吃音,求人,電話,仕事,事務職

 

「吃音がある人が転職、求人を探すとしたらどんな仕事があっているのか?」

「吃音が原因で転職したい・・・」と思ってはいるものの、何をどうすればいいのか分からない、なかなか行動に移せないという方は結構多いんですよね。

 

私自身も実際に、「吃音症」というハンデを抱えながら数々の職を転職してきて学んだことが1つだけあります。

それは、やりたいことはまず隣に置いといて、安心を最優先させることにフォーカスさせること。

 

誰しも、求人を探す際は、「やりたいこと」や「やりがい」を求めがち。

それであなたの吃音の悩みが消し去ることが出来るならなんの問題もありません。

 

しかし、ほとんどの吃音者が目先のことに先走り、就活、転職に失敗しているのも事実。

ということで今回は、吃音者向けの求人とは?電話なしの仕事、事務職、在宅ワークがおすすめ?についてお話ししていくので、じっくり読んで見てください。

吃音がある人が仕事で転職、求人を探す上で意識したいポイント

 

吃音,求人,電話,仕事,事務職

 

転職、求人を探す上で何を基準にして選ぶかは人それぞれ。

「給料が高い」「ボーナスがもらえる」「残業が無い」「やりがい」「やりたいこと」など、求人を探す前に、自分が求めているのは一体い何なんだろう?と自己分析するかと思います。

 

確かに、今挙げたことはどれもとても大切なポイントであることは間違いありません。

しかし、吃音がある人が見落としてしまいがちなことの1つとして、「安心して働ける場所であるか?」をきちんとリサーチしていないことが多くあります。

 

では吃音がある人でも安心して働ける場所とは一体何なんでしょうか?

これも、吃音者それぞれ意見が分かれると思いますが、例を挙げると1つに「電話応対が無い職場」が挙げられます。

 

というもの、吃音がある人が、就職して仕事業務でまずはじめにぶち当たる壁が「電話応対」だから。

もちろん、吃音があっても、何とか工夫して電話応対をこなしている人だってたくさんいらっしゃいます。

 

ここで一番あなたにやっていただきたいことは「自分の中で何が嫌なのか明確に書き出しておくこと」

これをしておくだけで、あなたが安心して働ける職場がだんだんと絞れてくるはず。

 

安心して働くことができる仕事であれば、「楽しい」「やりがい」などは後から付いてくるもの。

これまでのように吃音の症状に怯えて働く必要が無く、これまで以上にストレス抱えることなく、かつスムーズに仕事ができるようになるでしょう。

 

さらに、自分が誰かの役に立っているという実感や、成長しているという実感などを得ることができ、それが楽しさにもやりがいにも。

 

また、そうして活き活きと働くことでパフォーマンスが向上し、結果的に良い待遇が得られるようになるのではないでしょうか。

 

 

参考:吃音だと就職できないのか?仕事の面接、就活で一番、大切なこと。

吃音者向けの求人とは?電話なしの仕事、事務職、在宅ワーク?

 

吃音,求人,電話,仕事,事務職

 

前の項目では、吃音がある人が求人を探す上で大切なポイントとして、「安心して働ける場所であるか?」についてお話ししましたね。

ここからは、吃音がある人でも安心して働けて、さらに活躍できる求人を紹介していきます。

これから紹介する求人は、

 

  • あまりコミュニケーションをする必要がない
  • 淡々と任された作業ができる
  • 人間関係をあまり必要としない
  • 電話対応がない

 

といった、吃音がある人でも安心できる条件。

 

しかし、どのような仕事でも、人と接する機会は必ずありますし、それはお客さんだけでなく、同じ職場の仲間でもあります。

今回は、吃音者でも精神的なストレスがかからない求人に重きを置いて紹介していきますね。

主にパソコンを使ったデータ入力!「一般事務」

 

事務職の仕事内容は言ってしまえば「他の社員のサポート業務」。

仕事内容は主に、書類の作成・処理、パソコンを使ったデータ入力、電話対応、お客様の来店対応、その他庶務業務などを任されることが多いです。

 

一般事務のメリットとして、専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能。

さらに、吃音の人が苦手とされる電話応対については、電話応対が無い一般事務もありますので、非常にチャレンジしやすい仕事の一つと言えるでしょう。

難しいことは少なく、単純な作業が行える「工場勤務」

 

何を作っているのかによって特徴は異なりますが、工場のバイトは比較的軽作業が多いです。

ひとつのものを作るために流れ作業で行うことが多く、それをタイミングよく行うのかメイン。

 

工場でのバイトのメリットは、難しいことは少なく、単純な作業が行える、話す機会は滅多にない点。

特定のスキルが求められることも少なく、経験が無くてもバイトできることが、吃音者にとってもハードルが低くていいのではないでしょうか?

工場で働く人たちは同年代ばかりではないはずです。一緒に同じ仕事をしたり、教わったり、協力し合う中でいい社会勉強にもなるでしょう。

お客様の住みやすい環境作りを手がける「清掃業者」

 

「清掃のアルバイト」といっても、掃除を担当する場所は様々。

ショッピングセンター、オフィス、コンビニなどの店舗、病院などの施設系、ハウスクリーニング、ホテル、空港の清掃を任されることが多い。

 

スピーディに作業を進める手際のよさや、清掃の終了予定時間から逆算して自分の作業ペースを変えていく対応力も必要。

食品やモノ自宅や企業に届ける「配送業者

 

配達の仕事は簡単にいうと、「荷物を配達先へ届ける仕事」

一口に配送業と言っても業務の内容は食品や物の簡単な配送や、中型、大型トラックを用いて中距離、長距離を走るドライバーなど様々。

 

中型、大型トラックを用いた仕事に就きたいのであれば、あらかじめ免許の取得が必要不可欠。

お客様との簡単な会話があるものの、勤務中の大半は一人で運転していて、誰とも会話しなくて良いのが、吃音者にとって最大のメリットでは無いでしょうか?

お客様は落ち着いている方が大半の「書店勤務」

 

書店によって仕事内容は変わってきますが、基本的な仕事として、朝は本のはたきがけや陳列の乱れを直し、新刊、人気商品などの確認、お客様の来店時にはレジ作業などを行います。

 

お客様はとても落ち着いた方が大半ですので、ゆっくりと接客も試してみたい、という方には最初のスタートとしてはおすすめできるバイトの一つ。

まずは副業感覚で!ネット上にものを生み出す「WEBライター」

 

WEBライターとは、簡単にいうと、「ネット上に文章を書く」という仕事。

WEBライターは就職・フリーランスの2種類があり、昔から文章を書くことが大好きだという方はうってつけ。

 

仕事の難易度はそこまで難しくないが、仕事量と報酬が見あわないケースがおおいため、途中でやめてしまう人もいるのが現実。

副業としてまずは挑戦して、本業よりも収入が上回ったら、webライター一本でやっていくというのも1つの手段ですね。

コンピュータープログラムを作成する「プログラミング」

 

スマートフォンやデジタルテレビなど私たちの生活のあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されている現代社会。そのコンピューターを動かすシステム開発をするのがプログラマーという職種。

 

しかし、誰でもなれるほど簡単な仕事ではなく、プログラミングの勉強を独学で勉強したり、または専門のスクールに行ったりなどして、トレーダーと同じくあらかじめ知識をつけておくことが必要。

 

今後さらにIT化が進む現代社会においては、プログラマーが不足しており、市場価値の高い職種と言えます。

 

 

 

 

吃音,求人,電話,仕事,事務職

 

吃音がある人が仕事で転職、求人を探す上で意識したいポイント・・・

それは、「あなた自身が安心して仕事が出来る環境であるか?」しっかりと吟味すること。

 

給料やボーナスなどの待遇面や、やりたいこと、やりがいはもちろん求人を探す上でとても大切ですが、一旦それは隣にそっと置いといて探してみましょう!

 

また、吃音を抱えている自分が「何が嫌なのか?」について紙でいいのでリストアップすることも忘れずに。

安心して働くことができれば、次第にやりがいや、その次にやりたいこと、目標も見えてくるでしょう。

 

働くこと、発話に自信が持てるようになっていったら、また新たなチャレンジをしてみてもいいかもしれませんね!

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング