自己紹介,名前,言えない,吃音,言葉

 

「はは初めまして・・・や・・・や・・やま・・・山田・・・です」、「自己紹介が出来ない・・・これってなんなんだ・・・」

このように自己紹介で緊張したり、自分の名前をうまく言えない人が少なからずいます。あなたもこのページを訪れたので少なからずそうなのではないでしょうか?

 

結論から言いますと、あなたは吃音症です。

まず、自己紹介で名前が言えない、日常生活において流暢に話すことが出来ないといった悩みがある場合、ほぼほぼの確率で病院で吃音症と言われます。

 

とは言え、吃音は病院で完治はなかなか出来なく、原因もこれといって定まっていないのが実情。

 

ということで今回は、自己紹介で名前が言えない吃音とは何か?をお話しした上で、吃音症でも言葉いらずであなたの印象を劇的に上げる方法について紹介していきますのでじっくりと読んでみてください。

自己紹介で名前が言えない吃音とは?

 

自己紹介,名前,言えない,吃音,言葉

 

さて、冒頭でお話しした通り今回は自己紹介で名前が言えない吃音症についてお話ししていきます。

吃音とは簡単言い表すと

 

言葉を滑らかに発することができない、吃音のタイプに、言葉を繰り返す「連発」・引き伸ばす「伸発」・出にくい「難発」があるという症状。

 

吃音は言葉を覚えていく年齢で発症しやすい傾向があり、一般の人が「ありがとう」とタイミングよく話すことができるのに対し、吃音を抱えている人がタイミングがずれてしまうと以下のように吃音の症状を出してしまう。

 

「連発」

同じ音をくり返す「連発」

言葉をくり返すタイミングが早すぎて、最初の第一声でつっかえてしまう

 

例)「ああああありがとう」

「伸発」

最初の音を引き伸ばしてしまう「伸発」

言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅く、最初の音が引き伸ばされる。

 

例)「あーーーーりがとう」

「難発」

なかなか言葉が出てこない「難発」

タイミングが取れずに言葉が出でこなかったり、一生懸命に言葉を合わせようとすると、喉に力が入り、最初の第一声だけ大きくなったりする。

 

例)「・・・・ありがとう」

 

吃音は話初めのタイミングが合わなくなるために生じ、言葉の最初の繰り返しの「連発」や引き伸ばしの「伸発」から始まり、それが続くうちに最初の一言目が出にくくなる「難発」になったりも。

 

吃音を発症する原因として様々な情報や一説が飛び交っていますが、発症する7割は本人の体質によるものと考えられており、残りの3割は、言葉の急速な発達を促す環境などが影響している可能性がありますが、具体的なことは未だに不明解。

 

上手く話せないのはストレスが原因?」でお話ししている通り、吃音の症状を増やしてしまう要因としてストレスが関係していると言われています。

 

また、今この瞬間に「吃音」という言葉を知ることができたあなたはとても幸運。

というのも、私自身も吃音を抱えていた1人でしたが、「吃音」という言葉を知ったのは成人してからで、自分で「なんで自分ってこんな話し方するんだろ」と疑問に思ったのがきっかけ。

 

吃音は今すぐにスパッと完治できるものではなく、まずは自分自身、吃音と向き合うことから始めるのが何よりも大切。

「吃音」という言葉をこの瞬間知ったあなたは、吃音改善への第一歩を踏み出したことになります。

 

また、下記の記事では吃音の人の割合などについて詳しくお話ししていますので、合わせてじっくりと読んで参考になさってください。

 

 

参考:喋る時に言葉がつっかえてしまう。その正体とは?

自己紹介で名前が言えない・・・言葉いらずであなたの印象を上げる方法!

 

自己紹介,名前,言えない,吃音,言葉

 

「人は見た目が100パーセント」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

結論から言うと、幸せな人生を送りたいなら、華やかな服を着た方がいいということ。

 

着るものの色を変えるだけで幸せになれるってすごく簡単じゃないですか?

どっちみち服は買うんですから、その時地味な色を選ぶか、華やかな色を選ぶかの違いで、かかる金額は同じですから、どうせなら華やかな色の服を選びましょう。

 

華やかな色の服を着ていると、「あっ!今日もいいですね!」と周りが褒めてくれたりします。

「ほんとですか?」と喜ぶと、「めちゃめちゃいいですよ!」なんて言ってくれて、それだけであなたのおかげで、会社内がいい雰囲気になります。

 

男性ならネクタイの柄を華やかにしたり、シャツを薄いピンクの色にしたり、ブルーにしたり、いくらでも華やかにできます。

私自身もそうだったんですが、吃音を抱えている人って、とても内向的な人が多いですから、決まって地味な色の洋服や服装をしがち。

 

今まで華やかな色の服を着たことがなくて、どんな色が似合うかわからない時は、試着をしてみてください。

思いがけない色が似合って、自分でも驚くことがあります。

 

最初は自分の目が華やかな色で慣れていなくて、照れくさいかもしれませんがまずは挑戦するということが大切。

そして、華やかな色の服を着た自分を楽しむこと。

 

そのうちあなたらしさが出て、華やかな服があなたにぴったり来るように!。

人って不思議と、1つずつ何かに挑戦していけるようになると、自分に自信が出てきます。

 

恥ずかしがらずに、まずはほんの少しの華やかな服を着てみましょう。

 

まずは形から自分に自信をつけて、自分自身を承認するということが、吃音を抱えている人にとって何よりも大切。

まとめ

 

自己紹介,名前,言えない,吃音,言葉

 

自己紹介で名前が言えない、日常生活において流暢に話すことが出来ないといった悩みがある場合、ほぼほぼの確率で病院で吃音症と言われる。

 

吃音の症状のタイプは主に以下の3つに分類される。

  • 「連発」
  • 「伸発」
  • 「難発」

 

吃音は今すぐに完治できるものではなく、まずは自分自身、吃音と向き合うことから始めるのが何よりも大切。

「吃音」という言葉をこの瞬間知ったあなたは、吃音改善への第一歩を踏み出したことになります。

 

また、吃音で自己紹介がなかなかうまく言えなくても、華やかな服を身にまとうことで、周りはあなたのことを承認してくれる。

まずは形から自分に自信をつけて、自分自身も承認するということが、吃音を抱えている人にとって何よりも大切。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング