が緩和されて、第一声の「あ」の滑り出しが良くなると言うこと。

発音するときにめい一杯口を大きく開けて話す

 

これを実践することによって、物理的に、早口の改善や滑舌の悪さが解消されます。

吃音がある人は、何度も言っている通り早口で話す人が非常に多い傾向があるんですよね。

 

しっかりと大きく口を開けることで、口元の緊張も緩くなりますので、「これでもかっ!」というくらいにはじめは大きな口で発音することをお勧めします。

 

 

 

参考:ありがとうございますが言えない。滑舌から言葉の発音を改善していく方法!

参考:ありがとうございましたを噛む…どもる…いとも簡単に発音が良くなる方法とは?

まとめ

 

ありがとう,ございました,言えない,吃音,話し方

 

何度も言いますが「ありがとうございました」は何の為に使う言葉でしょうか?

・・・お客様に感謝を伝えるための言葉ですよね。

 

完璧な発音を求めるがあまり、吃音の症状を悪化させることに繋がることもあります。

さらに、発話の予期不安や、周囲などのプレッシャーによって吃音が強化されていくのです。

 

お客様にどのように感謝が伝わるのか?これを意識しながら今回紹介した楽な発話方法を実践してみてください。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング