吃音,電話,できない,第一声,怖い

 

今回は「吃音だから電話できない、第一声が怖いと思う理由とは。」についてお話をします。

「どうせ自分なんて電話応対なんか無理だ・・・ 」

「電話応対の仕事で過去に辛い経験をした 

「電話応対が怖すぎてもう仕事を投げ出したいんです・・・

具体的にはこんな悩みを抱えている方の参考になればと思っております。

  • なぜ自分は電話応対が苦手なのか、具体的に知りたい
  • 本当は自分も電話応対ができるようになりたい

こんな願望をお持ちであれば、ぜひ最後までこの記事を読み進めてくださいね。

 

と言うことで、「吃音だから電話できない、第一声が怖いと思う理由とは。」についてお話を進めていきましょう。

【吃音・電話できない】吃音症について

 

吃音,電話,できない,第一声,怖い

 

「吃音があって電話できない・・・」言葉は多くの人にとっては「思ったらすぐに出る」もの。

しかし、中には言葉の出し方が一筋縄では行かない人がいます。

 

「ありがとう」と言おうとしているのに、「あ・あ・あ・あ・ありがとう」と、第一声が言葉が詰まる感じで出てきてしまう。

あるいはそもそもタイミングよく最初の「あ」が出なくて、そこで話すこと自体できなくなってしまう。

 

これを見ているあなたもそうではないのでしょうか?

こんなふうに、思ったのとは違う仕方で、言葉が体から出てくることを「吃音症」と言い「どもり」と言われることもあります。

主な吃音の症状はこの2つ!

 

1.「連発」

先ほど説明した上記の「最初の言葉を繰り返す」症状になります。

 

2.「難発」

こちらは、この連発が起こることを回避する為の対処法であり症状です。

「うれしい」が「うううううれしい」になるのを避けようとして、そもそも最初の「う」が出なくなるのです。

 

幼児は「連発」が多く、成人になると「難発」が圧倒的に多くなります。

このように症状のタイプは変化していき、吃音者は喋る言葉の2割はどもりますが、8割は流暢といえます。

そして、言葉の出だしのタイミングが合わない、最初の言葉でどもることが多いのです。

 

※割合的にかなり少ないですが、最初の言葉が伸びてしまう、「伸性」という症状もあります。

こちらは、「うれしい」が「うーーーーれしい」となって出てきます。

吃音の特徴

 

次に吃音の主な特徴について紹介していきます。

吃音の主な特徴は下記の通り

 

  • 言いたいタイミングで言葉が発しづらい
  • 言いにくい言葉と言いやすい言葉がある
  • 吃音の調子の波がある
  • 歌う時はどもらない人が多い
  • 注意されたり、プレッシャーがかかる場面になるとどもりやすくなる。
  • 大人になるにつれて、タイミングを合わせることができ、吃音は軽減していく傾向がある

 

いつもどもっているのではなく、周りの環境に左右されたり、誰かと一緒に文章を読んだり、メトロノームに合わせて文章を朗読したりすると症状が出ないことも多いのです。

 

 

 

参考:吃音治療!大人からでも治った僕の克服方法を完全伝授したいと思う。

【吃音・電話できない】吃音だから電話できない、第一声が怖いと思う理由を深掘りしよう

 

吃音,電話,できない,第一声,怖い

 

「吃音があって電話できない?そんなのありえないわ!」吃音がない人にとっては、こんな風に思われても仕方のないことでしょう。

 

しかし、吃音がある人にとって電話応対とは、周りが思っている以上に想像を超えるプレッシャーがかかっているのです。

 

あなたもそうではないのでしょうか?

 

この職場の電話応対という大きなプレッシャーの原因として下記に示した理由が大半を占めているので、あなたに当てはまっていないか、または新しい発見があるかも知れませんので、しっかりと読み進めてください。

厳しい電話指導&マニュアル通りしなくてはいけないというプレッシャー

 

電話応対は自分の会社のユーザーさんや、企業の方など様々な人と電話でやりとりしなければならない大切な業務。

それゆえに電話対応は会社を代表し受け答えすることを教え込まれ、日常会話での電話とは異なることを肌で感じ、緊張してしまいます。

 

うまく話さなければいけない、どもってしまったらどうしようという予期不安を持ってしまうのです。

周囲の人に吃音があることを知られたくない、笑われたくない

 

自分の吃音が周りにバレてしまったら、言葉をつっかえてモゾモゾしている姿を後輩や同僚に見られたくないという人も少なくありません。

 

吃音の言葉のつっかえは、本人の意図して起きるわけではなく、しっかりと会社名や自分の名前を話したいと思っていてもなかなかうまくいかないもの。

 

周囲が話し方を注意・叱責する、笑う、急かすなどの否定的な反応をすればますます話しにくくなっていきます。

吃音がある人はまず、否定的な反応が吃音の症状に影響があることを十分に客観視して理解しておくことが大切。

 

 

参考:吃音で仕事が辛い…転職はあり?あなたが主人公になれる克服方法!

受話器を取るまで誰と会話をするのかわからない

 

一番苦手とされる要因が「受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからない」ですね。

 

というのも、電話応対は対面とのコミュニケーションと違い、受話器を取るまでどのような人と会話をするのかわからないため身構えてしまい、緊張を誘発してしまうケースが多いから。

 

さらに、話しながらメモをとったり、返事を考えるための時間も限られているため、どもること以外にも様々なプレッシャーが吃音の人に降りかかってきます。

 

私自身もそうでしたが、電話越しの相手の声が、ドギツイ低い声の男の人だと怖くてたまらなかった記憶があります・・・笑

このような場合は、不安や緊張を自分で取り除く事前の準備をしておくことで、ある程度の不安が取り除ける。

 

 

参考:電話で言葉が出ない、声が出ない吃音の不安や緊張を自分で取り除く方法!

【吃音・電話できない】電話応対への不安を取り除く方法

 

吃音,電話,できない,第一声,怖い

 

吃音で電話ができない人は、相手のリズムに合わせる、話すタイミングを要求されると言ったことにすごく苦手意識を感じ、極度の緊張状態になるもの。

 

そのためには、自分自身のリラックスした状態を作り、かつ周りのマイナスの反応をできる限り減らすという作業が必要不可欠。

 

やはり、緊張状態を克服するには、「俺は、電話応対が得意だ!」と背伸びした自己洗脳が何よりも大切になってくるんですよね。

 

どうゆうことかというと、「電話応対が得意だ!」と言い続ければ、脳が勝手にそれに向かってグルグル回転していき、それを実現させようとします。

逆に、いつも「あーもう嫌だ、怖い」と普段から言い続けていると、脳がそれに向かって必死に働きかけるわけです。

 

信じられないかも知れませんが、背伸びした自己洗脳をして、普段から自信をつけておき電話応対するのも1つの手段。

 

また自身が電話応対の苦手意識を克服した経験を踏まえると・・・周囲に自分の吃音を絶対にカミングアウトするべき。

 

というのも、カミングアウトすることで、マイナスの反応が大幅になくなり、そればかりでなく自分の吃音が周囲に理解されたことで、自分が安心して電話応対に集中できるから。

 

単純に考えて、自分の理解者を周囲に増やすことで、仕事がしやすくなることは目に見えていますので、勇気が必要となりますが、カミングアウトした後の気持ちの負担が段違いに軽いので是非試してみてください。

 

 

 

参考:「電話応対で第一声が出ない、、、」どもる原因と克服のコツは?

参考:吃音の人の電話応対克服方法集めました。仕事の電話が怖い人の話し方のオキテ!

まとめ

 

吃音,電話,できない,第一声,怖い

 

吃音だから電話できない、第一声が怖いと思う理由は下記の通り

 

  • 厳しい電話指導&マニュアル通りしなくてはいけないというプレッシャー
  • 周囲の人に吃音があることを知られたくない、笑われたくない
  • 受話器を取るまで誰と会話をするのかわからない

 

電話応対で不安を取り除くには、自分自身のリラックスした状態を作り、かつ周りのマイナスの反応をできる限り減らすという作業が何よりも大切。

 

「確かに電話応対をするときこんなこと考えているな。」「そうか、こんな風に電話応対に臨めばいいんだね!」「吃音を克服したくなった。ありがとう!」

 

この記事を読んで、こんな風にあなたに思ってもらえたらとても嬉しく思います。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 吃音症・言語障害へ
にほんブログ村

 

 

 


どもり(吃音)ランキング