いらっしゃいませ,言えるようになるには,声の出し方,接客,方法

 

「いいいいいらっしゃいませ・・・」、「接客の時にいらっしゃいませが言えない・・・」

このように、頭の中では言えているのに、発音する時になかなか言葉が出てこない人は、吃音の人以外でもたくさんいらっしゃいます。

 

私自身も、上記のように頭の中で言えているのに、言葉に出しずらいと言われている吃音症を持つひとり。

ただ、そうは言っても、これじゃ仕事にならない・・・、バイトクビになっちゃうんじゃないかな・・・と少なからず悩んでいる方も多いでしょう。

 

結論から言えば、いらっしゃいませが言いづらくても全く無問題。

もちろんほぼ毎日、接客用語として言っているので、言いづらいというのは、相当ストレスが溜まってしまいます。

 

そのため今回は、いらっしゃいませが言えるようになるための声の出し方を紹介した上で、言いづらくても、お客さまに好印象を与える最強の接客の極意を伝授しますので、じっくり読んでみてください。

いらっしゃいませが言えるようになるには声の出し方を変えること

 

いらっしゃいませ,言えるようになるには,声の出し方,接客,方法

 

いらっしゃいませが言いづらくても全く無問題だとしても、お客様からしたら最初のファーストコンタクトとなる挨拶なので、まずはあなたのお悩みの根本から解決した方が何よりも効果的。

 

結局、お客様は最初のファーストコンタクトの接客で「この店がいい店か?ダメな店か?」見極めるわけですので、そこは、社員・バイト関係なく徹底することが大事。

 

「いらっしゃいませ」が言いずらいからと言って、お客様に全く挨拶をしないということは、接客業として絶対にNG。

 

また、接客で「いらっしゃいませ」としっかりと言いたいのであれば、必ず押さえておくべきことが「不安になりすぎない」ということ。

 

というのも吃音がある人は「上手く話せないのはストレスが原因?」でもお話ししているように、症状を悪化させる要因のひとつに「予期不安」という、「どもったらどうしよう」などど過度に不安をして、どもりを誘発してしまうことがあるから。

 

では、今まで「いらっしゃいませ」を上手く言えることができなかった吃音の人がどうやってスムーズに言葉を発せるようになるのか?

それは、「いらっしゃいませ」の最初の「い」をとってしまうやり方。

 

吃音がある人は、最初の母音(い)が言いずらい場合がとても多いと言われているので、それを無理に言葉を発した時に「いいいいいらっしゃいませ」になってしまうのです。

 

最初の「い」をとった状態で、話してみると「らっしゃいませ」となります。

そこで「らっしゃいませ」の前に本来あなたが発するはずの「い」の空間を開けるのも忘れずに!

 

こうして「○らっしゃいませ」と発すると、お客様からしたら違和感なくファーストコンタクトが取れるというわけです。

そもそもお客様からしたら、こちら側が「いらっしゃいませ」の「い」をとったかどうかなんて、100パーセントわかりませんから!笑

 

まず、不安にならないことを意識してこのやり方を実践してみることが何よりも大切。

また、さらに言いやすい方法やコツを求めている方は、下記の記事で詳しくまとめていますので、そちらをじっくりと読んでみてください。

 

参考:接客でありがとうございますが言えない吃音。言いやすい方法、コツを伝授!

いらっしゃいませが言いづらくてもお客さまに好印象を与える最強の接客とは?

 

いらっしゃいませ,言えるようになるには,声の出し方,接客,方法

 

「あれ?お客さま今日顔色悪いですね。お仕事大変なんですね。お疲れ様です!」、「今日いつもより出勤早いですね!いってらしゃい!」

毎日通っているコンビニの店員さんに、このように声をかけられたらあなたはどう思いますか?

 

私自身もほぼ毎日、仕事帰りに同じコンビニに通っているのですが、このように声をかけられたらめちゃくちゃ嬉しいです。

コンビニの店員さんって、お客さまにとって第二の家族だと思うんですよね。

 

というのも、コンビニの店員さんってお客さまにとって、朝一番に会う最初の人、または、夜最後に会う人が大多数だから。

 

たまに、ユニフォームがグシャグシャで、「俺は接客なんてしない!バーコードしか見ねえ!」みたいな店員さんいるじゃないですか?

あなた自身がそのような店員さんに遭遇した時どう思いますか?

 

「すごく感じ悪いな・・・もう行くの控えようかな」

ってきっと思うはず。

 

逆に、いらっしゃませが言いづらくても、朝一番のお客さま、お仕事を頑張って夜クタクタになって帰ってきたお客さまに何かしらの元気を与えている店員さんの方が絶対にいい。

先ほど紹介した声かけができなくても、自然な笑顔だけでも十分お客さまに喜んでいただけるはず。

 

「この店員さんは自分の第二の家族だ」と思っていただけたら、うまく言葉が言えなくても、あなたは十分すぎるほど接客のプロ!

今回はコンビニの例えをしましたが、もちろんコンビニじゃなくたって大丈夫。

 

アパレルでも、飲食でも、なんだって人に何かしらの元気や勇気を与えられる店員さんってすごく魅力的。

言葉だけが全てじゃありません。

 

何度も言いますが、お客さまに第二の家族と思っていただけるような接客をすることが好印象を与える最強の接客。

まとめ

 

いらっしゃいませ,言えるようになるには,声の出し方,接客,方法

 

いらっしゃいませが言えるようになるための声の出し方は、「いらっしゃいませ」の最初の「い」をとってしまう方法。

極論、言いづらくても無問題ですが、それを理由に言わないのは、接客業として絶対NG。

 

ただ業務を遂行するだけでなく、お客さまに元気や勇気を与えるような存在になれるようになると、吃音、どもりなんか気にしなくなり、次第に改善されていく。

 

最後にもう一度言っておきますと

お客さまに第二の家族と思っていただけるような接客をすることが好印象を与える最強の接客である。

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング