葉が詰まる,緊張,不安,会話,吃音

 

「緊張で言葉が詰まる・・・吃音を強めてしまう」

吃音を持っていない人でも、緊張や不安な状態の時は誰しも言葉が詰まってしまうもの。

 

それが吃音の人ならなおさらで、さらに自分の普段の吃音を強めてどうしようもないと悩んでいる人はいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、今のままの状態では吃音は強まってしまう一方。

なぜなら緊張や不安に思うことは当たり前ですが、それを意識してしまいすぎると、本当に吃音が強化されてしまうんですよね。

 

だからこそ、普段の自分の状態や、物事の捉え方、それをいかに自分の中で楽しんで打ち消すかが何よりも大切なこと。

では、緊張や不安な時にはどうしたらいいのか?

 

と言うことで今回は、「言葉が詰まる…緊張や不安で会話の時に吃音を強めてしまう大人の克服方法」についてお話ししていきますので、じっくり読んでみてください。

【言葉が詰まる・緊張】吃音の人が緊張や不安が出るシチュエーションや心理

 

葉が詰まる,緊張,不安,会話,吃音

 

言葉が詰まる吃音症の人は、緊張や不安でいつも以上に吃音を強めてしまう傾向があります。

 

私自身も、何かテンパった時、人前で発表する時、舞い上がって沢山どもってしまった経験があるので、その恥ずかしい気持ちは十分に理解できます。

 

では、基本的に吃音の人はどのようなシチュエーションで緊張や不安を催してしまうのか、下記でで詳しく説明していますので参考にしてみてください。

気にしすぎ

言葉を発する前に「これを言ったら相手はどう感じるかな」「嫌われるかも・・・」
などと、相手の気持ちや言葉を発した自分の印象を考えてしまうのです。

自分にとっては何でも無い事が相手にとっては傷つく一言だったりしますよね。
こういったことを恐れるあまり、不安でストップをかけてしまいがちなんですよね。

人からの評価

 

人から良く見られたいがあまり、意識しすぎて緊張してしまい、吃音が強くなるパターン。

職場の人に吃音がバレたくない、笑われたくないと思うあまりに、体が硬くなってしまいます。

初対面の人なら尚更、「この人話し方が変・・・」なんて思われたくないはず。
しかし、頭の中で自分の印象を考えれば考える程気持ちが焦って言葉に詰まってしまうのです。

このように、焦りや緊張、神経質な性格は言葉を詰まらせる大きな要因となります。

苦手な言葉を発しようとした時

 

吃音のある人の中には、「あ行が苦手」や「た段が苦手」など、特定の苦手な音や言葉がある人がいます。

このように苦手な言葉を発さなくてはいけないときに、吃音が現れることがあります。

「どもらないように・・・」と吃音を過度に意識した時

 

吃音の理解がない人に、吃音のことを注意されたり叱責されたりすることで、必要以上に吃音を意識してしまうことがあります。

どもらないように気をつけると、逆に症状が強くなってしまうことがあるんですよね。

 

 

参考:言葉が詰まる大人の方へ。どもるようになった原因、克服方法を徹底解説!

【言葉が詰まる・緊張】吃音の人が緊張や不安を打ち消す大切な考え方

 

葉が詰まる,緊張,不安,会話,吃音

 

緊張や不安で言葉が詰まってしまう時、あなたはどんな状態でしょうか?

 

「まじでイヤだ」「逃げ出したい、帰りたい」「なんで俺が・・・」

このようなことを頭の中で思っていませんか?

 

考えてみてほしいのですが、文句を言ったり、不安で愚痴などをこぼすと暗くて嫌な気持ちになりませんか?

「おそれる、ついていない、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句、心配事、許せない」

 

など、暗くて不幸な言葉で「地獄言葉」と言うのがあります。

自分の気持ちを不幸にするだけではなく、周囲の人たちまで嫌な気持ちにさせてしまう病原菌のような言葉。

 

反対に「愛しています、ついてる、嬉しい、楽しい、感謝しています、幸せ、ありがとう、許します」

このように言うだけで自分も周りの人も気持ちがウキウキしてくる楽しくなる幸せの言葉が「天国言葉」と言われています。

 

いつでもどこでもこの天国言葉を発していればあなたの心がスッと軽くなるでしょう。

また、初めてのことや、人前で何か発表するときなど緊張や不安になることは仕方ないこと。

 

このような時は天国言葉に付け加えて、「できる!」と何回も自分に言い聞かせて唱えてみましょう。

「苦手だ、できない、どうしよう・・・」と言うから本当に苦手になるのであって、「得意だ、できる、やってやる」と言えば本当に得意になって、自信満々になるそのとうりになります。

 

言葉の使い方で、あなたの心の状態が変わっていきます。

常にいい気分でいれると、緊張や不安な時も常に楽しめる状態になり、吃音も弱くなっていくことでしょう。

 

 

参考:言葉が詰まる人は発達障害?吃音の症状や原因、支援の対象まで徹底解説

まとめ

 

葉が詰まる,緊張,不安,会話,吃音

 

今回は、「言葉が詰まる…緊張や不安で会話の時に吃音を強めてしまう大人の克服方法」についてお話ししていきました。

 

吃音の人が主に緊張しやすいシチュエーションや心理状態は下記の4つ

 

  • 気にしすぎ
  • 人からの評価
  • 苦手な言葉を発しようとした時
  • 「どもらないように・・・」と吃音を過度に意識した時

 

緊張や不安な状態でも楽しむポイントは、常に笑顔で「天国言葉」や「できる」と言い続けること。

それをすることによって、物事の捉え方や見方、自分の状態が変わっていき、どんな時も楽しめるようになる。

 

自分の状態が変われば、吃音も弱くなっていき、克服へ近づいていくことでしょう。

 

 

↓私の吃音人生にピリオドを打った

究極のプログラムはこちらをクリック!

私の吃音人生にピリオドを打った究極のプログラムはこちら